江戸東京たてもの園!「千と千尋の神隠し」のモデルになった建物を見て来たよ!

3 min 3 views

こんにちは!カメラマンのけいすけ (@Photo_0101)です!

先日、iWOWNfit i6 proを手に入れて嬉しくなった僕は、iWOWNfit i6 proをつけたまま東京の小金井公園内にある「江戸東京たてもの園」に行ってきました。

小金井公園自体すごく広くて、ちょうど今の時期は桜が満開(4月上旬)です。

なので、小金井公園の中にはたくさんの人がいました。

江戸東京たてもの園の中は、有料(大人400円)なので、そこまで混雑していませんでした。

建築物を撮るときは、セオリー的に言えば広角のレンズを使うのが普通なんです。

ただ僕は何も考えずに、50mmの単焦点を持っていってしまいました^^

スマホと50mm両方で撮ってきたので、それぞれの違いをお楽しみください 早速、江戸東京たてもの園についてお伝えしますね

江戸東京たてもの園とは

江戸東京たてもの園:園内マップ

江戸東京たてもの園とは・・

失われてゆく江戸・東京の歴史的な建物を移築保存し展示する目的で東京都小金井市の都立小金井公園内に設置された野外博物館。 引用:ウィキペディアより

江戸東京たてもの園にある建造物は、昔実際に住んでいた家を持ってきて復元させているそうです。 30棟の建造物がある野外博物館です。

https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/04/ksk-illust.png

けいすけ

持ってきて復元できるって言う匠の技に驚きっ!

僕は古いものが好きなので見ていて楽しかったですよ!

ビジターセンター(旧光華殿)

江戸東京たてもの園
スマホ

さて、入場券を買います。

入場券を買うビジターセンターも復元建造物です。

ちなみに180°振り返ると両サイドに桜が連なる景色が見れます。

江戸東京たてもの園
スマホ

平日に行ったのに結構人がいました。

子宝湯(東ゾーン)

江戸東京たてもの園
50mm単焦点

真正面に見えるのが、「子宝湯」です! 「千と千尋の神隠し」には、湯婆婆の「油屋」がありますよね。

この「子宝湯」は、そのモデルのひとつと言われています。

映画の設定である「商店街の一角にそびえ立つ銭湯」について、大いにインスピレーションを与えたのは、「江戸東京たてもの園」の「子宝湯」(こだからゆ)です。ただし、子宝湯の建物自体は「油屋」のように巨大なものではなく、建物のイメージは幾分異なります。 (写真は、「江戸東京たてもの園」の東ゾーンの街並みと「子宝湯」) 引用:スタジオジブリ2003年1月より

実際に中に入ってみました。

江戸東京たてもの園の中にある建造物は、出入り自由です。

江戸東京たてもの園
スマホ

この「子宝湯」は、昭和4年に足立区千住元町に建てられた銭湯です。

江戸東京たてもの園
スマホ

天井の作りに特徴がありますね!

この木を組んで格子(こうし)形に仕上げた天井のことを「格天井(ごうてんじょう)」と言います。

江戸東京たてもの園
50mm単焦点

窓の装飾を見ていると昔はこういうところにもこだわっていたんだなと伝わってきます。

江戸東京たてもの園
50mm単焦点

武居三省堂(東ゾーン):釜爺の仕事場のモデル

江戸東京たてもの園
スマホ

明治2年、千代田区神田に創業した文具店です。

江戸東京たてもの園
スマホ

釜爺の仕事場のひきだしのモデルと言われています。

江戸東京たてもの園
50mm単焦点

元々は書道用品を扱っていて、後に小売店に変わったんだそうです。

花市生花店(東ゾーン)

江戸東京たてもの園
50mm単焦点

昭和2年に、千代田区神田に建てられた花屋です。 造花だけど、ちゃんと小物を置いてくれてるので、当時の雰囲気がより伝わってきます!

小寺醤油店(東ゾーン)

江戸東京たてもの園
スマホ

昭和8年に、港区に建てられた醤油店です!

東ゾーンのどこか・・・

江戸東京たてもの園
50mm単焦点
https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/04/ksk-illust.png

けいすけ

すみません。どこの建物かわすれましたw

江戸東京たてもの園
50mm単焦点

大和屋本店(乾物屋)東ゾーン

江戸東京たてもの園
スマホ

昭和3年に港区に作られた乾物屋さんです。

江戸東京たてもの園
50mm単焦点

向かいの花屋さんから見た、乾物屋さん。

江戸東京たてもの園
50mm単焦点
江戸東京たてもの園
50mm単焦点
https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/04/ksk-illust.png

けいすけ

この乾物も作り物なんですが、ちゃんと作られてるなぁ〜って感心しましたw

前川國男邸(西ゾーン)

江戸東京たてもの園
スマホ

昭和17年に作られた、建築家前川国雄さんの自邸。 ※東京都指定有形文化財

天明家 農家(東ゾーン)

江戸東京たてもの園
50mm単焦点
https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/04/ksk-illust.png

けいすけ

建物の外観撮るの忘れましたw

江戸東京たてもの園
50mm単焦点

三井八郎右衛門邸(西ゾーン)

江戸東京たてもの園
スマホ

明治7年に港区に作られた邸宅です!

江戸東京たてもの園
50mm単焦点
https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/04/ksk-illust.png

けいすけ

波紋ってキレイですよね〜^^

吉野家(農家)西ゾーン

江戸東京たてもの園
スマホ

江戸時代後期に建てられた民家です。

江戸東京たてもの園
スマホ
https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/04/ksk-illust.png

けいすけ

古い建物の匂いってなんか好きです!

八王子千人同心組頭の家(西ゾーン)

江戸東京たてもの園
スマホ

これも江戸時代後期に作られた建物です。徳川家の家臣団です。

江戸東京たてもの園
50mm単焦点
江戸東京たてもの園
50mm単焦点

おまけ

江戸東京たてもの園
50mm単焦点

園内には「野草ゾーン」もあります!

江戸東京たてもの園
50mm単焦点

「皇居正門石橋飾電燈」

江戸東京たてもの園
50mm単焦点
江戸東京たてもの園
スマホ

小金井公園の桜を満喫

江戸東京たてもの園を出た後、小金井公園内の桜を満喫しながら帰ってきました!

桜
50mm単焦点
桜
50mm単焦点
桜
50mm単焦点
桜
50mm単焦点

施設情報

江戸東京たてもの園公式サイト
江戸東京たてもの園公式サイト:http://www.tatemonoen.jp/
  • 休園日:毎週月曜日(月曜日が祝翌日)、年末年始
  • 開園時間:4月~9月:午前9時30分~午後5時30分
  • 10月~3月:午前9時30分~午後4時30分
  • ※入園は閉園時刻の30分前まで

最後に

今の時期(4月上旬)の小金井公園は、桜も楽しめるし、古い建築物も楽しめるのでオススメです!

家族でいくのもイイし、カメラ片手に一人でいっても十分楽しめます! カメラ持ってく方は、広角のレンズをオススメしますw

https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/04/ksk-illust.png

けいすけ

駅から歩くと30分かかるので、バスを使った方がいいですよ!

ここまで読んでくださってありがとうございます。

すこしでもお役に立ちましたら、いいね!などしていただけると嬉しいです!

励みになります!

長谷川敬介

長谷川敬介

プロカメラマン。カメラ歴は12年。
料理写真がメインで、200店舗以上撮影。
「写真の楽しさを広めたい」をモットーにブログを書いてます。
記事を読んでわからないことがあったらお気軽にコメントください。その際は「カメラ歴」「使用カメラ」「パソコン(Win・Mac)」など教えて頂けると嬉しいです。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AI(人工知能)搭載の画像編集ソフトを使ってみた
レビュー記事はこちら
AI(人工知能)搭載の画像編集ソフトを使ってみた
記事を見る