Lightroomプリセットで遊んでみませんか?

プロが教える!Luminar 4の5つの特徴と使い方を徹底解説【保存版】(プロモーションコード有)基本的な使い方、レタッチ例、Looks(プリセット)の使い方など

こんな悩みを解決

  • Luminar 4ってどんなことができるの?
  • 使い勝手はどうなのか知りたい
  • どんな便利な機能があるのか知りたい

こんにちは!プロカメラマンの長谷川です。

Luminar 4ってどんなことができる画像編集ソフトなの?」っと思っていませんか?

「興味はあるけど実際に自分が使いこなせるか不安」という方もいらっしゃると思います。

この記事では、Luminar 4の「5つの特徴」と使い方を徹底解説していきます!

カメさんのアイコン画像カメさん

今まで加工ソフトをあまり使ったことがないんだけど、僕でも使いこなせるかな?

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

調整は基本的にスライダーでやるから、初心者でも大丈夫だよ!実際、今まで加工ソフトを使ったことがない僕の父親も、Luminar 4を使えてるよ!
(簡単に僕の自己紹介すると、プロカメラマン歴6年、Photohop歴15年です。)

まずはじめにレタッチ例を3つご紹介します。

レタッチ例

(変更した項目やレタッチのポイントは、ページ下部に記載しています!)

Luminar 4は、「空」を自動で検知してくれるので、風景写真のレタッチが簡単にできます。

また「太陽光」を追加することもできるので、3つ目のレタッチ例のように、写真に「光」を追加することもできます!

結論:Luminar 4はこんな人にオススメです!
  • 風景写真を撮る人
  • 人物・ポートレートを撮る人
  • AI搭載の写真編集ソフトに興味がある人

\ プロモーションコード:KSKHで1,000円割引/

目次

Luminar 4とは?

Luminar 4とは

Luminar 4は、ソフトウェア開発会社「Skylum(スカイラム)」が制作した画像編集ソフトです。

前回のLuminar 3と同様に、「AI(人工知能)」が搭載されています。

価格は、10,560円の買い切り

なので、一度購入すればずっと使うことができます。

また「30日間返金保証」もあります。

Luminar 4の5つの特徴

では次は、Luminar 4の特徴を5つお伝えします。

5つの特徴
  1. AI(人工知能)が写真編集を手伝ってくれる
  2. ワンクリックで印象的な写真に仕上げることも可能(Looks)
  3. 初心者でもわかりやすい操作感
  4. 基本的な調整項目も揃ってる
  5. 写真の管理も可能

ひとつひとつ説明していきます!

1:AI(人工知能)が写真編集を手伝ってくれる

Luminar 4(ルミナー)5つの特徴

Luminar 4の一番の特徴は、AI(人工知能)が写真編集を手伝ってくれることです。

例えば、「AIスカイ・エンハンサー」というツールがあります。

これは、AI(人工知能)が空を認識してくれる機能です。

Luminar 4内の「AIスカイ・エンハンサー」の項目を調整するだけで、空のトーンを変えることができます。

Luminar 4(ルミナー)5つの特徴
Luminar 4(ルミナー)5つの特徴

「AI スカイエンハンサー」を調整した写真がこちらです↓

そのほかにも AI 機能のツールがあります。

3つご紹介します

  1. AIスカイ・リプレースメント
  2. AIスキン・エンハンサー
  3. ポートレート・エンハンサー

-1 AIスカイ・リプレースメントで空を入れ替える

まず、この動画を見たほうが、イメージをつかみやすいかも!

(41秒の動画なので、サクッと見れます!)

Luminar 4のAIスカイ・リプレースメント

AIスカイ・リプレースメント」は、空の部分を、簡単に別の空と入れ替えることができる機能。

入れ替える空は、すでに用意されている中(29コ)から選ぶこともできますし、自分で空の写真を用意して、その空の写真を素材として入れることも可能。

また空を入れ替えた時は、自動で写真全体のトーン(空以外の部分)も自動で調整してくれます。

カメさんのアイコン画像カメさん

写真の雰囲気を、簡単に変えることができるんだね!

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

うん!すでにいくつか「空」の素材が用意されているし、自分でオリジナルの空を入れることもできるよ!

(Twitter内に動画があります!動画で操作感を見たい方は、「再生」をクリックしてください!)

-2 AIスキン・エンハンサーとポートレート・エンハンサーで肌や顔のパーツを修正

こちらも動画があります!

Luminar 4のAIスキン・エンハンサー
AIスキン・エンハンサー

AIスキン・エンハンサー」と「ポートレート・エンハンサー」は、名前の通り人肌を修正するのに便利な機能です。

なので、人物・ポートレート撮影をしている方に、すごく役立つ機能。

AIが自動で人の肌の部分を認識してくれるので、Photoshopのように選択範囲を作成する必要がないです。

人の肌の部分を自動で認識してくれるのは、本当に助かります。

また、僕自身、Photoshopで人の肌を修正したことがありますが、この時にすごく難しいのが「肌の質感を残しながら修正」することです。

「AIスキン・エンハンサー」だと、毛穴や肌の質感を保持しながら、なめらかな肌にできるでかなり便利です。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

この処理がスライダー操作だけで、できるのがすごいです!

-3 ポートレート・エンハンサー

Luminar 4のポートレートエンハンサー

次に「ポートレート・エンハンサー」ですが、機能は、

  • フェイスライト
  • 顔の輪郭
  • 歯のホワイトニング
  • 眉毛
  • くま
  • 唇の赤み

などを、顔のパーツを簡単に修正することができます。

例えば、さっきの画像に

  • フェイスライト:100
  • スリムフェイス:100
  • 目を大きくする:100
  • 唇の発赤:100

を加えると下記のようになります。

(やりすぎると人形っぽくなるので注意)

「AIスキン・エンハンサー」で全体を整え、「ポートレート・エンハンサー」で目や輪郭など、部分的なとこを調整していくといった流れがスムーズだと思います。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

個人的には、顔だけを明るくできる「フェイスライト」、顔の輪郭を細くできる「スリムフェイス」がお気に入りです!

2:ワンクリックで印象的な写真に仕上げることも可能(Looks)

Luminar 4(ルミナー)5つの特徴

Luminar 4には、Looks(プリセット)の機能もあります。

このLooksを選択するだけで、写真の印象をガラっと変えることができます。

例えば「Warm Sunset」というプリセットを適応させると、こんなカンジになります!

このLooks(プリセット)適応後も、編集ツールで微調整することが可能。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

なので「まずLooksで写真のトーンを決めて、あとは微調整しよう!」という使い方もできます!

Looksの数は約70コ

Luminar 4(ルミナー)5つの特徴

Luminar 4には、Looksが約70コ用意されています。

場所は「コレクション」内にあります。

「コレクション」とは、パソコンでいうと「フォルダ」みたいなもの。

「フォルダ > ファイル」のように、「コレクション > Looks(プリセット)」となってます。

このコレクションは、初期で7つあり、それぞれのコレクションに約10コずつLooksが用意されています。

またこのLooksは、Skylum(スカイラム)のサイトから、追加することも可能。(有料)

詳しくは、「【初心者向け】Luminar 4 Looksの使い方と追加方法」を参考にしてください。

3:初心者でもわかりやすい操作感

Luminar 4の編集画面
Luminar 4の編集画面

「Luminar 4」は初心者でも使いやすい画像編集ソフトです。

もちろん最初は少し操作に悩むかもしれませんが、おおよそ2〜3時間もあれば、操作に慣れることができると思います。

Lightroomでのレタッチ経験がある人はもっと早く慣れることができます。

「Lightroom」も「Luminar 4」も、基本は項目を選択してスライダー操作で行います。

編集画面の構成は、

  • Lightroom:画面左・「写真管理(フォルダーアルバム)」 画面右・「編集ツール」
  • Luminar 4:画面右に「写真管理(フォルダーやアルバム)」「編集ツール」が集約

といった感じです。

実際の画面を使って解説したほうが伝わりやすいと思うので、次は画面を使いながら画像編集の流れをお伝えします。

Luminar 4の使い方(写真を明るく)

画像編集のおおまかな流れは、以下の通りです。

  1. 編集を選択
  2. 画面右にある編集項目のから1つを選ぶ
  3. 編集したい項目のツールを選ぶ
  4. スライダー操作で調整する

「写真を明るくしたい」ケースを例にして、解説していきます。

まず「ライブラリ」の状態で、写真を選択します。

「ライブラリ」とは、写真を管理する画面のこと

次に、編集したい写真を選択した状態で、画面右上の「編集」を選択。

Luminar 4 画像編集の流れ
編集を選択

すると画面の右側が「編集」パネルに切り替わります。

Luminar 4 画像編集の流れ
「編集」パネルが表示

明るさ(露出)の項目は、「エッセンシャル > ライト > 露出」にあります。

なのでまず、「編集」パネルにある項目から「エッセンシャル」を選択。

Luminar 4 画像編集の流れ
エッセンシャルを選択

すると「エッセンシャル」内のツールが表示されます。

露出を調整したいのでライト」を選択。

Luminar 4 画像編集の流れ
「ライト」を選択

「ライト」を選択すると、「ライト」内の項目が表示されます。

この中の「露出」のスライダーを右に持っていくと、写真を明るくすることができます。

Luminar 4 画像編集の流れ
スライダーで明るさ調整
長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

基本的にスライダー操作で調整するので、初心者でも簡単に扱うことができます!

4:基本的な調整項目も揃ってる

「Luminar 4」は、AI(人工知能)を使って画像を編集できるソフトですが、編集の基本的な機能も揃っています。

一部紹介すると、

  • 切り抜きと回転
  • レンズ補正
  • 色温度
  • 色合い
  • 彩度
  • ノイズ軽減
  • ディティール補正
  • 覆い焼き・焼き込み

など

があります。

また「Luminar 3」にもあった機能

  • AI Accent(Accent AI フィルター)
  • AIスカイエンハンサー
  • プリセット

も受け継いでいます。

ツール一覧

luminar4
ツール一覧

5:写真の管理もできる

luminar4のライブラリ機能
ライブラリ機能

「Luminar 4」には、ライブラリー機能もあるので写真の管理もで可能。

  • 評価(レーディング・お気に入り)
  • 並べ替え
  • フォルダ管理

などがあります。

ライブラリ機能

luminar4のライブラリ機能
ライブラリ機能

なので、

  • 撮影した写真をひと通り取り込み
  • お気に入りの写真に「レーディング(5つ星)」をつける
  • レーディング順に写真の並び替えをする

っといった使い方もできます。

Luminar 4の注意点とは?

AIが画像編集を手伝ってくれたり、とても便利なLuminar 4ですが、苦手な部分もあります。

3つご紹介します。

Luminar 4の注意点
  1. 文字入力の機能がない
  2. HDR合成ができない
  3. 動作が若干重い

1:文字入力の機能がない

Luminar 4には、文字を入力する機能はありません。

なので、写真に「クレジット」や「ウォーターマーク」を入れたいときは、別ソフトを使う必要があります。

2:HDR合成ができない

Luminar 4には、HDR合成の機能はないです。

HDR合成をしたい場合は、「Aurora HDR 2019」を検討してみても良いかもです!

「Aurora HDR 2019」も、この「Luminar 4」を販売しているSkylum(スカイラム)社のソフトです。

参考:HDR合成ソフト「Aurora HDR 2019」の特徴・使い方

3:動作が若干重い

Luminar 4のデメリットとして「動作が重い」という意見があります。

個人的には重さを感じないのですが、パソコンのスペックによっては重く感じるかもです。

公式サイトに記載されている「技術仕様」を確認して、購入することをオススメします。

Luminar 4の価格と内容解説

次は、Luminar 4の価格と内容について解説します!

Luminar 4には、3つのプランがあります。

どれも買い切りです。

セール中は、内容が変わることがあります。公式サイトで内容をご確認ください。

Luminar 4 3つのプラン
  • INSPIRATIONエディション
  • PLUSエディション
  • MAXエディション

3つのプラン内容を比較

INSPIRATIONエディションPLUSエディションMAXエディション
内容・Luminar 4
・Luminar 4
・Luminar AI(先行予約)
・Luminar 4
・Luminar AI(先行予約)
・Aurora HDR
解説・写真編集ソフト
・写真編集ソフト
・写真編集ソフト(年末発売予定)
・「AI 空の拡張」用の画像
・写真編集ソフト
・写真編集ソフト(年末発売予定)
・HDRソフト
価格¥ 10,560¥ 19,340¥ 26,540
割引後の価格¥ 9,560¥ 18,340¥ 25,540

ちなみに、どの「RAWファイル」に対応してるかどうか確認したい方は、「サポートされているカメラリスト」をご覧ください。

created by Rinker
ソフトウェア・トゥー
¥9,504 (2020/09/26 17:05:20時点 Amazon調べ-詳細)

Luminar 4はバージョンアップし続けてくれる

Luminar 4は過去に3回、大きいバージョンアップがありました。

Luminar 4.1アップデートまとめ
  • 霧がかかった大気追加
  • 新しい消しゴムツール技術
  • ポートレート・エンハンサーツールのアルゴリズムの改善
  • 調整スライダーの追加
  • パフォーマンスと安定性の向上。
  • プラグインがPhotoshop 2020に完全対応
Luminar 4.2アップデートまとめ
  • AI 空の拡張
  • ポートレートツールテカリ除去
  • ポートレートツールスリムフェイス2.0
Luminar 4.3アップデートまとめ
  • 新しい検索機能
  • 一瞬で500PXに共有
  • より良いスピードとパフォーマンスを
  • 改良されたAI空の拡張で宇宙征服
  • プレビューを瞬時に表示

買い切りタイプですけど、こうしてバージョンアップをしてくれると嬉しいですね!

購入~インストール方法を画像付きで解説! – 割引プロモーションコード有

「Luminar 4を使ってみたいけど、どうやってインストールするの?」という方のために、「Luminar 4のダウンロード&インストール」について、画像を使いながらお伝えします。

カメさんのアイコン画像カメさん

ネットの買い物にあまり慣れてないから不安だな。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

画像付きで解説するから、画面の通りに進めてくれれば大丈夫だよ!

Luminar 4を使用するまでの流れは、「デモ版をインストールする」→「ライセンス認証(アクティベート)して、正規版として使う」という感じです。

なので、全体の流れは以下のようになります!

全体の流れ
  1. Luminar 4のサイトにアクセスして購入
  2. Luminar 4をダウンロード
  3. ダウンロードしたファイルを開く
  4. Luminar 4をインストールする
  5. Luminar 4をアクティベート(ライセンス認証)する

プロモーションコードの割引が使えるのは、公式サイトのみです。

STEP
手順1:Luminar 4のサイトにアクセスして購入-プロモーションコード「KSKH」

まず「Luminar 4の購入」の流れを説明をします。

まずサイトで任意のプランを選び、今すぐ購入」をクリック。

情報入力フォームが表示されるので、プロモーションコードを入力」をクリック。

Luminar 4をダウンロードして使用する方法

するとプロモーションコード入力欄が表示されるので、こちらにKSKH」と入れて適用します。

Luminar 4をダウンロードして使用する方法

これで1000円割引になります。

あとは、お名前やクレジット情報などを入力し「お支払い」をクリック。

Luminar 4をダウンロードして使用する方法
STEP
手順2:Luminar 4をダウンロード

無事に購入ができると、先ほど入力したメールアドレスにSkylumからメールが届きます。

メール内には、Mac版とWindows版のリンクがあります。

ご自身の環境に合わせて、ダウンロードします。

STEP
手順3:ダウンロードしたファイルを開く

ダウンロードしたら、 ダウンロードファイルをダブルクリックで開きます。

Luminar 4をダウンロードして使用する方法
STEP
手順4:Luminar 4をインストールする

ファイルを開くと、Luminar 4のインストール画面が立ち上がります。

ライセンス契約を読んで、右下の同意するをクリック。

Luminar 4をダウンロードして使用する方法

次は、Luminar 4の保存先と、プラグイン使用を選択します。

もしPhotoshop や Lightroom のプラグインとしても使用したい場合はチェックを入れてインストールをクリックします。

しない場合は、そのまま「同意する」をクリックして大丈夫です!

Luminar 4をダウンロードして使用する方法

すると、インストールが始まります

椅子に座って呼吸を整えながら待ちます。

Luminar 4をダウンロードして使用する方法

この画面になったらインストールが完了しています。

メールアドレス」を入力して、「Luminar 4を起動」をクリックします。

Luminar 4をダウンロードして使用する方法
長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

メルマガを希望しない人は、下のチェックを外しましょう!

この画面まで来たら、あと一歩です。

Luminar 4をダウンロードして使用する方法

現状は、試用版(デモ版)として使える状態です。

正規版として、使い続けるためにもアクティベート(ライセンス認証)をする必要があります。

STEP
手順5:Luminar 4をアクティベート(ライセンス認証)する

表示された画面内のアクティベート」をクリック。

Luminar 4をダウンロードして使用する方法

メールアドレス」と「アクティベーションキー」を入力して、その右下にある「アクティベート」をクリックします。

Luminar 4をダウンロードして使用する方法
STEP
完了!
Luminar 4をダウンロードして使用する方法

こんな感じの画面が表示されたら、無事に完了です!

下記のようなページが表示されたら、閉じて大丈夫です!

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

おつかれさまです!

下記のようなページが表示されたら、閉じて大丈夫です!

Luminar 4をダウンロードして使用する方法

ではせっかく購入したので、全力でLumianr 4を楽しみましょう!

\ 30日間返金保証 /

Luminar 4の使い方

では次は

  • Luminar 4の使い方を知りたい
  • 基本的な使い方から知りたい
  • 購入前に使い方をしっておきたい

と思ってる方に向けて、「Luminar 4の画面の見方と使い方」についてお伝えします。

カメさんのアイコン画像カメさん

画像編集ソフト、あまり触ったことがなくて自分でもできるか不安・・・

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

はじめから全部覚える必要はなくて、徐々に慣れていけば大丈夫だよ!

初心者の方は、下記解説を見ながら

  1. 画像の読み込み
  2. 編集 > エッセンシャル
  3. 画像をエクスポート

にチャレンジしてみてください!

Luminar 4の画面の見方と基本的な使い方

まず、Luminar 4の画面構成から覚えておきましょう。

これがわかると、「Luminar 4で具体的にどんなことができるのか」が理解できます。

Luminar 4の初期の画面では、3つのパーツから構成されています。

  1. キャンバス
  2. 編集ツールバー
  3. サイドパネル

それぞれのパーツに、どんなツールがあるのか見ていきましょう。

1:キャンバス

Luminar 4の画面構成

「キャンバス」には、

  • ライブラリー(複数の写真)
  • 単一の写真

が表示されます。

(切り替えの方法は、後述します)

2:編集ツールバー

Luminar 4の画面構成

画面上部にあるのが「編集ツールバー」です。

「編集ツールバー」には、大きく分けて8つの項目があります。

Luminar 4の画面構成

左から、

  1. 画像の読み込み
  2. プリセットの表示非表示
  3. 画像表示の拡大縮小
  4. 比較ボタン(クイックプレビュー・比較ボタン)
  5. 切り抜き
  6. 画像共有(画像の書き出し)
  7. モードの切り替え(ギャラリーモード・シングルモード)
  8. 表示の切り替え(ライブラリー・編集・情報)

です。

ひとつひとつ見ていきましょう!

1 – 画像の読み込み
Luminar 4の画面構成

1番左にあるのが「画像の読み込み」ボタンです。

Luminar4に、写真を読み込むことができます。

ボタンをクリックすると、2つの項目が表示されます。

  • 画像入りフォルダーを追加:フォルダ単位で読み込み
  • 単一画像の編集:画像1枚のみ読み込み

どちらかを選択して、画像を読み込みます。

2 -プリセットの表示・非表示
Luminar 4の画面構成

左から2つ目にあるのが、「プリセットの表示・非表示」ボタンです。

これをクリックすると、画面下にLooksパネルが表示されます。

Looksは、Instagramのフィルターのような機能。

Looksを選択すれば、ワンクリックで写真の印象を大きく変えることができます。

Luminar 4の画面構成

プリセット=Looksです。

画面上部の「ビュー > Looksパネルを表示/非表示」でもできます。

3 -画像表示の拡大・縮小
Luminar 4の画面構成

左から3つ目にあるのが、「画像表示の拡大・縮小」ボタンです。

画像表示を拡大・縮小できます。

「%」で選ぶこともできますし、「+」「−」で変更することもできます。

ショートカットキーを覚えておくとレタッチスピードを上げることができます!

MacWin
拡大 + ctrl + 
縮小 + ctrl + 
画面にフィット + 0ctrl + 0
長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

僕のMacでは、拡大: + Shift + でした。うまくできない時は、お試しください。

4 -比較ボタン(クイックプレビュー・比較ボタン)
Luminar 4の画面構成

左から4つ目にあるのが、比較ボタン

これは編集前の写真と、編集後の写真を比較することができます。

比較の仕方は、2通りあります。

  • クイックプレビュー(左):マウスを押している間、編集前の画像が表示されます。マウスから指を離すと編集後の画像が表示されます。
  • 比較ボタン(右):画像に垂直のストリップが表示され、画像が分割されます。編集前の写真が左側、編集後の写真が右側に表示されます。このストリップは左右にドラッグすることが可能です。
長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

個人的には「クイックプレビュー」の方をよく使います!

5 -切り抜き
Luminar 4の画面構成

画像を切り抜き(トリミング)するツールです。

「切り抜き」選択すると、「切り抜き画面」に切り替わります。

また切り抜きだけではなく、回転、反転もできます。

切り抜きツールの画面

Luminar 4の画面の見方
切り抜きツールの画面
6 -画像共有(画像の書き出し)
Luminar 4の画面構成

左から6つ目にあるのが「画像共有ボタン」です。

編集した画像は、ここから画像を書き出します。

一番上の「画像をエクスポート」を選ぶと、書き出し保存ができます。

Luminar 4の画面構成

また、「その他のアプリで開く」からアプリを選択すると、PhotoshopやLightroomで開くことができます!

7 -モードの切り替え(ギャラリーモード・シングルモード)
Luminar 4の画面構成

ギャラリーモード:ライブラリ画面に切り替えることができます。

シングルモード:選択した写真1枚を表示させます。

ギャラリーモード

Luminar 4の画面構成
ギャラリーモード

シングルモード

Luminar 4の画面構成
シングルモード
8 -表示の切り替え(ライブラリー・編集・情報)
Luminar 4の画面構成

画面の右上のボタンでは「サイドパネル表示の切り替え」ができます。

サイドパネルには、以下の3つがあります。

ライブラリー:フォルダとアルバムを表示します。

編集:編集ツール(露出・色温度など)を表示します。

情報:選択した画像のファイル情報、メタデータ等が表示されます。

Luminar 4の画面構成
長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

使用頻度が高いのは「ライブラリ」と「編集」!

3:サイドパネル

Luminar 4の画面構成

次は画面右にある「サイドパネル」についてお伝えしていきます。

サイドパネルは、「ライブラリー」「編集」「情報」3つを切り替えて表示させます。

ここでは「編集」について、詳しく見ていきましょう!

サイドパネルの「編集」

サイドパネルの「編集」には、大きく分けて6つの項目があります。

Luminar 4の画面構成
  1. レイヤー
  2. キャンパス
  3. エッセンシャル
  4. クリエイティブ
  5. ポートレート
  6. プロフェッショナル

各項目の中に、様々なツールが収納されています。

Luminar 4で編集を行いたいときは、まずこの6つのどれかを選択し、その中に収納されているツールを選択します。

例えば、「AI スカイ・リプレースメント」を使いたい場合は、

  1. クリエイティブを選択、
  2. AI スカイ・リプレースメントを選択

という流れで行います。

次は、それぞれの項目に何が収納されているのか見ていきましょう!

1 – レイヤー
Luminar 4の画面の見方
Luminar 4の画面の見方

「レイヤー」は、

  • 新規調整レイヤーの追加
  • 新規画像レイヤーを追加
  • 新規スタンプレイヤーを追加
  • レイヤーを複製

といった項目があります。

新規調整レイヤーを追加してから編集を行うと、それぞれのツールは新規調整レイヤー内に収納されます。(グループ化みたいなもの)

たくさんのツールを使うときは、新規調整レイヤーを作っておくと管理しやすいです。

また、レイヤー単位(グループ)で、「透明度」「ブレンド」「マスク」操作も行うことができます。

2 -キャンパス
Luminar 4の画面の見方
Luminar 4の画面の見方

「キャンバス」には

  • 切り抜きと回転
  • 消去
  • コピー&スタンプ
  • レンズとジオメトリ

の項目があります。

「レンズとジオメトリー」は、レンズの歪み補正やパースの調整などができます。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

切り抜きと回転は、画面上部の編集ツールバーからもアクセスできます。

3 -エッセンシャル
Luminar 4の画面の見方
Luminar 4の画面の見方

「エッセンシャル」には

  • ライト
  • AI 補正
  • AI ストラクチャー
  • カラー
  • 白黒変換
  • ディテール補正
  • ノイズ軽減
  • ランドスケープ・エンハンサー
  • ビネット

の項目があります。

それぞれの項目内に、複数のツールが収納されています。

例えば、1番上のライトの項目には、

  • 色温度
  • 色合い
  • 露出

などの項目があります。

例えば「露出」を変更したいときは、

  1. 画面右上の「編集」を選択
  2. エッセンシャルを選択
  3. ライトを選択
  4. 露出のスライダーで調整する

という流れになります。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

ちなみに、エッセンシャルは、「絶対必要な」「必須の」言う意味です。なので、基本的な調整ツールが収納されている項目です。(たぶんそういう意味だと思います笑)。

4 -クリエイティブ
Luminar 4の画面の見方
Luminar 4の画面の見方

「クリエイティブ」には、

  • AI スカイ・リプレイスメント
  • 太陽光
  • ドラマチック
  • マット
  • 神秘的
  • カラースタイル(LUT)
  • テクスチャオーバーレイ
  • グロー
  • フィルムグレイン

があります。

名前の通り、画像をクリエイティブに仕上げるツールが、収納されています。

カメさんのアイコン画像カメさん

「エッセンシャル」で基本的な調整をして、「クリエイティブ」でさらに印象的な写真に仕上げるとスムーズに加工できるかも!

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

「エッセンシャル」の下に「クリエイティブ」があるので、そういう意図かもしれないね!

5 -ポートレート
Luminar 4の画面の見方
Luminar 4の画面の見方

ポートレートには、

  • AI スキン・エンハンサー
  • ポートレート・エンハンサー
  • ハイキー
  • オートン効果

があります。

6 -プロフェッショナル
Luminar 4の画面の見方
Luminar 4の画面の見方

プロフェッショナルには

  • 高度なコントラスト
  • 調整可能のグラデーション
  • 覆い焼き&焼き込み
  • 色補正
  • 写真フィルター
  • スプリットトレーニング

の項目があります。

補助ツール
Luminar 4の画面の見方

最後に補助ツールについて解説します!

画面右下に、2つの補助ツールがあります。

  • 履歴
  • 「・・・」

履歴をクリックすると編集履歴が表示。

履歴をさかのぼって、「再度編集する」ことができます。

「・・・」の中には

  • リセット調整
  • コピー調整
  • ペースト調整

などの項目があります。

Luminar 4の画面の見方

リセット調整をクリックすると、編集がリセットされオリジナルの状態に戻ります。

上手に編集できなかった時は、リセット編集を押して最初の状態に戻すといいです!

また調整した内容を「コピー&ペースト」もできます。

\ 30日間返金保証 /

レタッチ例の紹介

「レタッチの仕方がわからない」という方は、こちらを参考にしてみてください!

調整した項目とポイント

調整項目

  • ライト – 色合い:+30
  • AI補正 – AI Accent:+30
  • カラー – 自然な彩度:+30

意識したことは、水面の反射を目立たせること。

色味を加えて、水面のグラデーションを強調!

また色合いをマゼンタにして、朝らしさを強調!

調整した項目とポイント

調整項目

  • ライト – 色温度:-20
  • ライト – 色合い:+20
  • AI補正 – AI Accent:+50
  • カラー – 自然な彩度:+30
  • 太陽光追加

色温度を下げて「朝の静けさ」を、色合いで桜の色味を強調。

アクセント・彩度をプラスして写真全体を整えたら、

最後に、太陽光を追加して奥の山から朝日が漏れてるような情景に。

調整した項目とポイント

調整項目

  • ライト – 色合い:-40
  • AI補正 – AI Accent:+30
  • AI補正 – AI スカイエンハンサー:+20
  • ランドスケープ・エンハンサー – 樹木の増強:+15 

AI スカイエンハンサーで空の色味を濃く、AI Accentで全体調整。

色合い変えて「初夏」っぽく。

樹木の増強で草木を元気に!

調整した項目とポイント

調整項目

  • AI補正 – AI Accent:+50
  • AI補正 – AI スカイエンハンサー:+20
  • ランドスケープ・エンハンサー – 樹木の増強:+30
  • グロー – 量:+40

AI Accentで全体調整。

AI スカイエンハンサーで空の色味を濃く、樹木の増強で草木を元気に!

グローを加えて、優しい雰囲気に!(”日の光を浴びて喜んでいる草木”を演出)

調整した項目とポイント

調整項目

  • AIストラクチャ – 量:+30
  • ランドスケープ・エンハンサー – ゴールデンアワー:+50
  • ランドスケープ・エンハンサー – 樹木の増強:+10

ゴールデンアワーで夕日の色味を強調。

画面下の草木は、AIストラクチャで”質感”を樹木の増強で”色味”をプラスして、画面全体の奥行き感を強調。

調整した項目とポイント

調整項目

  • AI補正 – AI Accent:+100
  • AIスカイ・リプレースメント:Blue sky 5

【ポイント】

AI Accentで、写真全体の色味とアクセントを強調。

AIスカイ・リプレースメントで空を入れ替え、空に雲を追加。

\ 30日間返金保証 /

Luminar 4のLooksとは?

Luminar 4のLooksってどうやって使うの」と思っていませんか?

ワンクリックで写真の印象を変えれるLooksですが、どうやって使ったらいいかわからない方もいらっしゃるかと思います。

そこでここからは、「Luminar 4 Looksの使い方と追加方法」についてお伝えします。

Luminar 4のLooks(プリセット)を使うと、数クリックで写真の印象を変えることができます。

カメさんのアイコン画像カメさん

せっかくLuminar 4を買ったんだけど、まだ使いこなせてなくて・・

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

画像付きで解説するから、画面の通りにやってくれれば大丈夫だよ!Looksがわかると、Luminar 4の写真編集がもっと楽しくなるよ!

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

まずどんなことができるのか、ザックリ把握しましょう!

Luminar 4には、はじめから7つのLooksコレクションが用意されています。

  • Essential:エッセンシャル
  • Street:ストリート
  • Landscape:風景写真
  • Portrait:ポートレート
  • Lifestyle:ライフスタイル
  • Dramatic:ドラマチック
  • Aerial:航空写真
Luminar 4のLooksとは

ひとつコレクション内には、だいたい10コほどのLooks(プリセット)があります。

なのでトータル約70コのLooks(プリセット)が用意されています。

Looksを選択するだけで、写真の印象をガラっと変えることができますし、適用後さらに微調整することも可能。(詳しくは後述)

「Luminar 4の画面構成が、ちょっと違う・・」っという方は、バージョンが古い可能性があるので、この機会にアップデートしておくことをオススメします

参考:Luminar 4.1.0 アップデート!追加・強化された内容とアップデート方法

Luminar 4 Looksの使い方

Looks(プリセット)の使い方は、簡単です。

全体の流れ
  1. Luminar Looksコレクションから、好きなコレクションを選ぶ
  2. Looks(プリセット)を選択
STEP
Luminar Looksコレクションから、好きなコレクションを選ぶ

まず、Luminar Looksコレクションを開きます。

場所は、画面下部のLuminarプリセットの右にあるコレクション名です。

Luminar 4 Looksの使い方
長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

現在選択しているコレクション名が表示されてます。

Luminar 4 Looksの使い方

Looks(プリセット)が表示されていない場合は、画面上部の「プリセット」をクリックすると表示されます。

Looks(プリセット)表示方法

するとコレクション一覧が表示されます。

Luminar 4 Looksの使い方
STEP
Looks(プリセット)を選択

任意のコレクションを選択。(今回は「Landscape」を選択)

Luminar 4 Looksの使い方

すると、画面下部のプリセット一覧に「Landscape」内のプリセットが表示されます。

Luminar 4 Looksの使い方

お好きなプリセットを選択。
(今回は「Autumn Colors」)

Luminar 4 Looksの使い方

これで完了です!

プリセット選択後、キーボードの「win:Ctrl」「Mac:⌘」を押しながら、「←」「→」を押すとほかのプリセットに変更することができます!

Luminar 4 Looksをもっと使いこなそう

では次は、先ほど適応したLooks(プリセット)を微調整してみましょう!

やり方は2つ。

Looks(プリセット)の微調整方法
  1. Looks(プリセット)の適応量を変化させる
  2. フィルターを調整

1:Looks(プリセット)の適応量を変化させる

Looks(プリセット)を適応すると、Looks名の部分にスライダーが表示されます。(初期状態:100%)

Luminar 4 Looksをもっと使いこなそう

このスライダーを移動させて、適応量を変えることができます。

Luminar 4 Looksをもっと使いこなそう

例えば、Looks(プリセット)の適応量を50%にしたい場合は、スライダーを50の位置に移動。

Luminar 4 Looksをもっと使いこなそう

これで、Looks(プリセット)適応量を100→50にできます。

2:フィルターを調整

Looks(プリセット)適応後に、フィルターで調整することも可能。

こちらの方法だと、編集項目の1つひとつを独自に調整することができます!

Luminar 4 Looksをもっと使いこなそう

Looks(プリセット)を変化させると、フィルターの項目も変化します。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

変化したフィルターの項目を調整すると使いやすいかも!

変化したフィルターの見分け方

Looksを適応させて変化したフィルターは、フィルター名が白くなります。(初期状態:グレイ)

Luminar 4 Looksをもっと使いこなそう

例えば、「Autumn Colors」を選択すると、エッセンシャル内の

  • AI補正
  • AIストラクチャ
  • カラー
  • ランドスケープ・エンハンサー

が白くなります。

Luminar 4 Looksの追加方法

Luminar 4は、ほかにもLooks(プリセット)が用意されています。(有料)

なので、新たにLooks(プリセット)追加することも可能。

Looks(プリセット)追加方法の流れ
  1. Luminar Looksコレクションから「Get More」を選択
  2. Luminar Marketplace内で追加したい「Looksコレクション」を選択して購入
  3. ダウンロードしたファイルを解凍
  4. 「Luminar Looksコレクションを追加」から、コレクションを追加する
STEP
Luminar Looksコレクションから「Get More」を選択

まず、Luminar 4の画面からLuminar Looksコレクションを表示させます。

Luminar 4 Looksの追加方法

次にLuminar Looksコレクション内のGet More」をクリック。

Luminar 4 Looksの追加方法

するとLuminar Marketplaceページ(SKYLUMのwebサイト内)が表示されます。

STEP
Luminar Marketplace内で追加したい「Looksコレクション」を選択して購入

LOOKSをクリック。

Luminar 4 Looksの追加方法

すると販売されているLooksが表示されるので、購入したいLooksコレクションの「今すぐ購入」をクリック。

Luminar 4 Looksの追加方法

販売されているLooksコレクションは、「Luminar 4」と「Luminar 3」のモノがあります。

Luminar 4のLooksコレクションを選びましょう!

Luminar 4 Looksの追加方法

入力フォームが表示されるので、項目を入力して「お支払い」をクリック。

Luminar 4 Looksの追加方法

すると、「ご注文ありがとうございます」の画面が表示されるので、今すぐダウンロード」をクリック。

Luminar 4 Looksの追加方法
STEP
ダウンロードしたファイルを解凍

次は、Luminar 4に取り込むために、ダウンロードしたファイルを解凍していきます。

Luminar 4 Looksの追加方法

もう一度、解凍。

Luminar 4 Looksの追加方法

購入したコレクション名が出てきたら、準備OK。

Luminar 4 Looksの追加方法
STEP
「Luminar Looksコレクションを追加」から、コレクションを追加する

Luminar 4の画面に戻って、左上のメニューからLuminar Looksコレクションを追加」をクリック。

Luminar 4 Looksの追加方法
メニュー
Luminar 4 Looksの追加方法

そして、先ほど解凍しておいたLooksコレクションを選択します。

Luminar 4 Looksの追加方法

すると、下記の画面が表示されます。

OK」をクリックします。

Luminar 4 Looksの追加方法

【日本語訳】

california Blue Looksが正常に追加されました。
これらのLuminar Loolsには、Luminar Looksパネルからアクセスできます。

Luminar 4を再起動して、Looksコレクションを確認してみます。

Luminar 4 Looksの追加方法

無事にインストール完了です!

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

おつかれさまです!

\ 30日間返金保証 /

Luminar 4の補助機能でできることとは?(追記)

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

ご質問頂いたので回答します!

便利なLuminar 4、補助機能もあります。

例えば、

  • レイヤー機能
  • ブレンド機能
  • マスク機能

です。

上記の3つの機能を使って、以下のような合成を行うこともできます!

Luminar 4でできること(追記)
元画像
Luminar 4でできること(追記)
合成の流れ
  1. 重ねたい画像を、レイヤーで重ねる
  2. ブレンドで重ね方を選ぶ(今回はオーバーレイを選択)
  3. マスク機能で、マスクをする

レイヤー機能の使い方

Luminar 4のレイヤーの機能について解説してきます。

レイヤー機能は3種類
  • 新規調整レイヤー
  • 新規画像レイヤー
  • 新規スタンプ付きレイヤー

今回のように画像を重ねたいときは、新規画像レイヤー」を追加します。

Luminar 4でできること(追記)

また追加した後に、「不透明度」を調整することも可能。

Luminar 4でできること(追記)

ブレンド機能の使い方

Luminar 4には、ブレンドで重ねた写真の「描画モード」を変更できます。

(上記の写真は、「オーバーレイ」を適応)

描画モードは14種類

  • ノーマル
  • 比較(暗)
  • 乗算
  • 焼き込み色
  • 比較(明)
  • 画面
  • オーバーレイ
  • ソフトライト
  • ハードライト
  • 差の絶対値
  • 減色
  • 色相
  • カラー
  • 輝度

「どの描画モードにしようかな」と悩んだ時、ひとつひとつ適応させる必要はなく、描画モード名の上にマウスオーバーするだけで、適応後がプレビューされます。

ちなみにですが、「描画モード」の変更方法は2つあります。

  1. ブレンドから変更:英語表記
  2. パネル右上の「…  > ブレンド」:日本語表記
Luminar 4のブレンド機能

パネル右上の「…  > ブレンド」は日本語表記なので、こちらの方がやりやすいかもです。

マスク機能について

Luminar 4にはマスク機能もあります。

マスク機能とは、レイヤー上の画像を一部非表示にできる機能です。(マスク=隠す)

マスクツールは4種類
  • ブラシ
  • 放射状マスク
  • グラディエイト・マスク
  • 輝度マスク
Luminar 4のマスク機能
Luminar 4の特徴をまとめ
  • AIを駆使した画像加工
  • 約30種類のツール
  • ライブラリー機能搭載。写真を管理・閲覧可能。
  • Mac・Windows対応
  • 買い切り 約9,700円

\ 30日間返金保証 /

コメント

コメント一覧 (34件)

  • Luminar関係の記事を興味深く拝見した一人です。
    Lightroomを使っていたのですが何分にもヴァージョンが古く最近はクラウド型になっており、RAW現像がカメラに対応できなくなって最近Luminar4を購入しました。
    2点ほど教えてください。
    ・Luminar4はプリンターの使い勝手が悪いのではと思います。いったん現像した画像をエクスポートし、それを別のプリントソフトで印刷しています。もっと効率の良い方法があればぜひ解説のほどお願いします。
    ・このようなソフトで、例えば空の感じを変えた場合、何かの作品展などに出展しても構わないものなのでしょうか。
    デジカメ歴5~6年の初心者ですが、70過ぎてから作品を額に入れ部屋に飾ってみたら、今まで以上にカメラに興味がわいてきております。よろしくご指導のほどお願いします。

    • mosei34 様

      コメントありがとうございます!
      作品を額に入れて部屋に飾るの、すごく良いですね!
      うちの父も2年ほど前からデジタル一眼をはじめて、同じように部屋に飾っています!

      さてまずプリンターの件ですが、先ほどLuminar 4で確認しましたところ「印刷」機能がありました。
      場所は、画面左上の「ファイル」>「印刷」です!
      一度確認してみてもよいかもです!

      作品展の件ですが、ほぼ問題ないと思います。
      もう少し具体的にお伝えしますと、「空の感じを変える」というのは2パターン考えられます。
      1) 空の明るさや色味を調整する
      2) 空を別の空と入れ替える

      1のパターンでは、ほぼ問題ないと思います!(やりすぎはNG)
      っと言いますのも、
      ・撮影時にハーフNDフィルターなどレンズフィルターで同様の効果を得られる
      ・最近は「ある程度の画像調整は当たり前」になっている
      ・審査員・一般の方も「画像調整を見極めるのは困難」
      だからです。
      「この調整は大丈夫かな?」と思われたときは、上記3つ視点で考えるのもアリかもです!

      2のパターンで一般的な写真展に出展するのは控えたほうが良いかと思います。
      ただし写真展の中には、「合成もOK」の写真展もあるので、その場合は大丈夫です!

      またもしわからないことあれば、お気軽にコメントください!

  • 2つのPCで使えるとありますが、
    PCが壊れた場合、新たにインストールできるのでしょうか??

    • otsuta1さん、コメントありがとうございます。
      PCが壊れた場合は、難しいかもです。
      Luminar 4のコミュニティページで以下のような記述がありました。
      <翻訳版>

      インストールの制限に達した場合は、いつでも古いマシンでアンインストールしてから、アカウントのライセンスをリセットできます。次に、新規インストールを実行してください。

      https://community.skylum.com/hc/en-us/community/posts/360006659400-Software-License
      なので今回の場合ですと、古いPCでLuminar 4をアンインストールする必要があります。
      故障してアンインストールすることが出来ない場合は、新たにインストールするのは難しい可能性が高いです。
      ちょっと判断が難しいので、サポートセンターに聞いてみるのもよろしいかと。
      あまりお役に立てず申し訳ございません。
      https://skylum.com/jp/support

  • 質問させてください┏︎Ф〝ペコッ
    今無料トライアル版をダウンロードして試しているのですが、1人ではなく、親子(母子)の写真でお母さんのみ肌を綺麗にするとかはできるのでしょうか??
    3人すべてに対応してしまいますか?
    宜しくお願いいたします(>人<;)

    • シカさん、質問ありがとうございます!
      「マスク機能」を使えば、「お母さんのみ」肌をキレイにするとが可能かと思います!
      やり方は、

      1. 肌を綺麗にする調整(AIスキン・エンハンサーなど)
      2. 「マスクを編集 > ブラシ」で適応したい部分をマウスでなぞる

      です!

      またもしわからないことあれば、お気軽にコメントください!

  • お尋ねします。
    ユーチューブを見ていたら、「フィルターカタログ」の中からフィルターを選択して編集しているシーンが有りましたが、どのLuminar4を買ってもフィルターカタログは使えるのでしょうか?

    • 小林様

      はじめまして。コメントありがとうございます!

      画面右のフィルターは、Luminar 4の基本機能になります。
      なので、購入サイトのどのLuminar 4を購入しても使用できます!

      また、画面下部のLooks(ルックス)と呼ばれる機能も同様です。
      こちらもLuminar 4の基本機能なので、どのLuminar 4を購入しても使用可能です。

      もしまたわからないことがあれば、お気軽にコメントください!

      よろしくお願いいたします。

      • ありがとうございました。もっと勉強します。
        今後もよろしくお願いいたします。
                小林 敏夫

        • 小林 様

          ご丁寧にご返信くださりありがとうございます。
          お役に立てたようでよかったです。
          こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

      • Lumlnar4 貴殿の記事みて購入したのですが インスピレーションとカルフォルニアの夕陽がセット販売されていましたが説明のオブジェクトを配置に反映されなく利用できませんがどうすれば良いのでしょうか
        ダウンロードも?したはずですが。

        • 谷口 様

          はじめまして。ご質問ありがとうございます。
          Lumlnar4のバージョンは、最新の状態でしょうか?(最新は、4.2)
          もしそれでも反映されない場合、こちらで対応するのが難しいです。
          なので、公式サイトにお問合せして頂けますと嬉しいです。
          お役に立てず申し訳ございません。
          公式お問合せページ:https://skylum.com/jp/support

          • 早速のご連絡ありがとうございました
            連絡先へ確認したら利用できるようになりました
            高齢でパソコンに知識が無く助かりまいした
            ご多忙中本当にありがとうございました
            貴殿の記事これからも拝見させて頂きますので宜しくお願いします

          • 谷口 様

            ご返信くださりありがとうございます。
            解決したようで本当に良かったです。
            引き続き、お互い写真を楽しみましょう。
            またわからないことがあれば、いつでも質問してください。
            よろしくお願いいたします。

  • お世話になります。
    Luminar 4の購入を考えているのですが、PCが古いので買い替えも検討しています。
    おすすめのノートパソコン等ありましたら教えてください。
    よろしくお願いいたします。

    • macha 様

      ご質問ありがとうございます。
      「おすすめのパソコン」とのことですが、人それぞれ条件が違うため一言でお伝えするのは難しいのですが、
      特にメーカーのこだわりがないのであれば、「マウスコンピューター」をおすすめしています。

      性能に対して価格が安いからです。

      例えば、ノートPC内ページの「ピックアップ」、左から3つ目「DAIV 5D」だと、必要なスペックはクリアしつつ価格も抑えめです。

      マウスコンピュータ

      DAIV/ノートPC

      参考になれば嬉しい限りです。

  • ご連絡ありがとうございます。
    「DAIV 5D」本気で検討しています。
    買ったらすぐにお知らせします。
    またいろいろと教えてください。
    macha

    • macha 様

      こちらこそ、ご丁寧にご返信くださりありがとうございます。
      お役に立てたようでよかったです!
      ご連絡お待ちしてますね!

  • 永年フォトショップエレメント8を使っていましたが、新しいカメラのRAWデータに対応できないので、画像編集ソフトの買い替えが必要と考えています。
    現時点ではキャノンG7マークⅡ、ペンタックスk-1マークⅡのRAWデータへの対応です。
    その際、フォトショップエレメントのアップグレードかルミナー4かで迷っています。値段はほとんど一緒です。
    画像編集は露出、ホワイトバランス、コントラストの変更などが主ですが、トーンカーブによる変更は難しくてよくわからないので自動調整機能を使う程度です。今後は、青空、肌色の編集、不要物の除去など写真そのものをより美しくする基本的な編集もしたいと思っています。それと、さらに、新しいカメラを購入した場合のRAWへの対応も無料でできる拡張性の視点も重要だと思います。編集ソフトとしてどちらを選択すべきかご教示頂ければ幸いです。
    よろしくお願いします。

    • 伊藤 様

      ご質問ありがとうございます。
      ご質問いただいた内容を考慮すると、Luminar 4を試してみてもいいのかなと思います。
      と言いますのも、「今後は、青空、肌色の編集、不要物の除去など写真そのものをより美しくする基本的な編集もしたい」とのことですので、これらを編集したいのであればLuminar 4の方が編集しやすいからです。

      「現時点ではキャノンG7マークⅡ」とのことですが、これは「G7 X Mark II」でしょうか?

      もし「G7 X Mark II」であれば、 「G7 X Mark II」も「ペンタックスk-1マークⅡ」も対応してるのでカメラ対応も問題なさそうです。
      参考:Luminar_4.1.0_Supported_Cameras.pdf

      RAW対応への拡張性については、どちらが優位なのか判断できないのですが、 一度Luminar 4を試してみて、もし合わないようでしたら返金をお願いするのもアリかと思います。(30日以内)
      ご参考になれば幸いです。

  • こんにちは。Luminar 4が気になり本ページにたどり着き、コメントさせていただきました。
    体験版を入れて、動作確認や機能確認を行っております。

    そのなかで、不要物の除去をしたいと思うのですが、やり方が分かりません。
    ご教示いただけたら、幸いです。
    以上、御回答宜しくお願い致します。

    • 撮り旅猫ひろさむ 様

      コメントありがとうございます。
      不要物の除去ですが、やり方は2つあります。
      ・消去
      ・コピー&スタンプ
      です。
      どちらも画面にある「キャンバス」ツールの中に収納されています。
      luminar4不要物の除去
      「消去」はLuminarが画像を解析して処理を行ってくれるため少し時間がかかります。
      なので個人的には「コピー&スタンプ」がオススメです。
      参考になれば幸いです。

      • こんにちは。
        お返事ありがとうございます。
        丁寧なご説明で、すごくよくわかりました。
        さっそくやってみたところできました!
        たしかに、消去は時間がかかりました。
        消去は、ここぞというときに使う方が編集テンポもいいですかね?(;´∀`)

        • 撮り旅猫ひろさむ 様

          こんばんは。
          ご返信ありがとうございます。
          お役に立てたようで良かったです。
          消去は、「ここぞというとき」&「そのほか重いソフトを起動していないとき」に使ったほうが良いと思います!

          • こんにちは。
            お返事ありがとうございます。

            たしかに、使いどころは考えたほうがよさそうですね(;´∀`)

            あともう一点気になったことがありまして、
            RAWファイルのレンズ補正を行う際に、ライトルームのような
            レンズプロファイル等で自動的に補正を行うことは可能でしょうか?

            以上、御回答宜しくお願い致します。

          • 撮り旅猫ひろさむ 様

            おはようございます。
            ご質問ありがとうございます。

            「レンズ補正を、レンズプロファイルから自動的に補正を行えるのか」の件ですが、おそらくないと思います。
            レンズ補正は、主に「キャンバス > レンズとジオメトリ」で補正すると思うのですが、こちらに「自動」の項目がないからです。
            手動でやる必要があるかと!

            よろしくお願いいたします。

          • 長谷川敬介様

            おはようございます。
            ご回答ありがとうございます。

            了解致しました。
            そのあたり、なんらかのアップデートで機能が追加されると嬉しいですね。

            また、わからないことがありましたら、
            お聞きさせていただきます。
            今後とも、よろしくお願い致します。

          • 撮り旅猫ひろさむ様

            おはようございます。
            ご返信ありがとうございます。

            そうですね。アップデートで機能が追加されるといいですね。

            またわからないことがありましたら、お気軽にコメントください。
            よろしくお願いいたします。

  • 長谷川敬介様

    こんにちは!
    先日、ルミナー4がアップデートされてバージョン4.3.0になったようなのですが、
    アップデート後あたりから、エクスポートが出来ないことがあります。
    具体的には、エクスポートのショートカットキーを押しても、メイン画面のエクスポートボタンから押していっても、
    エクスポートのダイアログ画面が表示されません。

    そちらでも同様の現象は発生していますでしょうか?

    以上、よろしくお願い致します。

    • 撮り旅猫ひろさむ様

      おはようございます。
      エクスポートの件、確認してみたのですが、僕の環境ではどちらでも問題なく書き出しができています。
      (「エクスポートのショートカットキー」「メイン画面のエクスポートボタン」)

      パソコンの再起動を行っても改善されない場合は、スカイラム社にお問合せすることをオススメします。
      HP:https://skylum.com/jp/support
      Twitter:https://twitter.com/luminar_jp

      よろしくお願いいたします。

  • こんにちは。
    お返事ありがとうございます。
    長谷川さんの環境では、再現されないということで、自分の環境に問題があったみたいですね。。

    ソフトの再起動では改善されなかったので、
    パソコンの再起動を行ったあたりから、発生しなくなりました。
    ひとまず、これで様子見したいと思います。

    いろいろとありがとうございます!

    • 撮り旅猫ひろさむ 様

      おはようございます。
      パソコンの再起動を行ったら、発生しなくなったとのこと良かったです!
      ご連絡ありがとうございます。
      そのまま問題なく使えると良いですね!

コメントする

目次
閉じる