ゼロからわかる【カメラ講座】全32話

Adobe アフターエフェクトの値段・価格は?買い切りはないの?

こんな悩みを解決

  • アフターエフェクト(After Effects)の値段・価格を知りたい
  • 買い切り版はあるのか知りたい
  • 買い切りの代替ソフトについて知りたい

こんにちは。カメラマンの長谷川です。高度なアニメーションを作成できる「アフターエフェクト(After Effects)」。

「できるだけ安く使いたい」「できれば買い切りが良い」っと思っていませんか?

この記事では、アフターエフェクトの値段と買い切り版についてお伝えします。

タップできる目次

この記事の著者

長谷川 敬介

プロ歴5年・写真歴12年のカメラマン。アドビ認定アソシエイト。11コの画像編集ソフトを使ったことがあります。料理撮影がメイン。

» プロフィール詳細

アフターエフェクト(After Effects)の値段・価格は?

映像に多彩な表現を加えることができるアフターエフェクト(After Effects)。

購入方法は、次の4パターンあります。

  1. アフターエフェクト単体プラン
  2. Adobe CC コンプリートプラン(個人向け)
  3. Adobe CC コンプリートプラン(学生・教職員)
  4. Adobe CC コンプリートプラン(法人版)

Adobe CC コンプリートプランとは、Adobe製品がすべて使えるプランです。

Adobe CC コンプリートプラン内に、アフターエフェクトが含まれています。

料金(税込)特徴
単体プラン2,728 円/月After Effectsのみ使用可
Adobe CC コンプリートプラン
(個人向け)
6,248 円/月20以上のAdobe製品が使用可
Adobe CC コンプリートプラン
(学生・教職員)
2,178 円/月初年度のみ1,980 円/月
次年度以降は2,980円/月
Adobe CC コンプリートプラン
(法人版)
4,158 円/月組織・企業内で共有・同期可能
長谷川敬介

一般の人がアフターエフェクトを使うには、「単体プラン」か「コンプリートプラン(個人向け)」かどちらか選ぶ必要があります。

アフターエフェクト(After Effects)を一番安く使う方法

アフターエフェクト(After Effects)を一番安く使う方法は、「アフターエフェクト単体プラン:年間プラン 一括払い」で利用することです。

補足説明すると「アフターエフェクト単体プラン」は、3パターンの契約方法があります。

  1. 年間プラン 月々払い
  2. 年間プラン 一括払い
  3. 月々プラン 月々払い

料金は下記のようになります。

単体プラン年間料金
年間プラン
月々払い
2,728円/月32,736円
年間プラン
一括払い
28,776円/年28,776円
月々プラン
月々払い
3,828円/月45,936円
税込

「年間プラン 一括払い」を月換算にすると、2,398円(28,776円÷12カ月)

なので、「年間プラン 一括払い」が一番安いです。

長谷川敬介

ただ一番多いのは、「年間プラン 月々払い」だと思います!

ちなみにアフターエフェクトは、7日間無料で試すことができるので、まずは試してみるのもアリかと思います。

\ 7日間無料で試す

アフターエフェクト(After Effects)の買い切り版はないの?

とても魅力的ですが、最後の買い切りタイプであった After Effects CS 6は2013年に終了しました。 なので、現在After Effectsの買い切り版はありません。

もしショッピングサイトでAfter Effectsの買い切り版が販売されていたら、 それは正規品ではない「海賊版」である可能性が高いです。

長谷川敬介

海賊版の購入は、違法行為にあたるので控えておいた方が良いと思います。

アフターエフェクト(After Effects)の代替・類似ソフト(買い切り)を3つ紹介

アフターエフェクト(After Effects)のような映像編集が欲しいと思っている方に向けて、代替ソフトを3つ紹介します。 

  1. DaVinci Resolve(ダビンチリゾルブ)
  2. Apple Motion 5
  3. Filmora(フィモーラ)

DaVinci Resolve(ダビンチリゾルブ)

「DaVinci Resolve」は、Blackmagic Design社が提供している動画編集ソフト。 Mac、Windows、Linuxに対応しています。

このDaVinci Resolve内の「Fusion」というツールがアフターエフェクトと似ています。

「Fusion」は、アニメーション効果を加えることができるツール。Fusionでは、

  • コンポジション(合成)
  • モーショングラフィックス
  • カラーコレクション

といった機能があります。

また無料版と有料版があります。

料金特徴
DaVinci Resolve無料
DaVinci Resolve Studio39.678 円無償版の全機能に加え
・3Dツール
・高度なHDRグレーディング機能
など搭載
税込

Apple Motion 5

「Apple Motion 5」は、Appleが開発・販売しているモーショングラフィックソフト。Macにのみ対応。

Appleが提供している動画編集ソフト「Final Cut Pro X」ととても相性が良いソフトです。Apple Motion 5では

  • 2D、3D、360°のタイトル作成
  • アニメーション作成
  • エフェクト作成

といったことができます。

価格は、6,099円(税込)。

Filmora(フィモーラ)

「Filmora」は、wondershareが提供している動画編集ソフト。 Mac、Windowsに対応しています。

「カット編集」や「BGMの挿入」「カラーグレーディング」など幅広い編集が可能。また、動画エフェクトが初めから数多く搭載されています。

操作が簡単なので「初心者でも扱いやすい」ソフトです。その反面、「簡単な編集しかできない」という意見もあります。

無料版と有料版があり、無料版では「Filmora」のロゴが動画に入ります。

ロゴを消すためには、有料版を購入する必要があります。

料金特徴
無料版無料動画にロゴが入る
有料版76,78 円
(1年間プラン)
ロゴは入らない
税込

関連記事:【脱Adobe】代替ソフト9つまとめ – AdobeCCを最安値で買う方法

Adobe CC コンプリートプランを安く買う方法

「Adobe CC コンプリートプラン」の料金プランは下記のようになります。

コンプリートプラン年間料金
年間プラン
月々払い
6,248円/月74,976円
年間プラン
一括払い
72,336円/年72,336円
月々プラン
月々払い
9,878円/月118,536円
税込

「Adobe CC コンプリートプラン」も公式サイトのプランで一番安いのは、「年間プラン 一括払い」です。

ただ、アフターエフェクトを使っていると、

となってくる可能性があります。なので、「Adobe CC コンプリートプラン」も検討しても良いかもです。

「Adobe CC コンプリートプラン」は、Adobe公式サイト以外で安く購入する方法があります。それは、Adobe製品の使い方を教えているスクールの学生になることです。

例えば、デジハリであれば、39,980円(税込)で12カ月分のAdobe CC を手に入れることができます。

学校卒業後の人や、社会人の方も申し込み可能なので、オススメです。

【Adobe CCが格安】デジハリのAdobeマスター講座とは?デメリット・評判

カメさん

学生になればお得に手に入るのはわかったけど、ちょっと抵抗が・・・

長谷川敬介

そんな方は、Adobe公式から購入するのがよろしいかと!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる