飲食店経営お役立ち情報

光熱費を無駄に払ってませんか?飲食店向け 水道光熱費の節約方法

飲食店向け 光熱費の節約方法

こんにちは!ケイスケです。

僕は、普段カメラマンとして売上貢献に役立つような写真撮影させて頂いておりますが、この記事では「水道光熱費を節約する」という観点からお役に立てるよう頑張りたいと思います。

お店の売り上げを伸ばす事は大変なことかと思いますが、水道光熱費の節約は、やろうと思えば数日でできる範囲です。

なのでぜひトライして頂けると!

とはいえ、日々の業務でお忙しいと思うので、できるだけ手っ取り早く節約する方法をお伝えします。

電気代を節約する方法

電気代を節約する方法

電気代を節約するテクニックは、「こまめに電気を消す」「証明をLEDに変える」などありますが、1番手っ取り早く簡単に節約する方法は、電気会社を切り替えてることです。

2016年4月に電気自由化が始まり、すでに何社かこの事業に参入してきています。

どの電気会社にすればいいのか悩んでしまいますが、最近は一括でいろんな電気会社を比較してくれるサービスがあります。

引っ越しをするときに、業者を一括で比較してくれるサービスを利用したことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか?

それと同じような形で電気会社を一括で比較してくれるサービスがあります。

この一括サービスも何社かありますが、できればしっかりしたところにお願いしたいですよね。

オススメは以下の2社です。

「電気チョイス」

電気チョイス電気チョイス

今なら、最大30,000円の現金キャッシュバック!をしています。(2019/5現在)

電気チョイスで無料見積もりする

 

「スイッチビズ」

スイッチビズスイッチビズ

「スイッチビズ」は法人に特化した見積もり比較サイトです。

最大5社まで絞ってくれるので嬉しいですね。

スイッチビズで無料見積もりする

 

ガス代を節約する方法

ガス代を節約する方法

ガスも、ガス会社を変更するのが、1番手っ取り早いです。

特にプロパンガスは会社によって料金が大きく違うので、一度比較見積もりしてもらうことをオススメします。

オススメは以下の2社です。

「ガスチョイス」

ガズチョイスガズチョイス

今なら、最大30,000円の現金キャッシュバック!をしています。

ガスチョイスで無料見積もりする

 

「ガス屋の窓口」

ガス屋の窓口ガス屋の窓口

「ガス屋の窓口」は、「イエローカード制度」「永久保証付き」を約束していて、さらに「会社概要ページ」で顔出しした動画を配信していて安心感があります!

ガス屋の窓口で無料見積もりする


スポンサードリンク

水道代を節約する方法

水道代を節約する方法

水道代の節約方法を2つご紹介します。

1つが下水道料金の減免を受けることです。

東京都の場合、パン製造小売業・日本そば店・中華そば店・民衆食堂・大衆食堂・大衆すし店が対象となっています。

減免内容は、以下の内容です。

“1月当たり51m³から200m³までの水量1m³につき5円を乗じて得た額に100分の108を乗じて得た料金”
出典:水道料金・下水道料金の減免のご案内

詳しくは、東京都水道局「水道料金・下水道料金の減免のご案内」をご覧ください。

もう一つの方法が節水ノズルに変更することです。

調べてみると、バブル90がとても評判が良いです。

欲しい方はこちらから問い合わせをしてみて下さい。

まとめ

今回ご紹介した水道光熱費の節約方法は、一度やってしまえばずっと節約できる方法です。

ぜひこの機会に試してみて下さい。

今回は以上です。

ここまで読んで下さってありがとうございます。

ABOUT ME
長谷川敬介
カメラマンの長谷川敬介です。カメラ歴12年|Photoshop歴15年|
\Twitterでフォローしよう/
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA