Photoshop

【Photoshop】部分的に明るくしてみよう!

こんにちは!カメラマンのケイスケ (@Photo_0101)です!

15年間、Photoshopを使い続けています。

私ごとですが、最近うちの父も写真にハマっております。(写真歴1年くらい)

実家の長野は、山々に囲まれて紅葉がキレイです。

なので最近は頻繁に写真を撮りに出かけてるようです。

そして、週に1度くらいのペースで写真が送られてきます。

先日は、こんな写真が送られてきました。

この写真すごくいいんですけど、湖の反射の反射している部分を、もう少し明るくするともっと良くなるかな〜思い、

こんな風に調整した写真を送り返しました!

この記事では、上の写真みたいに部分的に明るくする方法を、お伝えしようと思います。

ケイスケ
ケイスケ
父がこの記事を見ても出来るように、できる限りわかりやすくお伝えしようと思います。よろしくお願いしますw

このやり方を覚えると、風景写真はもちろん、人物・商品写真などいろんな写真で使えるので、ぜひ一緒に手を動かしながらやってみてください。

もし同じ画像でチャレンジしてみたい方は、以下からダウンロードしてください。

ダウンロードはこちらをクリック

では、まず全体の流れからお伝えしていきます。

調整する手順

Photoshopにはいろんな機能があります。

やり方・順番も人それぞれですが、今回は以下の順番で調整していきます。

  1. 調整レイヤーのトーンカーブで全体を明るくする。
  2. レイヤーマスクを黒にして隠す
  3. 明るくしたい部分だけブラシでなぞる
  4. 全体の微調整(彩度など)

使う機能

  • 調整レイヤーのトーンカーブ
  • レイヤーマスク
  • ブラシ
  • 調整レイヤーの彩度

STEP1. 調整レイヤーのトーンカーブで全体を明るくしよう

ではまず始めに、調整レイヤーのトーンカーブで全体を明るくします。

最終的に、この明るさを適応するのは湖の部分だけなので、湖の明るさだけ見ながら調整して見てください。

後で、変更することもできるのでザックリで大丈夫です。

まず、ウィンドウ右下の調整レイヤーを選択します。

Photoshop調整レイヤー

するといろんな項目が出てくるので、上から6コ目の「トーンカーブ」を選択。

Photoshopトーンカーブ

すると、画面右上にトーンカーブが表示されます。

Photoshopトーンカーブ

このトーンカーブの真ん中あたりをクリック&ドラッグで、左上に移動させます。

Photoshopトーンカーブ

Photoshopトーンカーブ

全体が明るい写真になっていると思います。

Photoshopトーンカーブ

トーンカーブの使い方を詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

⇒ Photoshopトーンカーブの使い方


スポンサードリンク

STEP2. レイヤーマスクを黒にして隠す

次は、全体を明るくしたトーンカーブをいったん隠します。

やり方は、右下のトーンカーブを選択した状態で、「イメージ > 色調補正  階調の反転」を選びます。

Photoshop階調の反転
「階調の反転」のショートカット
  • Mac:⌘ + I
  • Windows:Ctrl + I

するとさっきまで、「白」だったレイヤーマスクが「黒」に変わり、

Photoshopレイヤーマスク

写真も元の明るさに戻ります。

Photoshop
補足:調整レイヤーの白と黒

先ほど、調整レイヤーのレイヤーマスクを「白」から「黒」に変えました。

白は調整したトーンカーブを見せている状態で、黒は隠している状態です。

STEP3. ブラシツールを使って部分的に明るくしよう

さっき調整したトーンカーブに対して、ブラシツールを使って部分的に明るくしていきます。

やり方は、ブラシツールを使って、写真の明るくしたい部分をなぞって行くだけです。

一緒にやっていきましょう!

まず、トーンカーブのレイヤーマスクを選択できてることを確認します。

Photoshopレイヤーマスク

次にウィンドウ左の描画色が「白」になっていることを確認。

Photoshop描画色
黒になっている時

もし描画色が黒になってる場合は、矢印をクリックして白と黒を反転します。

Photoshop描画色

次は、ブラシツールを選択。

Photoshopブラシツール
「ブラシ」のショートカット

(キーボード入力を「半角」にした状態で)

  • 共通:B
ケイスケ
ケイスケ
覚え方は[ruby]Brush[rt]ブラシ[/rt][/ruby]のB

ここまで来たら、もう終盤です。

湖の部分をなぞってヌリヌリしてきましょう!

Photoshopトーンカーブ
ケイスケ
ケイスケ
勢いで右下の葉っぱたちも明るくしてしまいましたがw

STEP4. 全体の微調整(彩度など)

最後に仕上げとして、写真全体の彩度とトーンカーブを調整していきます。

彩度も調整レイヤー内にあります。

Photoshop調整レイヤ

Photoshop色相・彩度

すると、「色相・彩度」パネルが表示されます。

Photoshop色相・彩度パネル

今回は彩度を「+10」にしました。

Photoshop色相・彩度

最後に、トーンカーブでコントラストを強調!

Photoshopトーンカーブ

以上です。

まとめ

ここまで読んでくださってありがとうございます!

本記事で紹介した機能を、もっと詳しく知りたい方は「トーンカーブの使い方」を参考にしてみてください。

 

もっとおいしそうに撮れる料理写真のコツを、無料配布してます!

おいしそうに撮れる料理写真のコツを6つにまとめました。

実例の写真を使ってできる限りわかりやすく説明してます。

プライベートや仕事で料理の写真を撮る方は、ぜひ参考にしてみてください。

また、知っておくと便利な小技・道具もご紹介してます。

※無料配布は予告なく終了させて頂く場合があります。気になる方はお早めに。

ダウンロードはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA