ゼロからわかる【カメラ講座】全32話

【目的別】プロが選ぶ!おすすめの写真編集ソフト5選

こんにちは!カメラマンの長谷川です!

  • 写真編集ソフトどれにしようかな
  • どの写真ソフトが自分に合っているんだろう?

と悩んでいませんか?

僕は今まで9つの写真編集ソフトを使ってきました。

長谷川敬介

仕事でも、画像編集ソフトを使っています。(プロ歴5年・写真歴12年)

今回は、画像編集ソフト選びで悩んでいるあなたに、おすすめの写真編集ソフトをお伝えします。

目次

おすすめ写真編集ソフト5選

今回お伝えする画像編集ソフトは、次の5つ。

  1. Luminar AI
  2. Lightroom
  3. Photoshop
  4. SILKYPIX Developer Studio Pro10
  5. PhotoDirector
長谷川敬介

まず結論をお伝えします!

画像編集ソフトまとめ
  1. AIの力で手軽に編集したいなら・・・Luminar AI
  2. 写真編集ソフト初心者なら・・・Lightroom
  3. 1枚1枚にごだわりたいなら・・・Photoshop
  4. 合成を楽しみたい。夜景の撮影が多いなら・・・SILKYPIX Developer Studio Pro10
  5. アニメーション・文字入れもしたいなら・・・PhotoDirector
商品名料金動作環境無料体験版公式サイトURL
Luminar AI¥ 9,580~Windows・Mac7日間» 公式サイトへ
Adobeフォトプラン¥ 1,078 /月Windows・Mac» 公式サイトへ
SILKYPIX Developer Studio Pro10¥22,000Windows・Mac30日間» 公式サイトへ
PhotoDirector 365¥6,480/年Windows・Mac30日間» 公式サイトへ

それぞれ解説していきます!

1:Luminar AI

「Luminar AI」は、アメリカのSkylum社が製作した画像編集ソフト。

最大の特徴は、人工知能が搭載されていること。

そのため、画像編集が早く簡単に行うことができます。

例えば、 「テンプレート」という機能があります。

テンプレートとは、どのように画像編集すれば、「その写真がより魅力的になるのか」人工知能が提案してくれる機能です。

風景写真や人物写真などを、読み込んだ写真を認識して複数提案してくれます。

そして複数提案された編集候補の中から選択するだけで、写真をより良くすることができます。

ほかにも

1:AI スカイ・エンハンサー

スライダー操作だけで空のトーンを編集できる

2:構図AI

人工知能が構図を提案してくれる

3:AIスキン・エンハンサー

スライダー操作のみで人物の肌をきれいにできる

などの機能があります。

AI スカイ・エンハンサー調整前

Luminar 4(ルミナー)5つの特徴

AI スカイ・エンハンサー調整後

Luminar 4(ルミナー)5つの特徴

AIスキン・エンハンサー調整前

Luminar 4のAIスキン・エンハンサー

AIスキン・エンハンサー調整後

Luminar 4のAIスキン・エンハンサー

写真管理機能もあるので、サクッと編集したい人にオススメです。

関連記事:【プロが徹底解説】Luminar AIレビュー!使い方・Luminar 4との違い

長谷川敬介

AI(人工知能)の力で手軽に編集したいなら「Luminar AI」がオススメ!

Luminar AIの特徴まとめ
  1. AI(人工知能)が写真編集を提案してくれる
  2. スライダー操作で編集を行うので、初心者でも直観的に使える
  3. 買い切り
料金¥ 9,580~
動作環境Mac・Windows
無料体験版

\ 「keisuke」で1,000円割引 /

\ 割引コード「keisuke」も使えます /

2:Lightroom

Lightroomは、Adobe社が出している画像編集ソフト。

Lightroomは、初心者に優しい操作性が特徴です。

Luminar AIと同様に、Lightroomほとんどスライダー操作で調整可能。

シンプルな画面構成になっているので、初心者でも扱いやすい画像編集ソフトです。

長谷川敬介

最初は「ライト」と「カラー」で調整して、慣れてきたらほかのツールを使うと良いと思います。

また

  • スマホとPCで写真を共有できる
  • 他のアドビ製品との連携も可能
  • 写真管理機能もある

ことも魅力的です。

初心者さんやあまりパソコンのスペックが高くない方に、おすすめの画像編集ソフトです。

関連記事:【プロが教える】Lightroom(ライトルーム)初心者のための使い方

長谷川敬介

”写真編集ソフトって触ったことがない”っという初心者さんなら「Adobe Lightroom」

Lightroomの特徴まとめ
  1. 初心者にやさしいインターフェース
  2. クラウドストレージでスマホとPCで写真を共有できる
  3. ほかのAdobe製品とも連携可能
料金\1,078/月(税込)
動作環境Mac・Windows
無料体験版

\ 無料体験 /

3:Photoshop

【初心者向け】Photoshopで出来る9つのコト

PhotoshopもLightroomと同様、Adobe社が出している画像編集ソフト。

Photoshopの特徴は、かなり機能が豊富なこと。

例えば、

  • 人物写真のシワを薄くする
  • 風景写真の山の部分だけ明るくする
  • 料理写真のお肉の部分だけ彩度を強調する

といったことができます。

注意点としては、写真管理機能がないことです。

なので、Lightroomなど他の画像編集ソフトと合わせて使うことをオススメします。

【初心者向け】Photoshopで出来る9つのコト

写真1枚1枚こだわって仕上げたい方におすすめの画像編集ソフトです。

関連記事:【初心者向け】Photoshopでできること:事例9コ

Phootshopの特徴まとめ
  • 写真の部分的な調整が可能
  • 複数の写真を合成できる
  • 写真に文字を入れれる
料金\ 2,480/月
動作環境Mac・Windows
無料体験版

\ 無料体験 /

ちなみに Adobe社の「フォトプラン」 を契約すると、

  • Lightroom
  • Photoshop

の両方を使うことができます。

それぞれ単品で契約するより安く済むのでおすすめです。 

料金¥ 980/月
動作環境Mac・Windows
無料体験版〇(7日間)

\ 無料体験版アリ

4:SILKYPIX Developer Studio Pro10

出典:市川ソフトラボラトリー

SILKYPIX Developer Studio Pro10は、市川ソフトラボラトリー制作した純国産の画像編集ソフト。

特徴の1つが、「合成機能が充実」していること。

SILKYPIX Developer Studio Pro10の合成機能は、次の6つ。

  1. 多重露光
  2. 多重露光(夜景)
  3. 比較明
  4. 動体除去
  5. ストロボモーション
  6. 被写界深度合成

動体除去は、動きのある被写体を除去して合成してくれる機能です。

複数枚写真をとっておけば、人通りの多い場所でも無人の写真に仕上げることができます。

また、SILKYPIX Developer Studio Pro10には

  • ノイズ低減
  • ネガフィルム反転ツール

などの機能もあります。 

  • 写真を合成することが多い
  • 夜景・星空の写真を撮ることが多い
  • ネガフィルムをポジに変換して編集したい

と思っている方にオススメの画像編集ソフトです。

長谷川敬介

画像管理機能もあります。 

関連記事:【純国産RAW現像ソフト】SILKYPIX Developer Studio Pro10の特徴と評価

SILKYPIX Developer Studio Pro10の特徴まとめ
  • 写真合成に強い
  • ノイズ低減にも力を入れている
  • 全67種類のオリジナルテイストがある
料金¥22,000(税込み)~
動作環境Mac・Windows
無料体験版

\ 30日間無料体験アリ /

5:PhotoDirector

最後に紹介するのがPhotoDirector。

PhotoDirectorは、多機能な画像編集ソフト。 

デジタルカメラグランプリ2021 周辺機器部門 PCソフト「画像加工ソフト」で銀賞しています。

できることは、

  • 画像管理
  • 画像検索・閲覧
  • 現像

など基本機能に加えて

  • 空の置き換え
  • 美肌&人物補正
  • AI技術による手ブレ補正
  • フォトアニメーション

などもあることも特徴です。

テキスト入力機能も充実しているので、簡単なデザインをしたい方にもオススメできます。

関連記事:【プロが解説】PhotoDirectorの3つの特徴!評判・使い方

PhotoDirectorの特徴まとめ
  • AI技術が活用されている
  • 写真に動きをつけることができる
  • デザインもできる
料金¥6,480/年
動作環境Mac・Windows
無料体験版

\ 30日間返金保証 /

さいごに:写真編集を楽しもう!

写真編集は楽しいですよ!

「撮影してるときは気づかなったけど、今見たらこの部分も良いな」と気づいた時や、「どう調整したらいいかな?」なんて色々悩みながら調整するのも楽しいです。

写真編集をしながら、撮った写真をよく観察すると「次はこう撮ろかな」勉強になったりします!

長谷川敬介

写真上達には「考える時間」も必要かなと、個人的には思います!

今後とも、フォトライフを楽しみましょう!

画像編集ソフトまとめ
  • AIの力で手軽に編集したいなら・・・Luminar AI
  • 写真編集ソフト初心者なら・・・Lightroom
  • 1枚1枚にごだわりたいなら・・・Photoshop
  • 合成を楽しみたい。夜景の撮影が多いなら・・・SILKYPIX Developer Studio Pro10
  • アニメーション・文字入れもしたいなら・・・PhotoDirector

まとめ比較

料金・動作環境・無料体験版についてなど

商品名料金動作環境無料体験版公式サイトURL
Luminar AI¥ 9,580~Windows・Mac» 公式サイトへ
Adobeフォトプラン¥ 980/月Windows・Mac» 公式サイトへ
SILKYPIX Developer Studio Pro10¥22,000Windows・Mac» 公式サイトへ
PhotoDirector¥6,480/年Windows・Mac» 公式サイトへ

料金比較

商品名1ヵ月使用3カ月使用1年使用
Luminar AI¥ 9,580~¥ 9,580~¥ 9,580~
Adobeフォトプラン¥ 980¥ 2,940¥ 11,760
SILKYPIX Developer Studio Pro10¥22,000~¥22,000~¥22,000~
PhotoDirector¥6,480¥6,480¥6,480

次は、ぜひ「三分割法」も身に付けましょう。

カメラ講座「初級編」トップへ戻る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • 今回、パソコンを新しく買おうと思ってます。
    MacBook ProのM1チップには対応していますか?1TBを買おうと思ってます。
    Lightroom,Photoshop,Adobeプランそれぞれ大丈夫でしょうか?
    今使っているパソコンが調子が悪く、写真の編集ソフトが欲しいのでパソコンの入れ替えを決めました。
    よろしくお願い致します。

  • Macbook Air M1チップモデルの購入検討をしています。
    ルミナーAIを使いたいのですが、対応しているでしょうか?
    M1用に対応したかの情報は、ネットで答えが見つかりません。

    非対応だった場合
    動きが遅くても良いという事なら
    Intel版のルミナーAIだったインストールして使うことができるでしょうか?

    教えてください。

    • 公式の方に確認を撮りましたが、まだ「M1チップモデル」には対応していないようです。
      現在、対応に向けて動いているようです。
      「M1」には対応しています。

      非対応だった場合
      動きが遅くても良いという事なら
      Intel版のルミナーAIだったインストールして使うことができるでしょうか?

      ちょっとこちらの文章、どういう意味なのかわからず・・

コメントする

目次
閉じる