ゼロからわかる【カメラ講座】全32話

【ゼロからわかる】デジタル一眼レフ・ミラーレス初心者講座

こんにちは!カメラマンの長谷川敬介です。

「これからカメラを始めてみたい」という方向けに、カメラ講座を作りました。

講座は、全32話の4部構成になってます。

  • 入門編:全9話
  • 初級編:全9話
  • 中級編:全5話
  • 上級編:全9話

「入門編」は、これからカメラを始めてみたい方向けです。

では、一緒に写真を楽しみましょう!

タップできる目次

この記事の著者

長谷川 敬介

プロ歴5年・写真歴12年のカメラマン。アドビ認定アソシエイト。11コの画像編集ソフトを使ったことがあります。料理撮影がメイン。

» プロフィール詳細

【入門編 全9話】カメラ・レンズを揃えよう

「入門編」では、「デジタル一眼レフ・ミラーレスカメラを始めてみたい」という方にむけて、

  • カメラ選び
  • レンズ選び
  • 必要なアクセサリー
  • あると便利なアクセサリー

を解説しています。

1, 一眼レフとミラーレスの違いを解説

第1話と第2話はカメラ選びです。

第1話では、「一眼レフとミラーレス」の違いを解説しています。

どちらが良いのかは、人それぞれ。

2021年現在、人気があるのはミラーレスです。

とはいえ、デジタル一眼レフも

  • 中年・シニア層
  • 指が太い人
  • ホールド感を求める人

に人気です。

カメラ選びに悩んでいる方は参考にしてください。

第1話

一眼レフとミラーレスの違い

2,APS-Cとフルサイズの違いを知ろう

センサーサイズ比較
センサーサイズ比較

第2話では、「APS-Cとフルサイズ」の違いを解説しています。

「APS-Cとフルサイズ」とは、カメラ内部にあるセンサーの大きさのことです。

センサーの大きさによって、次の違いがあります。

  1. サイズと重量
  2. 値段
  3. 画質・解像度・感度
  4. 写る範囲
  5. ボケ味

こちらもカメラ選びに悩んでいる方は、参考にしてください。

第2話

APS-Cとフルサイズの違い

3,光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)の違いを解説

ファインダーの写真

第3話では、光学ファインダーと電子ビューファインダーの違いを解説します。

デジタルカメラには、

  • デジタル一眼
  • ミラーレスカメラ

があることは解説済ですが、それぞれ「ファインダーの違い」もあります。

  • デジタル一眼=光学ファインダー
  • ミラーレスカメラ=電子ビューファインダー

です。

それぞれメリット・デメリットがあります。

詳しくは、記事で解説します。

第3話

光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)の違い

4,レンズの種類を知ろう

広角・標準・望遠レンズと特殊なレンズ
広角・標準・望遠レンズ特殊なレンズ

第4話と第5話は、レンズについて解説しています。

第4話は、レンズの種類。

初心者にオススメのレンズは、レンズキットに付いている「標準ズームレンズ」です。

汎用性が高く、さまざまなシーンに対応できるからです。

とはいえ、自分で納得して選ぶことが大事かなと思います。

第4話

カメラのレンズの種類と特徴

5,レンズ表記の見方を覚えよう

第4話は、レンズ表記について解説します。

レンズには、たくさんの数字やアルファベットが並んでいます。

それぞれの意味がわかっていると、レンズ選びに役立ちます。

レンズ選びで悩んでいる方は、記事をごらんください。

第5話

レンズ表記の見方

6,35mm換算とは

第5話では、「35mm換算」について解説します。

レンズのスペック欄には、必ずと言っていいほど「35mm換算」という単語がでてきます。

35mm換算とは、「画角」の基準となる値。

分かっているとレンズ選びの役に立ちますが、はじめは分からなくても大丈夫です。

気になった方は、ご覧ください。

第6話

35mm換算とは?

7,オススメのカメラを紹介

第7話では、オススメのカメラを紹介します。

  • どのカメラにしたらいいかわからない
  • 子供の行事用・孫の撮影用にカメラがほしい
  • 旅先でスナップ写真が撮りたい
  • デジタル一眼で夜景の写真をキレイに撮りたい

と思ってる方は参考にしてみてください。

オススメのカメラ6選(ミラーレス一眼・デジタル一眼レフ)

8,カメラをサブスク(月額制)でレンタルしよう

気になるカメラをみつけたら、まずはレンタルしてみることをオススメします。

カメラは高い買い物ですし、使ってみないとわからないことがあるからです。

そこで、第8話では「カメラのサブスク」を紹介。

サブスクは、よくある「2泊3日レンタル」の料金に、数千円プラスで1カ月レンタルできるのでオススメです。

気になるカメラを試してみましょう。

第8話

カメラのサブスク3社

9,カメラを買う時に必要なモノ!アクセサリー8つ

ブロアーとレンズペン
ブロアーとレンズペン

第8話では、カメラを買う時に必要なものを解説。

カメラとレンズだけでは、撮影できません。

「SDカード」も必要ですし、

  • カメラバック
  • レンズ保護フィルター

などもあったほうが便利です。

カメラ購入時に参考にしてください。

第9話

一眼レフカメラ購入時に必要なモノ!チェックリスト付き

[番外編]

レンズ保護フィルターを購入されて付け方に悩んでいる方は、こちらをご覧ください。

番外編

レンズ保護フィルターの付け方を写真付きで解説します!

【初級編 全9話】デジタル一眼レフ・ミラーレスを使ってみよう

1,5つの用語を覚えよう

シャッタースピード

初級編の第1話では、5つの用語について解説。

5つの用語とは、

  • 露出(明るさ)
  • 絞り(F値)
  • シャッタースピード
  • ISO感度
  • ホワイトバランス

です。

まずは、この5つだけ覚えておけば大丈夫です。

第1話

5つのカメラ用語と用語集

2,カメラの露出とは

第2話では、「カメラの露出」について解説します。

第1話でお伝えした、

  • F値(絞り)
  • シャッタースピード
  • ISO感度

の関係を、図を使いながら解説。

また、ここから実際に撮影をはじめます。

第2話

カメラの露出とは?

3,シャッタースピード優先「S・Tv」の使い方と特徴

第3話では、撮影モードの1つである「シャッタースピード優先」について解説。

僕自身、使用頻度はそこまで高くないのですが、基礎用語として覚えておくことをオススメします。

また、記事内では「よく使うシーン」や「その他の撮影モード」についても触れています。

第3話

シャッタースピード優先「S・Tv」の使い方と特徴

4,絞り優先AEとは?

絞り優先モード

第4話では、もうひとつの撮影モードである「絞り優先モード」について解説。

こちらは、よく使うモードです。

絞り優先モードを上手に使うには、

  • 絞り
  • 被写界深度

を理解しておく必要があります。

第4話

絞り優先モード

5,被写界深度が浅い・深いってどういうこと?

絞り値(F値)
絞り値(F値)

第5話では、「被写界深度」について深堀して解説しています。

被写界深度がわかると、デジタル一眼レフ・ミラーレスらしい「ボケ」のある写真を撮ることができます。

被写界深度のは、「絞り(F値)」だけではなく

  • レンズの焦点距離
  • 被写体までの距離
  • 被写体と背景の距離

によっても変わります。

記事内ではイラストを交えながら解説しています。

第5話

被写界深度が浅い・深い

6,ISO感度ってなに?ISO感度の読み方と設定の目安!

ISO感度とは、センサーの光の感度

第6話では、「ISO感度」について解説しています。

ISO感度は、露出(明るさ)に影響します。

この記事では、

  • ISO感度について
  • メリット・デメリット
  • ISO感度の目安

について解説しています。

第6話

ISO感度ってなに?

7,ホワイトバランス・色温度を使いこなそう

第7話では、「ホワイトバランス・色温度」について解説。

ホワイトバランス・色温度のことがわかると、写真がもっと楽しくなります。

写真の色味を、自分で変更できるからです。

自分で色味を変えれることは、醍醐味の1つです。

第7話

ホワイトバランス・色温度(ケルビン)

8,写真をレタッチしてみよう

レタッチってなに?写真レタッチの基本

撮影後に、写真をレタッチ(編集)できることも、醍醐味の1つです。

そこで第8話では、「レタッチとはなにか」を初心者にもわかりやすく解説。

レタッチもできるようになると、もっと写真がたのしくなります。

第8話

レタッチとは?

9,オススメの写真編集ソフト

第9話では、オススメの写真編集ソフトを紹介。

第8話で紹介した写真編集ソフトについて、より細かく解説しています。

自分に合っている写真編集ソフトをみつけてください。

第9話

おすすめの写真編集ソフト5選

[番外編]

[番外編]では、写真を保存するデータ形式について解説。

データ形式は、

  • 「JPEG」or「RAW」
  • 「低圧縮」or「高圧縮」

などがあります。

あまり細かく考えなくても大丈夫ですが、気になる方は記事をご覧ください。

番外編

ジェイペグってなに?JPGとJPEGの違いって?

JPEG画像の圧縮率ってなに?どれを選べばいいの?

RAWってなに?RAWとJPEGの違いを比較しながら解説

【中級編 全5話】色々な撮り方を覚えよう

中級編では、「脱初心者」を目指して色々な撮り方を紹介します。

1,三分割法を覚えて、日の丸構図を卒業しよう

三分割法
三分割法

第1話では、「三分割法」について解説。

「三分割法」とは、画面を縦横に三分割して、線が交わっている4点のどれかに被写体を置いて撮影する構図のこと。

三分割法を身につけて、写真撮影をワンランクアップさせましょう!

第1話

三分割法

2,フォーカスロックを覚えよう

第2話では、「フォーカスロック」について解説します。

フォーカスロック(AFロック)とは、ピントを合わせた後、構図を整える撮影のテクニックです。

フォーカスロックを覚えると、自由に構図を変えることができます。

ぜひ覚えて頂きたい、テクニックです。

第2話

フォーカスロック(AFロック)ってなに?

3,置きピンを覚えよう

置きピン説明画像
◯の位置にピントを合わせておく

「走っている人」や「動いている電車」を撮影する場合、ピント合わせが間に合わない時があります。

そんな時は、置きピンを使うと便利です。

置きピンは、被写体が通過する位置に、あらかじめピントを置いておくことです。

被写体がピント位置にきたらシャッターボタンを押します。

記事内では、具体的な使用シーンを交えながら解説しています。

第3話

置きピンのやり方

4,ハイキーとローキーで印象的な写真にしよう

ローキー写真

第2話では、「ハイキー」と「ローキー」について解説します。

簡単に解説すると

  • ハイキー:明るい写真
  • ローキー:暗い写真

です。

  • 明るくして柔らかい写真に
  • 暗くして重厚感がある写真に

といった使い方をします。

第4話

ハイキーとローキーってなに?

5,2本目のレンズを検討しよう

焦点距離とは、画角のこと

「標準ズームでは、物足りなくなってきた」と思っていませんか?

そろそろ、2本目のレンズを検討しても良いかもです。

2本目のレンズは「望遠レンズ」か「単焦点レンズ」が良いかなと思います。

そこで第5話では、単焦点レンズについて解説します。

第5話

単焦点レンズとは?

【上級編 全9話】ストロボ撮影・ブツ撮りにチャレンジしよう

上級編では、ブツ撮り・ストロボ撮影に役立つ

  • 光の特性
  • 三脚選び
  • ストロボ選びと使い方

を解説します。

1,逆光

第1話では、「逆光」について解説します。

「逆光」とは、奥から当たっている光のことを言います。

光の当たり方で、「物の見え方」「写真の雰囲気」が変わります。

ブツ撮りには欠かせない知識です。

第1話

逆光ってなに?

2,三脚の選び方・使い方

三脚の各部名称

ブツ撮りをするなら、三脚があったほうが便利です。

カメラのアングルを固定できるからです。

そこで第2話では、三脚の選び方・使い方を解説。

予算や用途に合わせて、選んでください。

第2話

正しい三脚の選び方と使い方

3,ストロボの種類

アンブレラ(ディフューザー)1

第3話では、ストロボの種類について解説。

ストロボにも種類があります。

  • 小型で持ち運びやすい「スピードライト」
  • 持ち運びやすさと発光量のバランスが取れてる「モノブロック」
  • 安定した発光量がある「ジェネレーター&ヘッドタイプ」

それぞれの特性と目安と料金を解説しています。

第3話

ストロボの種類と特徴」

4,スピードライトの選び方・使い方

クリップオンストロボ、スピードライトの画像

第4話では、スピードライトの選び方・使い方を解説します。

スピードライトが使えると、

  • 暗いシーンでも撮影可能
  • 日中シンクロで楽しめる
  • 物撮りで使うのもOK

と撮影の幅が広がります。

この記事では、スピードライト撮影に関する「用語」や「ガイドナンバー(GN)」について解説しています。

第4話

スピードライト(クリップオンストロボ)の選び方&使い方!

5,スピードライトとシャッタースピード

スピードライトを使い始めると、「自然光」と「ストロボの光」の両方をコントロールする必要があります。

そこで第5話では、光のコントロール方法を解説。

これがわかると、撮影の応用力が身に付きます。

第5話

ストロボとシャッタースピードの関係

6,日中シンクロにチャレンジしよう

撮影モード「M(マニュアル)」
撮影モード「M(マニュアル)」

第6話では、日中シンクロについて解説します。

日中シンクロとは、自然光とストロボ光の両方を活かして撮影するテクニックです。

プロっぽいカッコいい写真が撮れます。

第6話

日中シンクロとは?

7,ディフューザーを知ろう

ソフトボックス

第7話からは、ブツ撮りについて解説していきます。

ブツ撮りでは、ストロボとディフューザーを使って撮影することが多いです。

そのため、第7話ではディフューザーの種類を解説。

メリット・デメリットも解説してるので、あなたに合ったスタイルを見つけてみてください。

第7話

ストロボ ディフューザーの比較・使い方

8,料理写真を撮ってみよう

斜め45°で撮影しよう

第8話では、「料理写真の撮り方」を解説します。

  • アングルの考え方
  • 色温度
  • 盛り付けのコツ

などを解説しています。

アングルの考え方は、料理写真以外のブツ撮りにも応用できます。

参考にしてみてください。

第8話

料理写真撮影の教科書!カメラマンが伝授

9,ストロボで料理写真を撮ってみよう

料理写真のストロボライティング-メインライト

第9話では、ストロボを使って料理写真を撮る方法を解説します。

ストロボは、当てる位置によって見え方が変わってきます。

ライティングを理解しつつブツ撮りができると、写真を楽しめます。

ぜひチャレンジしてみてください。

第9話

美味しそうに撮る!料理撮影のストロボライティング

まとめ

ここまで読んで下さってありがとうございます!

写真は気軽にどなたでも楽しむことができます!

引き続きフォトライフを楽しんでください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる