【プロが教える】カメラの露出とは?初心者にもわかりやすく解説します

こんにちは!カメラマンのけいすけ ksk_photo_manです!

「カメラの露出ってなに?」と思ってませんか?

初心者さんは、この「露出」という言葉で一番最初につまずいてしまうかもしれません。

そこでこの記事では、カメラの「露出」について初心者さんにもわかりやすくお伝えします。

ちなみに、この「露出」という言葉はデジタル一眼でもミラーレスでも、どのカメラでも共通する言葉です。

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

簡単に自己紹介すると、僕はカメラ歴12年プロカメラマン歴6年で現在もカメラマンとして活動しています。

ではお伝えしていきます。

目次

カメラの露出=明るさのこと

カメラの露出=明るさのこと

カメラの「露出」という用語は、明るさと同じ意味です。

露出(=明るさ)が変わると、写真の印象も大きく変わります。

露出を調整する方法3つの要素

カメラの露出は 、3つの要素が関係してきます。

それは何かというと、

  1. 絞り
  2. シャッタースピード
  3. ISO感度

です。

露出を調整する方法3つの要素

この3つの組み合わせ方で明るさが変わってきます。

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

この「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」という言葉はカメラのすごく基本的です!重要な用語なので、ぜひこの機会に覚えてください!

絞りとは

露出を調整する方法3つの要素

絞りは、レンズの内部にあります。

絞りは、これは人間でいうところ、目の「瞳孔」の機能に似ています。

瞳孔は、暗い場所だと大きくなって光をたくさん取り込もうとします。

逆に、明るい場所に移動すると瞳孔が小さくなり、取り込む光の量を少なくしようと調整します 。

レンズの絞りも同じように、開いている状態だと光をたくさん取り込み、閉じている状態だと光を取り込む量が少なくなります。

  • 絞りが開いている→明るい
  • 絞りが閉じている→暗い
露出を調整する方法3つの要素

このレンズの開閉の度合いをカメラ(デジタル一眼・ミラーレス一眼)では、「F値」で表します。

  • F 値の数字が大きい方が、絞りが閉じている状態。
  • F 値の数字が小さいと、絞りが空いている状態

になります。

つまり、

  •  ISO 感度200→明るい写真
  •  ISO 感度100 →暗い写真

といった具合です。

露出を調整する方法3つの要素

数字を大きくすればするほど敏感度が増すため、暗い室内や夜景など暗い環境でも撮影しやすくなります。

ただし数字を上げすぎると写真にノイズが入ります。

なので暗い環境で撮影する場合は、 

「F 値」「シャッタースピード」を調整してできるだけ、ISO感度の数字を小さくする

という対応をします。 

初心者におすすめの撮影モード

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

ぜひ、実際に操作しながら読み進めてください!

デジタル一眼やミラーレスカメラには、「撮影モード」があります。

撮影モードは、カメラ上部の「P」や「M」の表記があるダイヤルで変更します。

初心者さんにおすすめなのが「P」モードです。

初心者におすすめの撮影モード

「Pモード」は、「絞り」「シャッタースピード」「ISO 感度」など、ほぼ全ての設定をカメラが自動で行なってくれるモードです。

撮影者がすることは、「ピントを合わせてシャッターボタンを押すだけ」で写真を撮ることができます。

簡単に適正な明るさの写真が撮れるので、まずは「P」モードでカメラに慣れていくといいです!

そしてこの時、出来ればもう1つ行なってもらいたいことがあります。

それは「露出補正(ろしゅつほせい)」です。

露出補正とは

露出補正とは、写真の明るさを変更することです。

露出補正のやり方を説明する前に、まず露出インジケータの見方についてお伝えします。

露出インジケータは、ファインダー内の下部や背面モニターに表示されています。

初期設定だと一番真ん中の±0に針があると思います。

露出補正とは

この針が、右に行くと明るい写真になり、左に移動すると写真が暗い写真になります。

この針を移動させて、露出補正を行います。

やり方は、露出補正ボタンを押しながらダイヤルを左右に回します。

インジケータ

例えば、明るい写真を撮りたい場合は、露出ボタンを押しながらダイヤルを右に回します。

回した回数分、明るい写真になります。

例えば、ダイヤルを右に3回回すと、針が右に3つ移動します。

露出補正とは

この状態で撮影すると、結構明るい写真になります。

暗い写真にしたい時は、左に3回ダイヤルを回します。

すると、-1暗い写真が撮れます。

露出補正とは

この露出補正は、「P」モードだけではなく、「AV(絞り優先)」モードや「TV(シャッタースピード優先) モードでも使います。

最後に

以上、カメラの「露出」についてお伝えしました!

「絞り」「シャッター速度」「ISO感度」の関係を覚えると、単に明るさだけではなく、自分のイメージする写真撮ることができ表現の広がりますよ!

またこの記事ではお伝えしきれなかったことを、別記事で解説しています。

  • F 値の数字が小さい→写真が明るくなる
  • F 値の数字が大きい→写真が暗くなる

ということになります。 

露出を調整する方法3つの要素
露出を調整する方法3つの要素

またF値は、写真の明るさだけではなく「被写界深度(ひしゃかいしんど)」も変わってきます

シャッタースピードとは

露出を調整する方法3つの要素

シャッタースピードは、カメラ内部にあるセンサーに当たっている光が当たっている時間のことです。

シャッター速度とも言います。

もう少し具体的にお伝えすると、カメラの内部には光の情報を記録するためのセンサーが入っています。

そして、レンズとセンサーの間にシャッター幕というものがあり、 このシャッターでセンサーに光が当たる時間を調整しています。

シャッター幕の開閉時間が長いほどたくさんの光を取り込むことができるので、写真が明るくなります。

逆にシャッター幕の開閉時間が短くなると、光を取り込む量 少なくなるため写真が暗くなります。

  • シャッタースピードが遅い→明るい写真
  • シャッタースピードが速い→暗い写真
露出を調整する方法3つの要素

例えば、

  • シャッタースピード1/15秒→明るい写真
  • シャッタースピード1/30秒→写真が暗い

といった感じになります。

露出を調整する方法3つの要素
露出を調整する方法3つの要素

ただしシャッタースピードが遅すぎると、写真がブレてしまいます。

シャッタースピードを決めるときは「手ブレしないシャッタースピード」に設定すると良いです。

ISO 感度とは

露出を調整する方法3つの要素

ISO 感度は、センサーに当たる光の敏感度を調整します。

呼び方は「アイエスオーカンド」「イソカンド」と言います。

この ISO 感度は、数字が大きくなるほど敏感度が増します。

逆に、数字が小さいほど敏感度が少なくなります。

例えば、

  •  ISO 感度200→明るい写真
  •  ISO 感度100 →暗い写真

といった具合です。

露出を調整する方法3つの要素

数字を大きくすればするほど敏感度が増すため、暗い室内や夜景など暗い環境でも撮影しやすくなります。

ただし数字を上げすぎると写真にノイズが入ります。

なので暗い環境で撮影する場合は、 

「F 値」「シャッタースピード」を調整してできるだけ、ISO感度の数字を小さくする

という対応をします。 

初心者におすすめの撮影モード

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

ぜひ、実際に操作しながら読み進めてください!

デジタル一眼やミラーレスカメラには、「撮影モード」があります。

撮影モードは、カメラ上部の「P」や「M」の表記があるダイヤルで変更します。

初心者さんにおすすめなのが「P」モードです。

初心者におすすめの撮影モード

「Pモード」は、「絞り」「シャッタースピード」「ISO 感度」など、ほぼ全ての設定をカメラが自動で行なってくれるモードです。

撮影者がすることは、「ピントを合わせてシャッターボタンを押すだけ」で写真を撮ることができます。

簡単に適正な明るさの写真が撮れるので、まずは「P」モードでカメラに慣れていくといいです!

そしてこの時、出来ればもう1つ行なってもらいたいことがあります。

それは「露出補正(ろしゅつほせい)」です。

露出補正とは

露出補正とは、写真の明るさを変更することです。

露出補正のやり方を説明する前に、まず露出インジケータの見方についてお伝えします。

露出インジケータは、ファインダー内の下部や背面モニターに表示されています。

初期設定だと一番真ん中の±0に針があると思います。

露出補正とは

この針が、右に行くと明るい写真になり、左に移動すると写真が暗い写真になります。

この針を移動させて、露出補正を行います。

やり方は、露出補正ボタンを押しながらダイヤルを左右に回します。

インジケータ

例えば、明るい写真を撮りたい場合は、露出ボタンを押しながらダイヤルを右に回します。

回した回数分、明るい写真になります。

例えば、ダイヤルを右に3回回すと、針が右に3つ移動します。

露出補正とは

この状態で撮影すると、結構明るい写真になります。

暗い写真にしたい時は、左に3回ダイヤルを回します。

すると、-1暗い写真が撮れます。

露出補正とは

この露出補正は、「P」モードだけではなく、「AV(絞り優先)」モードや「TV(シャッタースピード優先) モードでも使います。

最後に

以上、カメラの「露出」についてお伝えしました!

「絞り」「シャッター速度」「ISO感度」の関係を覚えると、単に明るさだけではなく、自分のイメージする写真撮ることができ表現の広がりますよ!

またこの記事ではお伝えしきれなかったことを、別記事で解説しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

プロカメラマン。カメラ歴は12年。
料理写真がメインで、200店舗以上撮影。
写真撮るのが好きです!

コメント

コメントする

目次
閉じる