ゼロからわかる【カメラ講座】全32話

【脱Adobe】代替ソフト9つまとめ – AdobeCCを最安値で買う方法

Adobeソフトが高い!? 代替ソフト9つまとめ【AdobeCCを最安値で買う方法】

こんにちは!カメラマンの長谷川です。

  • Adobeソフトが高い
  • 代わりになるソフトってなにがあるんだろう・・

と思っていませんか?

この記事では、Adobeソフトの代替ソフトとAdobeソフトを最安値で買う方法をお伝えします。

この記事で分かること
  • Adobeの代替ソフトの特徴と料金
  • どこで買えばAdobeソフトを安く購入できるのか
  • そのほか安く購入する方法
目次

Adobeソフトが高い・・

Adobe CCのコンプリートプランは、約20コのアプリ・ソフトが使えるプラン。

コンプリートプランで使用できるソフト一例
  • Adobe Photoshop CC
  • Adobe Illustrator CC
  • Adobe Premere Pro CC
  • Adobe InDesign CC

など

また、

  • 100 GBのクラウドストレージ
  • Adobe Portfolio
  • Adobe Fonts
  • Adobe Spark
  • 最新の機能やアップデートをリリースと同時に利用可能

などの特典もあります。

とはいえ、料金もなかなか高くて悩んでいる人も多いと思います。

Adobe CCコンプリートプランの料金

プラン別料金
年間プラン (月々払い) \ 6,248/月
年間プラン (一括払い)\ 72,336/年
月々プラン\ 9,878/月
税込

脱Adobe!代替ソフトまとめ

そこで、「脱Adobe!代替ソフトまとめ」をお伝えしていきます。

カメさん

次の9つの代替ソフトをまとめました!

  1. Photoshop
  2. Lightroom
  3. Illustrator
  4. InDesign
  5. Dreamweaver
  6. Premiere Pro
  7. After Effects
  8. Adobe XD

Photoshopの代替ソフト

Photoshopの代替ソフトを4つ紹介します。

  • Affinity Photo(アフィニティ フォト)
  • Photoshop Express Editor(フォトショップ エクスプレス エディター)
  • GIMP(ギンプ)
  • CLIP STUDIO PAINT(クリップ スタジオ ペイント)

Affinity Photo(アフィニティ フォト)

出典:Affinity Photo

Affinity Photo(アフィニティ フォト)は、Affinity社が提供している写真編集ソフト。

2015年7月にMac専用の画像編集ソフトとしてリリース。

その後

  • AppleApp of the year
  • TIPA Best Imaging Software

など受賞している知名度も高いソフトです。

Affinity Photoの特徴・機能まとめ
  • RAW編集
  • HDR結合
  • PSD編集
  • 360度の画像編集
  • レイヤー数
対応OS・デバイスWindows・Mac
料金¥6,100(買い切り)
無料版
公式サイト» Affinity Photo

Photoshop Express Editor(フォトショップ エクスプレス エディター)

脱Adobe!代替ソフトまとめ
出典:Photoshop Express Editor

Photoshop Express Editor(フォトショップ エクスプレス エディター)はAdobe社が提供しているオンライン写真編集ツール。

オンラインなので、どなたでも利用できます。

無料で使える反面、機能は限られています。

Photoshop Express Editorの特徴・機能まとめ
  • 切り抜きツール
  • サイズ変更
  • スポット修復ツール
  • フィルターの適用
対応OS・デバイスオンライン
料金無料
公式サイト» Photoshop Express Editor

GIMP(ギンプ)

脱Adobe!代替ソフトまとめ
出典:GIMP

GIMP(ギンプ)は、1996年に提供開始された、無料で使える高機能な画像編集ソフト。

プラグイン・機能拡張も豊富です。

起動時の読み込みに時間がかかることが、デメリット。

GIMPの特徴・機能まとめ
  • レイヤー機能
  • エフェクト機能
  • ブラシ
  • トーンカーブ
  • ヒストグラム
  • パスの編集
  • アニメーション合成
対応OS・デバイスWindows
料金無料
公式サイト» GIMP

CLIP STUDIO PAINT(クリップ スタジオ ペイント)

脱Adobe!代替ソフトまとめ
出典:CLIP STUDIO PAINT

CLIP STUDIO PAINT(クリップ スタジオ ペイント)は、セルシスが開発・販売しているペイントソフト。

2011年5月19日にCLIP PAINTが公開され、それを元に2012年5月から有料版が販売。

新開発の描画エンジンを搭載。

ペンタブレットで滑らかな書き心地を実現しています。

また、

  • グラフィックスソフト売上No.1
  • ペイントツール利用率No.1
  • 100校以上の教育機関で導入

という実績があります。

クリスタの特徴・機能まとめ
  • 描き味を自由自在にカスタマイズ
  • 形や太さを描いた後に変更
  • ペンやブラシが数万点
  • 3Dデッサン人形
  • Illustrator形式ファイルの入出力
  • レイヤー合成
  • 無料で使えるマンガ用素材が4万点以上
対応OS・デバイスWindows・Mac
料金(税込み)\ 5,000~(ダウンロード版)一括払い(買い切り)
無料版〇 最大3ヶ月無料
公式サイト» CLIP STUDIO PAINT

Lightroomの代替ソフト

Lightroomの代替ソフトを3つ紹介します。

  • Luminar AI(ルミナー エーアイ)
  • PhotoDirector 365(フォト ディレクター)
  • SILKYPIX Developer Studio Pro10(シルキーピックス デベロッパー スタジオ プロ)

Luminar AI(ルミナー エーアイ)

Luminar AI(ルミナー エーアイ)は、Skylum(スカイラム)社が提供しているAI(人工知能)画像編集ソフト。

2016年11月に初版のLuminarがリリース。

その後、バージョンアップを繰り返しながら、

  • LucieTechnicalAwardsのBestSoftwarePluginに選ばれる
  • TIPAでBest ImagingSoftwareを受賞(Luminar 3)
  • Macworldにて、Luminarに5段階中4.5の評価(Apple製品とソフトに特化したアメリカのサイト)

など、海外でも評判がよいソフトです。

Luminar AIについて詳しく知りたい方は「【プロが徹底解説】Luminar AIレビュー!使い方・Luminar 4との違い」をご覧ください。

Luminar AIの特徴・機能まとめ
  • テンプレート
  • 構図AI
  • フェイスAI
  • スキンAI
  • ボディAI
  • アトモスフィアAI
対応OS・デバイスWindows・Mac
料金\ 9.580(買い切り)
無料版
公式サイト» Luminar AI

PhotoDirector 365(フォト ディレクター)

出典:PhotoDirector 365

PhotoDirector 365は、サイバーリンク社が開発・提供している画像編集ソフト。

2011年5月に、PhotoDirector 2011を提供。

その後、バージョンアップが繰り返され最新版のPhotoDirector 12では、AI機能が搭載。

「買い切りタイプ」と「サブスクリプションタイプ」があります。

また買い切りタイプも、次の2つがあります。

  • PhotoDirector 12 Standard
  • PhotoDirector 12 Ultra

オススメは、サブスクタイプの「PhotoDirector 365」です。

常に最新のバージョンを使うことができるからです。

PhotoDirectorについて詳しく知りたい方は、「【プロが解説】PhotoDirectorの3つの特徴!評判・使い方」をご覧ください。

Photo Directorの特徴・機能まとめ
  • AI 手ぶれ補正
  • フォトアニメーション
  • AI 空置き換え
  • 人物の自動選択
  • 調整レイヤー
  • AI スタイルエフェクト
  • テザー撮影
対応OS・デバイスWindows・Mac
料金¥1,800/月~
無料版
公式サイト» PhotoDirector 365

SILKYPIX Developer Studio Pro10(シルキーピックス デベロッパー スタジオ プロ)

出典:SILKYPIX Developer Studio Pro10

SILKYPIX Developer Studio Pro10(シルキーピックス デベロッパー スタジオ プロ)は、市川ソフトラボラトリーが作った国産RAW現像ソフト。

歴史は古く、2004年から「SILKYPIX Developer Studio」シリーズの発売を開始。

デジタルカメラグランプリ2021の「RAW現像ソフト部門」では、23回目の「金賞」を受賞しています。

SILKYPIX Developer Studio Pro10の特徴・機能まとめ
  • 6つの合成機能
  • オリジナルテイスト
  • 多重露光(夜景)
  • ファインディテール(ノイズ低減)
  • ネガフィルム反転ツール

SILKYPIX Developer Studioについて詳しく知りたい方は、「【純国産RAW現像ソフト】SILKYPIX Developer Studio Pro10の特徴と評価」をご覧ください。

対応OS・デバイスWindows・Mac
料金¥22,000(買い切り)
無料版30日無料体験
公式サイト» SILKYPIX Developer Studio Pro10

Illustratorの代替ソフト

Illustratorの代替ソフトを2つ紹介します。

  • Affinity Designer(アフィニティ デザイナー)
  • Inkscape(インクスケープ)

Affinity Designer(アフィニティ デザイナー)

出典:Affinity Designer

Affinity Designer(アフィニティ デザイナー)は、Affinity社が提供しているベクターデザインソフト。

2014年10月に、デザインツールとしてリリース。

  • AppleApp of the year
  • APP OF THE YEAR [PC PRO]

など受賞している知名度も高いソフトです。

Affinity Designerの特徴・機能まとめ
  • アートボード
  • PSD、AI、PDF、SVG、JPG、TIFF、EXR対応
  • スライス書き出し
  • CMYK、16&32ビットRGB
  • シンボルをリンク
対応OS・デバイスWindows・Mac
料金¥6,100(買い切り)
無料版
公式サイト» Affinity Designer

Inkscape(インクスケープ)

出典;Inkscape

Inkscape(インクスケープ)は、「The Inkscape Team」が提供しているベクター画像編集ソフト。

歴史はとても古く、2003年に提供開始。

その後バージョンアップを繰り返し、新しい機能が定期的に加えられています。

Inkscapeの特徴・機能まとめ
  • レイヤーによるオブジェクト管理
  • マスク機能
  • オブジェクトの結合や整列
  • パス
  • テキスト入力・調整
対応OS・デバイスWindows・Mac・Linux
料金無料
公式サイト» Inkscape

InDesignの代替ソフト

Affinity Publisher(アフィニティ パブリッシャー)

出典:Affinity Publisher

Affinity Publisher(アフィニティ パブリッシャー)は、Affinity社が提供しているパブリッシング ソフト。

2019年6月に初版がリリースされました。

同年12月には、Appleから「Mac App of the Year」に選定されています。

Affinity Publisherの特徴・機能まとめ
  • RGB、LAB、グレースケール、CMYK対応
  • 画像の微調整が可能
  • ペンツールとノードツール
  • 線形、円錐形、放射状、ビットマップの各塗りつぶし
  • 形状をカスタマイズできるテキストフレーム
  • PSD、AI、PDF、JPG、TIFF、PNG、Affinityの各ファイル形式に対応
対応OS・デバイスWindows・Mac
料金¥6,100(買い切り)
無料版
公式サイト» Affinity Publisher

Dreamweaverの代替ソフト

Brackets(ブラケッツ)

出典:Brackets

Brackets(ブラケッツ)は、Adobeが開発するオープンソースのソースエディタです。

2012年6月に開発版をリリース。

4カ月ごとに定期リリースされています。

Dreamweaver CC 2017以降では、Bracketsがコードエディター部分のベースにされています。

「Brackets」は、2021年9 月 1 日にAdobeのサポートを終了します。

Bracketsの特徴・機能まとめ
  • クイックエディット
  • クイックドキュメント
  • ウィンドウの分割
  • ライブプレビュー
  • 38種類以上の言語をサポート
対応OS・デバイスWindows・Mac・Linux
料金無料
公式サイト» Brackets

Visual Studio Code(ビジュアル スタジオ コード

出典:Visual Studio Code

Visual Studio Code(ビジュアル スタジオ コード)は、Microsoftが開発しているソースコードエディタです。

「VSCode(ブイエスコード)」と呼ばれています。

2015年4月にプレビュー版がリリース。

2019年の「Stack Overflow」の調査では、人気開発ツール1位。

87317人の開発者のうち、50.7%が使っていたという実績があります。(参考:Developer Survey Results 2019

「Brackets」は2021年9 月 1 日にAdobeのサポートが終了されるため、AdobeがVisual Studio Codeへの移行を推奨しています。

Bracketsの特徴・機能まとめ
  • 高速に動作する
  • 拡張機能でサポート言語や機能を拡充可能
  • 「Brackets」っぽいカスタマイズも可能
  • Zen Mode(禅モード)
  • リアルタイムプレビュー
  • 入力候補を自動で表示
  • Emmet機能
対応OS・デバイスWindows・Mac・Linux
料金無料
公式サイト» Visual Studio Code

Premiere Proの代替ソフト

Premiere Proの代替ソフトを3つ紹介します。

  • Final Cut Pro X(ファイナルカットプロ)
  • DaVinci Resolve(ダビンチ リゾルブ)
  • PowerDirector(パワー ディレクター)

