【BLACK FRIDAY】Luminar AIが安く手に入る(30日まで開催)

Lightroomの代替になる? Luminar 4(ルミナー)とLightroomを比較

こんにちは!カメラマンの長谷川です。

カメラ歴12年、Photoshop歴15年で、現在はプロカメラマンとして活動しています。

さて、「Luminar 4Lightroomどっちにしようか悩む」と悩んでいませんか?

もしくは「Lightroomを使ってみたけど機能が多くて・・・Luminar 4の方が自分には合ってるかも」と思ってる方もいると思います。

Luminar 4とLightroom Classic(以下 Lightroom)を比較してみました。

カメさんのアイコン画像カメさん

どっちの方が優れているとかあるの?

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

両方とも良いソフトだよ!カメラ選びと同じで、自分に合ってるソフトを選ぶと良いと思うよ!

目次

Luminar 4(ルミナー)とLightroomを比較

Luminar 4(ルミナー)とLightroomを比較

Luminar 4(ルミナー)Lightroomを、次の3点で比較してみます。

  1. 画面構成
  2. 機能性
  3. 料金

1 画面構成:Luminar 4は写真が見やすい。Lightroomは操作がスムーズ。

まずはじめに画面構成を比較してみます。

Luminar 4(ルミナー)とLightroomは、どちらも

  • ツールバー:画面上部
  • キャンバス:写真表示・閲覧
  • ライブラリーパネル:写真を管理
  • 編集パネル:写真を編集する

の4つがあります。

その配置に違いがあります。

Luminar 4(ルミナー)の画面構成

1 画面構成:Luminar 4は写真が見やすい。Lightroomは操作がスムーズ。

Luminar 4(ルミナー)の画面Luminar 4は、画面右にライブラリーパネルと編集パネルの両方があります。

上部にあるタブで、ライブラリーパネルと編集パネルを切り替えて、操作します。

Luminar 4(ルミナー)の画面構成
Luminar 4(ルミナー)の画面

ライブラリーパネルと編集パネルが、1カ所にまとまっているので、その分ウィンドウに表示されている写真が大きくて見やすいです。

Luminar 4(ルミナー)の画面構成
Luminar 4(ルミナー)の画面

Lightroomの画面構成

Lightroomの画面構成
Lightroomの画面

一方Lightroomの画面構成(現像)は、画面左にプリセットやヒストリー、中央にウインドウ、画面右に編集パネルという構成。

Luminar 4だと「ライブラリー」と「編集」をタブで切り替える必要がありますが、Lightroomは一画面内に、ひと通りの項目が表示されているので、操作はスムーズに行えます。

ここまでまとめ
  • 写真は大きく見やすい方が良い方は「Luminar 4」
  • 操作をスムーズに行いたい方は「Lightroom」

2 機能を比較

次は、

  • 写真の読み込み
  • 写真編集
  • 写真管理

の機能を見ていきたいと思います。

写真の読み込み:セレクトして読み込むならLightroom

写真の読み込みに関しては、正直Lightroomの方が使いやすいです。

っというのもLuminar 4は、「写真をセレクトして読み込む」のが少し苦手だからです。

Luminar 4の読み込み方を説明すると、Luminar 4は「画像入りフォルダを追加」か「単一画像の編集」の2パターンの読み込み方があります。

Luminar4の読み込み機能

写真をセレクトして読み込みたい場合、「単一画像の編集」を選択、Finderが表示され、Finderの画面で写真を選ぶことになります。

Luminar4の読み込み機能

Finder画面で「写真セレクトをして読み込むこと」がちょっとやりにくいです。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

「画像入りフォルダを追加」で「ひとまずフォルダーごと全部読み込んで編集する」というやり方もアリです。

一方Lightroomは、読み込み用に別のウィンドウが表示されます。

Lightroomの読み込み機能

画面左にはライブラリーがあり、面中央にはフォルダー内の写真が並んでいます。

実際の写真を見ながらセレクトできるので、スムーズに読み込み操作ができます。

ここまでまとめ
  • スムーズに写真セレクトを行いたいならLightroom

写真編集を比較:Luminar 4のAIが便利

写真編集の操作は、どちらもほぼ同じかなと思います。

Luminar 4とLightroomのどちらにも、調整したい項目のスライダーを動かして調整します。

直感的で使いやすいです。

機能面では、Luminar 4の方が良い印象。

Luminar 4の売りである「AIによる自動調整」が便利だからです。

例えば、Luminar 4の機能である

  • AI スカイエンハンサー
  • ポートレートエンハンサー

です。

「AI スカイエンハンサー」は、空をAIが識別してくれるので、マスクなどで選択しなくても、空だけを調整することができます。

写真編集を比較:Luminar 4のAIが便利

風景写真をよく撮っている方にとっては、とても便利な機能です。

また空だけではなく、人物の顔も自動で識別してくれます。

それが「ポートレートエンハンサー」。

「ポートレートエンハンサー」は、

  • 顔だけを明るく
  • 目を大きく
  • 顔を細く
  • 歯を白く

っといった操作が、スライダー操作だけでできます。

写真編集を比較:Luminar 4のAIが便利

人物写真をよく撮ってる人には便利な機能です。

ただ、どちらも露光量・コントラスト・色温度などの基本的な調整項目や、プリセットもあります。

ここまでまとめ
  • 「AI機能を使って、空や顔を調整してみたい方」はLuminar 4
  • 「AIに頼らず自分で調整する」という方は、どちらでもOK

写真管理:Luminar 4は初心者向け、Lightroomは玄人向け

写真の管理は、Lightroomの方が機能が充実していて、使いやすいです。

まずLuminar 4の管理機能をざっくり伝えると、

  • フォルダ管理
  • レーディング
  • お気に入り

の機能があります。

写真管理:Luminar 4は初心者向け、Lightroomは玄人向け

一方Lightroomは、上記に加え

  • カタログ
  • ラベル
  • キーワード
  • ライブラリフィルター

といった機能があります。

写真管理:Luminar 4は初心者向け、Lightroomは玄人向け

なかでも、ライブラリフィルターが便利。

ライブラリーフィルターを使うと、早く特定の写真を見つけることが可能。

例えば、ライブラリフィルターの「メタデータ」を選択すると、

  • 日付
  • カメラ
  • レンズ
  • ラベル

を選ぶことができます。

写真管理:Luminar 4は初心者向け、Lightroomは玄人向け

なので「○年○月、◇のカメラに□のレンズをつけて撮った写真」といった探し方ができます。

また、キーワードに「紅葉」「楽しい思い出」など入力しておけば、後で探すのが簡単。

写真管理:Luminar 4は初心者向け、Lightroomは玄人向け

こんな感じで、Lightroomの写真管理機能は充実してます。

ただデメリットを挙げると、「機能がたくさんあるので、覚えるまでが少し大変なこと」です。

なので最初は「どう使ったらいいか・・」っと悩んでしまうかもしれません。

一度覚えたら、とても効率的に写真管理が行えます。

ここまでまとめ
  • 初心者に優しいのはLuminar 4
  • 使いこなして効率的に写真管理を行いたいならLightroom

3 料金の比較

次は、料金を比較してみます。

  • Luminar 4:¥10,560
  • Lightroom:¥980/月(税別)

Luminar 4は、¥10,560の買い切り

Luminar 4は、¥10,560の買い切り

Luminar 4は、¥10,560の買い切りです。

一度購入すればずっと使い続けることができます。

買い切りで使えるのが嬉しいところです。

ちなみに、購入するならAmazonより公式サイトがお得です。

Amazonでは¥10,650 で販売されてますが、公式サイトで購入するとほぼ同じ料金で「インスピレーションLooks」が付いてきます。

「インスピレーションLooks」とは、プリセットのことです。

ワンクリックで写真の印象をガラッと変えることができます。

また、プロモーションコードの欄に「KSK0101」と入力すると、2,092円割引で購入できます。

Lightroomは、¥980/月(税別)

Lightroomは、¥980/月(税別)

Lightroomを使えるAdobeのプランは、3種類あります。

  1. フォトプラン
  2. Lightroom単体プラン
  3. コンプリートプラン

フォトプランは、

  • Lightroom
  • Lightroom Classic
  • Photoshop

の3つが使えるプランです

3つ使えるので、フォトプランがオススメです。

Lightroom単体プランは、名前の通りLightroomのみ契約するプランです。

コンプリートプランは、LightroomのほかにもPhotoshopやIllustratorなど30以上のソフトを使えるプラン。

フォトプランは、月々払いで¥980(税別)です。

Lightroomは、¥980/月(税別)

月々¥980なので、1年使うと¥11,760。

1年以上使うなら、フォトプランの方が高くなります。

ただフォトプランの良いところは、常に最新のバージョンにアップグレードしてくれることです。

例えば最近だと(2019年12月)、「iOS版LightroomでSDカードを直接読み込み、書き出し」の機能が強化されました。

機能が追加されることが、良いところです。

ここまでまとめ
  • Luminar 4:¥10,560買い切り
  • Lightroom:¥980/月(税別)

まとめ

Luminar 4(ルミナー)とLightroomを、

  1. 画面構成
  2. 機能性
  3. 料金

の3点で比較してみました。

最後にまとめると、「無料のソフトだとちょっと物足りない・・もう少し写真を編集してみたい」っという方は、Luminar 4がオススメです。

初心者でも直感的に編集することができます。

>> 【公式】Luminarを見る

「写真はいつも連写で撮るし、全部ソフト上で管理したい。ガッツリ写真にはまっていく予定です!」っという方には、Lightroom(フォトプラン)がオススメです。

>> 【公式】Adobeのページ

【2020冬・セール・キャンペーン開催中】

各社でセールやキャンペーンが開催されてます。

カメラ・アクセサリー・編集ソフトが安く手に入るチャンス。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる