ゼロからわかる【カメラ講座】全32話

Photoshopで波線やギザギザ線を簡単に作る方法

Photoshop波線

こんにちは!

Photoshop歴15年のカメラマン 長谷川 ksk_photo_manです!

前回の記事では、Photoshopの「グラデーションマスクの使い方」をお伝えせて頂きました!

今回は、Photoshopで波線の作り方をお伝えしますね!

環境:Photoshop CC

目次

Photoshopで波線の作り方

全体の流れ
  1. ラインツールで線を引く
  2. 波形を適用する
  3. 波の形をギザギザ波に変える
STEP
ラインツールで線を引く

まず、ラインツールを使って一本の線を引きます。

Photoshop波線

動画で解説

Photoshop波線
STEP
波形を適用する

「フィルタ > 変形 > 波形」を選択します。

Photoshop波線
フィルタ > 変形 > 波形

この表示が出たら「スマートオブジェクト変換」を選びます。

Photoshop波線

関連:Photoshopのラスタライズってなに?

「波形」パネルが表示されます。

Photoshop波線

種類は「正弦波」を選び。

「波形」「波長」の最小、「振幅」の最小を「1」に設定しておくとわかりやすいと思います。

Photoshop波線
波長

「波長」の最大の数字を大きくすると、緩やかな波になります。

Photoshop波線
Photoshop波線
振幅

「振幅」の最大の数字を大きくすると、波の幅が広くなります。

Photoshop波線
Photoshop波線
長谷川敬介

個人的には、先に「振幅」で波の幅を設定してから、「波長」で波の緩やかさを決めた方がやりやすいです。

動画で解説

Photoshop波線
STEP
波の形をギザギザ波に変える

「種類」を「三角波」に設定すると、ギザギザした波になります。

Photoshop波線

完成

Photoshop波線

まとめ

以上、Photoshop波線を作る方法をお伝えしました。

慣れれば1分くらいで、出来そうです!

ありがとうございます!

次はぜひ「選択とマスク」にチャレンジしてみましょう!

Photoshop波線

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる