料理写真の専門家 ・フードフォトグラファー

サイト運営者プロフィール

プロフィールページをご覧いただきありがとうございます!

料理写真を撮ってるカメラマンです。

写真歴12年。

広告スタジオでコマーシャルフォトを勉強した後、独立。

アシスタント時代は、中判カメラ、大判カメラも経験。

現在は、料理の撮影を中心に活動しています。

写真をはじめたを始めたきっかけ

小さい頃から祖母に「敬介はスーツを着るような仕事は似合わないね」っと言われてました。

そこで、八王子にある拓殖大学の工業デザイン学科に入学。

大学のデザインの勉強は学ぶことがたくさんありました。

しかし、もどかしい気持ちになることも・・・。

僕はひとつのデザインを仕上げるために、何時間も机に向き合っていることが苦手でした。

そこで写真に出会いました。

写真はデザインと違って、パシャっとシャッターを切れば作品が出来上がるんです。

シャッターボタンを押せば作品が出来上がる簡易さの反面、なかなか思うように撮れない奥深さ。

すっかり魅了されました。

使っていたカメラは父からもらったニコンカメラ:nikomat ニコマート。

良いシャッター音するんです!

KSK

(今もメールアドレスとして使っています。)

写真を取り続けていました。

広告スタジオに入社・・しかし

撮り溜めた写真を持って、広告スタジオの会社に入社試験を受けにいったら無事合格。

カメラマンのアシスタントとして働き始めました。

ただ、どうにも会社に馴染むことができず。

少し、人間不信になりつつありました。

(ストレスでハゲました。)

しかし、ボクのことを気にかけてくれるカメラマンが一人。

一見関わりにくい印象で会話も少ない方なのですが、「良い写真を求め、常に最善を尽す」姿勢が見て取れる方でした。

その人は、どの写真も上手なのですが、中でも料理を撮るのがスゴく上手でした。

今、料理の写真を撮っているのも、この方の影響が大きいです。

KSK

ライティング勉強中の風景

ライティング勉強中の風景

独立後、グランプリを受賞!

ボクのアシスタント歴は7年。これは業界としては長いほうです。

どうしてこんなに長かったのかというと、カメラマンとして自立する「勇気」がなかったから。

しかし、

ずっとアシスタントのままでいいのか

KSK

社会に取り残される気がする・・

KSK

という思いが強くなり、「えいやっ」でフリーランスになりました。

独立後、ご縁頂きブライダルの撮影でハワイに。

自由時間に撮影した写真をコンテストに応募したところ、グランプリを受賞。

少し認められた気がして、スゴく嬉しかったです!!

KSK

やっぱり料理を撮るのが一番楽しい

ブライダルも経験しましたが、じっくりと被写体と向き合う撮影の方が好きです!

また照明機材を使ってライティングを考えるのが好き。

そして現在

ご縁頂きまして、200店舗以上を撮影させて頂きました。

撮影させて頂いたお客様からは、

  • 「うん、美味しそう!!」
  • 「良い写真です!助かります!」
  • 「今まで撮影してもらった中で、長谷川さんの写真が一番上手です」

など言ってもらえることも。

僕の喜び・夢

写真と撮ることも好きですし、写真の楽しさを伝えるのも好きです!

KSK

 

実績・資格など

実績:200店舗以上の飲食店さんを撮影。

2017年9月:「今田×東野のカリギュラ(Amazonプライム限定番組)」の写真撮影セッティング・アドバイス・出演。

撮影後、片付けている風景

2018年2月:サマンサタバサ様の撮影

2018年4月:人生初のセミナー講師(in愛知県)

魚国総本社名古屋ユニオン様

講座と実習

すごく緊張しましたけど、なんとかできました!

KSK

参加者も今までは我流でやっていたが多かったですが、今回のセミナーを受けて、光や撮り方などを学び、すぐに実施していきたいと感想にもございました。
最後に実施したアンケートも全員の方が大変よかったと回答をいただきました。

担当者さま

<受講者さまの声>(一部)

当サイト:月間13万PV達成(2018年3月)

長谷川 敬介のプチ情報

 

誕生日:1984年1月1日11時10分生まれ。

出身:長野県須坂市出身、18歳から東京に出てきています。

性格:真面目、誠実だけど、おっちょこちょいでジっとしてるのが苦手。

住まい:西荻窪で独身生活を満喫中。

好きなモノ:

  • 朝の散歩
  • YouTubeで「ゲーム(兄者弟者SANNINSHOWなど)」「サッカー」「お笑い」の動画を見ること。

苦手なモノ:グロテスクな映画、虫

好きな芸能人:

最近勉強していること:料理写真に関係する論文を読んでいます。「オンラインは、○値が高いと評価が高くなる」とか「撮影アングル(角度)は○○度が魅力度が高い」など、いろんなデータを仕入れてます。ちゃんと結果に繋がるように、感覚だけじゃなくてデータに基づいた写真が撮れるように!

今まで読んだ論文

最近楽しいこと:

父親がカメラにハマりまして、撮影した写真を送って来るんですw

「写真を見てアドバイスを伝える」→「また送られて来る」の繰り返し。

着実に上達しているので、見てて楽しいです

KSK

↓ 最近の父の写真(2018/4現在) ↓

SNSもやっているので、絡んであげてください。

KSK

ツイッター:@Photo_0101

インスタグラム1:ksk0101

インスタグラム2:photo_ksk0101

Facebook個人:長谷川 敬介

Facebookページ:カメラマン ケイスケ