Mac純正写真アプリでRAW現像をする方法・オススメRAW現像ソフト

こんにちは!カメラマンのけいすけです!

カメさんのアイコン画像カメさん

MacでRAW現像をしたい

カメさんのアイコン画像カメさん

Mac純正写真アプリだとどうやってやるの?

と思っていませんか?

この記事では、「Mac純正写真アプリでRAW現像をする方法」と「オススメのRAW現像ソフト」をお伝えします。

目次

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法

まず全体の流れをお伝えします。

全体の流れ
  1. アプリ内で編集した写真をダブルクリック
  2. 写真アプリの右上にある編集をクリック
  3. 編集したい項目を選択して調整・保存
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

では早速一緒にやってみましょう

1 写真アプリ内で編集した写真をダブルクリック

Mac純正写真アプリのRAW現像でできること

写真アプリを開くと写真が一覧で表示されています。

この中から編集したいRAWの写真を選び、ダブルクリックします。

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法

すると写真が拡大表示されます。

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法

2 写真アプリの右上にある編集をクリック

写真をダブルクリックして拡大表示したら、画面の右上に「編集」の項目が表示されます。

この「編集」をクリック。

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法

すると画面が、編集画面に切り替わります。

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法

3 編集したい項目を選択して調整・保存

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法

こちらの編集画面で調整していきます。

この写真アプリでできることは、大まか3つ。

  • 調整
  • フィルタ
  • トリミング
Mac純正写真アプリでRAW現像する方法
Mac純正写真アプリでRAW現像する方法
拡大表示
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

また「写真の情報」も見ることができます。

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法

実際に「明るさ」と「彩度」を調整してみます。

写真の明るさは、画面右にある「ライト」の項目で調整します。

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法

「ライト」の項目のスライダーを、右に移動させ写真を明るく。

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法
調整前
Mac純正写真アプリでRAW現像する方法
調整後

彩度は、「ライト」の下にある「カラー」で調整。

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法

先ほどと同様に「カラー」のスライダーを、右に移動させ彩度をあげます。

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法
調整前
Mac純正写真アプリでRAW現像する方法
調整後

調整が終わったら、保存します。

RAWのまま保存したい場合は、画面右上の「完了」をクリック。

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法

JPEGとして書き出したい場合は、「ファイル > 書き出す > 1枚の写真として書き出す」を選択。

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法

すると「書き出し」のダイアログが表示されます。

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法

詳細な設定を行いたい時は、「↓」をクリック。

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法

すると「JPEG品質」や「カラープロファイル」「サイズ」の設定ができます。

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法

設定が終わったら「書き出す」をクリックして、書き出す場所を指定したら、無事に書き出し完了です。

Mac純正写真アプリでRAW現像する方法

Mac純正写真アプリのRAW現像でできること

次は編集画面についてもう少し詳しく見ていきましょう。

繰り返しになりますが、調整できる項目は、

  1. 調整
  2. フィルター
  3. トリミング

の3つがあります。

それぞれの項目についてお伝えします。

1 Mac純正写真アプリ「調整」でできること

Mac純正写真アプリのRAW現像でできること

調整でできる事は、次の13コ。

  1. ライト:明るさ
  2. カラー:彩度
  3. 白黒
  4. レタッチ
  5. 赤目修正
  6. ホワイトバランス
  7. レベル
  8. カーブ:トーンカーブRGB
  9. 精細度
  10. カラーごとの調整
  11. ノイズ調整
  12. シャープ
  13. ビネット
Mac純正写真アプリのRAW現像でできること
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

どの項目も基本的にはスライダーで調整します!

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

必要最低限の項目は揃ってます!

2 Mac純正写真アプリ「フィルタ」

Mac純正写真アプリのRAW現像でできること

フィルタは10個用意されてます。

  1. オリジナル
  2. ビビット
  3. ビビット(暖かい)
  4. ビビット(冷たい)
  5. ドラマチック
  6. ドラマチック(暖かい)
  7. ドラマチック(冷たい)
  8. モノ(モノクロ)
  9. シルバートーン
  10. ノアール
Mac純正写真アプリのRAW現像でできること
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

試しにいくつかやってみました!

Mac純正写真アプリのRAW現像でできること
オリジナル
Mac純正写真アプリのRAW現像でできること
ドラマチック冷たい
Mac純正写真アプリのRAW現像でできること
ビビット暖かい
Mac純正写真アプリのRAW現像でできること
シルバートーン

3 Mac純正写真アプリ「トリミング」でできること

Mac純正写真アプリのRAW現像でできること

トリミングツールは、「トリミング」はもちろん

  • Mac純正写真アプリの編集機能をより強化
  • 写真管理・閲覧機能

です。

また最大の特徴は、AIが写真編集を手伝ってくれること。

空や人物を自動で認識してくれます。

料金は、買い切りで¥10,560。

使いやすいので初心者にお勧めのRAW現像ソフトです。

  • 回転
  • 反転
  • アスペクト変更

ができます。

MacでRaw現像ができるオススメのソフト

今回Macの純正写真アプリでRaw現像をする方法をお伝えしましたが、Raw現像できるソフトは他にもあります。

どれも有料ですが、より細かい調整ができるのでオススメ!

オススメRAW現像ソフト
  • Photoshop
  • Lightroom
  • Luminar 4

Photoshop(フォトプラン)

MacでRaw現像ができるオススメのソフト

1番のオススメは、やはりPhotoshop

機能も豊富で、とても細かい調整ができます。

デメリットは機能が多いので、覚えるまでに少し時間がかかってしまうこと。

けど慣れてしまえばとても心強く、写真がもっと楽しくなるソフト。

料金は、Adobeのフォトプランで月額980円。

このプランは、PhotoshopとLightroomが一緒になったプランです。

月額980円で、両方使えるのでオススメ!

Luminar 4

Photoshop(フォトプラン)

次にオススメなのがLuminar 4

使い勝手は今回お伝えしたMac純正写真アプリに近いです。

ざっくり特徴をお伝えすると、

  • Mac純正写真アプリの編集機能をより強化
  • 写真管理・閲覧機能

です。

また最大の特徴は、AIが写真編集を手伝ってくれること。

空や人物を自動で認識してくれます。

料金は、買い切りで¥10,560。

使いやすいので初心者にお勧めのRAW現像ソフトです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

プロカメラマン。カメラ歴は12年。
料理写真がメインで、200店舗以上撮影。
写真撮るのが好きです!

コメント

コメントする

目次
閉じる