長谷川敬介(はせがわ けいすけ)プロフィール

はじめまして。カメラマンの長谷川 敬介です。

現在は、フリーランスで料理のカメラマンをしています。

簡単なプロフィール

名前長谷川 敬介
生年月日1984年1月1日(11時10分)
出身地長野県須坂市
現在地東京都杉並区
職業カメラマン
得意ジャンル料理の写真
趣味●写真を撮ること。
●YouTubeで「ゲーム実況」「サッカー」「お笑い」の動画を見ること。
アドビ認定 国際認定資格 合格

こんな写真撮ってます!

撮影実績 200店舗以上

料理の写真をメインに活動しています。

  • 宅麺
  • 株式会社ニッセーデリカ
  • 灯花グループ(鯛塩そば灯花・塩つけ麺灯花・京紫灯花繚乱・貝だしラーメンSALTAIR)
  • もうやんカレー
  • 菊寿司中新井店
    など

宅麺

>>宅麺【公式】

サマンサタバサスイーツ

>>サマンサタバサ【公式】

その他多数

執筆・講師・受賞歴etc

マイナビ おすすめナビ

マイナビおすすめナビ_長谷川敬介
マイナビおすすめナビ

セミナー

  • 2017年
    初心者向け写真の撮り方-講師(自主開催)2回
  • 2018年
    料理の写真を美味しそうに撮る方法(魚国総本社 様)
  • 2019年
    オンラインカメラ教室(自主開催)

ハワイ・ライフスタイル・フォト・アワード 2015 グランプリ受賞

>>ハワイライフスタイル【公式】

Canonに呼ばれて本社に行ってきました!

今年の春(2019年)は、キヤノンから「プロの料理カメラマンとして、プロトタイプについて意見がほしい」とご連絡頂き、キヤノンの本社に行ってきました!

キヤノン本社

写真を始めたきっかけ

はじめてカメラを触ったのは、高校時代。

父親からのお下がりでもらったNikonのフィルムカメラです。(ニコマート)

「写真を撮ること」と「シャッター音を聞くこと」が好きでしたが、現像代がなかなか・・・。

なので一時期ハマって、しばらく放置してました。

大学時代

「なにかを作る」「表現する」っというのは好きだったので、工業デザイン学科に入学。(拓殖大学)

デザインをするのは楽しかったのですが、どうやら僕は「せっかち」みたいで。

ひとつの作品を作るのに、じっくり何日も費やすことが、肌に合わず・・・

写真に戻りました!

趣味で、写真を再び始めました。

2007年:広告写真スタジオに入社

大学を卒業して、そのまま広告写真スタジオに入社。

(まだ、フィルムが主流の時代)

趣味で写真を撮っていたけど、その知識がプロの世界で通じるワケもなく。

なかなか大変。

更に、先輩アシスタントに「わからないことがあったら、なんでも聞いて!」と言ってもらえたけど、いざ質問すると「なんでそんなことも分からないんだよ!」っと怒られる。

(なぜだ・・)

屋外のモデルでは、ライティングのセットを組みながら、同時進行で「露出計を見て、ポラ引いて露出を確認して、カメラの露出を合わせ」をするのですが、、

これがなかなか、、、スピードと正確さが必要で。

(も〜てんやわんやだったさ!)※言いたいだけ笑

2014年:フリーランスとして独立

独立後、ご縁頂きブライダルの撮影でハワイに。

自由時間に撮影した写真をコンテストに応募したところ、グランプリを受賞。

そのまましばらく、ブライダルの撮影をしていました。

お客様にとっては、一生に一度のことなので、精一杯やりました。

撮影当日も、あとで写真を見返した時も、どちらも笑顔になって頂けるように頑張ったと思います。(「感謝の手紙」を何枚も頂きました。)

ただ、少しやって気づいたんですが、僕には向いていなかったです。笑

「しゃべりながら、撮る」っというのがどうも苦手で。

そこで、アシスタント時代、料理写真が得意なカメラマンによく付いてたこともあり、料理撮影にシフトしました。

2017年:ブログスタート

いきなり、料理のカメラマンとして始めても、すぐに仕事が来るわけでもなく。

そこで撮影の受注用に始めたのが、このブログです。

だけど、しばらく記事を書いているうちに「人に写真のことを教える」のが楽しくなりました。

今では「わかりやすいです!」「いつも楽しみにしてます!」などのお声を頂けるようになり、毎月10万人に読まれるようになりました。

最近は、「カメラのことをもっと知って、写真をもっと楽しんでもらえたら嬉しいな〜」なんて思いながら記事を書いています。

ちなみに、父も写真にハマったので、親子で写真を楽しんでます^^

↓ 最近の父の写真 ↓

今年の元旦も仲良く写真を撮ってきました!

最初に読んで頂きたい記事

カメラ初心者の方って、なにから学んだらいいのかわからないと思います。

そんな方には、「【プロが教える】一眼レフの教科書」がオススメです。

第1章は、「これからカメラを買う」方向けです。

すでに持ってる方は、第2章の「カメラの基礎知識を学ぼう」から読み進めてみてください。

一眼レフで料理の写真を撮ることが多い方は、こちらの記事がオススメです。

>>料理写真撮影の教科書!カメラマンが伝授

SNSもやってます!

SNSもやってます!記事更新情報も流しますので、よかったらフォローしてください^^

  • Facebookページ