Final Cut Pro X(ファイナルカットプロ)

出典:Final Cut Pro X

Final Cut Pro X(ファイナルカットプロ)は、Apple社が開発した動画編集ソフトです。

もともとAdobe社でPremiereを開発していたグループが、別会社(マクロメディア)に移り開発。

後に、Appleが別会社(マクロメディア)と開発チームを購入。

1999年4月に「Final Cut Pro ver.1」が発売されました。

その後バージョンアップを繰り返し2011年6月に「Final Cut Pro X」を発売。

2017年4月の時点でユーザー数が200万人以上。

Final Cut Pro Xの特徴・機能まとめ
  • マルチカム編集
  • カラーグレーディング
  • ワークフロー機能拡張
  • 360°動画編集
  • 豊富なエフェクト
  • レイヤー編集
対応OS・デバイスMac
料金\ 36,800(買い切り)
無料版90日間無料体験
公式サイト» Final Cut Pro X

DaVinci Resolve 17(ダビンチ リゾルブ)

出典:DaVinci Resolve

DaVinci Resolve 17(ダビンチ リゾルブ)は、Blackmagic(ブラックマジック)が開発・提供している動画編集ソフト。

2005年に初版が発売され、DaVinci Resolve 17が最新版です。(2021年3月現在)

有料版のDaVinci Resolve Studioもありますが、無償版でも問題なく使えます。

DaVinci Resolveの特徴・機能まとめ
  • カラーコレクション
  • VFX
  • モーショングラフィックス
  • オーディオポストプロダクション
  • Magic Mask:人物などを自動追跡
対応OS・デバイスWindows・Mac・Linux
料金無料
公式サイト» DaVinci Resolve 17

PowerDirector 365(パワー ディレクター)

出典:PowerDirector

PowerDirector(パワー ディレクター)は、CyberLink社が提供している動画編集ソフト。

2001年に初版が発売され、現在は「PowerDirector 19」が最新です。

6 年連続「国内販売シェアNo.1」という実績があります。

PowerDirectorには、次の3つのラインナップがあります。

  • PowerDirector Ultra:¥12,980
  • PowerDirector Ultimate:¥16,980
  • PowerDirector Ultimate Suite:¥20,980

常に最新バージョンが使えるサブスクタイプ「PowerDirector 365」もあります。

PowerDirectorの特徴・機能まとめ
  • セレクションマスク
  • リニア / パラレルマスク
  • キーフレーム補間モード
  • アンカーポイント移動
  • スケッチアニメーション
  • モーショントラック
対応OS・デバイスWindows・Mac
料金¥2,180/月~
無料版
公式サイト» PowerDirector 365

After Effectsの代替ソフト

Motion(モーション)

出典:Motion

Motion(モーション)は、Appleが開発・販売しているモーション・グラフィックス・デジタル合成ソフトです。

Final Cut Proと組わせて使えるように作られています。

Motionの特徴・機能まとめ
  • 3Dオブジェクト
  • ストロークフィルタ
  • 高度な色補正
  • 200以上のフィルタとエフェクト
  • 360VRモーショングラフィックス
対応OS・デバイスMac
料金¥ 6,100(買い切り)
無料版
公式サイト» Motion

Adobe XDの代替ソフト

Sketch(スケッチ)

出典:Sketch

Sketch(スケッチ)は、オランダのBohemian Codingで開発されたモバイルアプリ・WebのUI設計のためのソフトです。

2010年9月に初めてリリースされ、2012年にApple Design Awardを受賞しています。

Sketchの特徴・機能まとめ
  • 動作がスムーズ
  • ベクター描画
  • アートボード
  • シンボル機能
  • クラウドで共有可能
対応OS・デバイスMac
料金99ドル(買い切り)
無料版30日間試用版
公式サイト» Sketch

少しでも安く買いたい!AmazonとAdobe公式の料金比較

カメさん

代替ソフトも検討したけど、やっぱりAdobe製品が良い

そんな方へ、次は「Amazon」と「Adobe公式」の料金比較を解説します。

結論としては、12カ月版(年間一括払い)であればAmazonで買った方が安いです。

AmazonAdobe公式
Adobe CC コンプリートプラン
12カ月版
¥65,097 ¥72,336
税込価格

とはいえ、公式サイトでは「年間プラン(月々払い)」や「月々プラン」があるのが嬉しいポイント。

  • 12カ月版を一括で購入するなら、Amazon
  • 「年間プラン(月々プラン)」や「月々プラン」を利用したいなら、Adobe公式

で購入すると良いです。

やっぱり学生版は安い!学生になる方法

カメさん

Amazonの方が安いとはいえ、やっぱり高い

と思っている方は、学生版がオススメです。

学生版だと、通常版の半額で利用可能です。

通常版学生版(アカデミック版)
年間プラン
(月々払い) 
\ 6,248/月\ 2,178/月
年間プラン
(一括払い)
\ 72,336/年\ 26,136/年
月々プラン\ 9,878/月
カメさん

アカデミック版なら、65%以上OFF!

学生版(アカデミック版)、Adobe認定スクールの通信講座に申し込めば、学生になることができます。

通信講座の教材とセットで、Adobeソフト12カ月分(アカデミック版)がついてきます。

Adobe認定スクールの通信講座

Adobe認定スクールが行なっている通信講座は、次の3社

  1. デジハリ
  2. ヒューマンアカデミー「たのまな」
  3. パソコンスクールisa

料金は、デジハリとヒューマンアカデミー「たのまな」が安いです。

個人的なおススメは、「デジハリ」。

最短10分でAdobe CCを利用できるからです。

デジハリAdobeマスター講座[ソフト付属]
料金39,980 円
講座内容・Adobe CC1年分
・基礎動画教材≪46時間≫
・課題作成 2ヶ月
公式サイト» デジハリONLINE
税込
ヒューマンアカデミー「たのまな」アドビオンライントレーニング通信講座 1ヶ月間 受け放題コース
料金39,980 円
講座内容・Adobe CC1年分
・通信講座3ヶ月視聴
公式サイト» ヒューマンアカデミー「たのまな」
税込
パソコンスクールisaAdobe Creative Cloud+通信講座
料金43,230 円
講座内容・Adobe CC1年分
・7講座
公式サイト» パソコンスクールisa
税込

よくある質問

受講期間は1カ月だけど、それ以降もソフトは使えるの?

Adobe CCは12カ月版なので、12カ月使えます。

アカデミック版だと、なにか制限があるんじゃないの?

通常版と同じ機能です。

何台まで利用可能?

インストール数は2台まで。

ただし同時利用は、不可です。

ビジネスでの商用利用は?

商用利用可能です。

対応OSは?

Windows・Macどちらも使えます。

12カ月後の更新は?

12カ月後に再度申し込めば、大丈夫。

その場合、Adobeの自動更新は「切」にしておくと良いです。

自動更新されると、通常料金で更新されます。

受講するなら、なにか提出する必要があるの?

どの講座も、動画視聴がメイン。

見なくても大丈夫です。

またデジハリの場合「添削」もありますが、こちらは任意。

提出しなくて大丈夫です。

まとめ

カメさん

Adobeが高くて悩んでいるなら、代替ソフトを検討しても良いかも!

Adobeの料金

プランコンプリートプラン
年間プラン (月々払い) \ 6,248/月
年間プラン (一括払い)\ 72,336/年
月々プラン\ 9,878/月
税込

代替ソフト料金一覧

代替ソフト料金
photoshopAffinity Photo¥6,100
Photoshop Express Editor無料
GIMP無料
CLIP STUDIO PAINT\ 5,000~
LightroomLuminar AI\ 9.580
PhotoDirector 365¥1,800/月~
SILKYPIX Developer Studio Pro10¥ 22,000
IllustratorAffinity Designer¥6,100
Inkscape無料
InDesignAffinity Publisher¥6,100
DreamweaverBrackets無料
Visual Studio Code無料
Premiere ProFinal Cut Pro X\ 36,800
DaVinci Resolve 17無料
PowerDirector 365¥2,180/月~
After EffectsMotion¥ 6,100
Adobe XDSketch99ドル
カメさん

「やっぱりAdobeが良い!」なら、Adobe認定スクールの通信講座に申し込むのもアリ!

スクール名料金
デジハリONLINE\ 39,980
ヒューマンアカデミー「たのまな」\ 39,980
パソコンスクールisa\ 43,230
税込
カメさん

「学生になるのはちょっと抵抗がある・・」という方は、Adobe公式かAmazonで!

created by Rinker
アドビシステムズ
¥65,097 (2021/04/20 15:32:26時点 Amazon調べ-詳細)
Adobeソフトが高い!? 代替ソフト9つまとめ【AdobeCCを最安値で買う方法】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる