Photoshopで波線やギザギザ線を簡単に作る方法

1 min 43 views
Photoshop波線

こんにちは!

Photoshop歴15年のカメラマン けいすけ (@Photo_0101)です!

前回の記事では、Photoshopの「グラデーションマスクの使い方」をお伝えせて頂きました!

さて、

今回は、Photoshop波線の作り方をお伝えしますね!

Adobe Photoshop CCです。

Photoshopで波線の作り方

①ラインツールで線を引く

ま図、ラインツールを使って一本の線を引きます。

Photoshop波線
Photoshop波線

②波形を適用する

フィルタ変形波形」を選択します。

Photoshop波線
フィルタ > 変形 > 波形

この表示が出たら「スマートオブジェクト変換」を選びます。

Photoshop波線

関連:Photoshopのラスタライズってなに?

波形」パネルが表示されます。

Photoshop波線

種類は「正弦波」を選び。

波形」「波長」の最小、「振幅」の最小を「」に設定しておくとわかりやすいと思います。

Photoshop波線

波長

波長」の最大の数字を大きくすると、緩やかな波になります。

Photoshop波線
Photoshop波線

振幅

「振幅」の最大の数字を大きくすると、波の幅が広くなります。

Photoshop波線
Photoshop波線
https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/04/ksk-illust.png

けいすけ

個人的には、先に「振幅」で波の幅を設定してから、「波長」で波の緩やかさを決めた方がやりやすいです。

Photoshop波線

波の形をギザギザ波に変える

「種類」を「三角波」に設定すると、ギザギザした波になります。

Photoshop波線
Photoshop波線

まとめ

以上、Photoshop波線を作る方法をお伝えしました。

慣れれば1分くらいで、出来そうです!

ありがとうございます!

次はぜひ「選択とマスク」にチャレンジしてみましょう!

長谷川敬介

長谷川敬介

プロカメラマン。カメラ歴は12年。
料理写真がメインで、200店舗以上撮影。
「写真の楽しさを広めたい」をモットーにブログを書いてます。
記事を読んでわからないことがあったらお気軽にコメントください。その際は「カメラ歴」「使用カメラ」「パソコン(Win・Mac)」など教えて頂けると嬉しいです。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AI(人工知能)搭載の画像編集ソフトを使ってみた
レビュー記事はこちら
AI(人工知能)搭載の画像編集ソフトを使ってみた
記事を見る