料理写真の専門家 ・フードフォトグラファー

Snapseedの使い方!無料アプリでここまで出来るのがスゴイ!

 
スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン。(@Photo_0101)
長野県須坂市出身。写真歴12年。広告スタジオでコマーシャルフォトを勉強した後、独立。2016年に当サイトを開設しました(月間最高17万PV超)。料理撮影を中心に活動。最近は「朝ジム」にハマってます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!カメラマンのケイスケ (@Photo_0101)です!

いつも当ブログを読んで下さってありがとうございます!

Snapseedって何ができるの?

カメさん

どうやって使うの?

ウサギさん

っと思っていませんか?

今回は、Googleが開発した写真加工アプリ「Snapseed」の使い方をご説明しますね!

では早速いきましょう!

加工できることが多いので記事も長くなってしまいました!

ヒヨコさん

Snapseed

Snapseed
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

スポンサードリンク



「Snapseed」の特徴

素晴らしすぎる写真加工アプリ「Snapseed」

特徴をまとめてみました!

ヒヨコさん

  • 多機能・高性能
  • 操作が直感的で使いやすい
  • 画像自動生成や、顔を自動で識別して調整できる「顔」ツールは驚き!
  • 画像サイズを自由に変更できる
  • 前回の編集内容を一瞬で適応できる
  • 編集内容を保存できる

画像サイズを自由に変更」「前回の編集内容を一瞬で適応」「編集内容を保存」について、補足説明しますね!

画像サイズを自由に変更できる

「Snapseed」は、「画像サイズ」と「形式と画質」を変更することができます。

初期設定では、画像サイズは「サイズを調整しない」、形式と画質は「JPG 95%」になっています。

「画像のサイズ」を変更するやり方は、まず画面右上の」が縦に3つ並んでいるアイコンをタップします。

snapseed_画像サイズ変更方法

次に設定」をタップ。

snapseed_画像サイズ変更方法

画面内の画像のサイズ調整」をタップします。

snapseed_画像サイズ変更方法

すると「画像のサイズ調整」の画面になるので、お好きなサイズを選択します。

snapseed_画像サイズ変更方法

写真を大きく使いたい場合は、「サイズを調整しない」のままに、とにかく小さくしたい場合は一番数字が小さいものを選びましょう。

ヒヨコさん

同じ「設定」の画面内から、「形式と画質」を変更することもできます。

snapseed_形式と画質変更方法

高画質にしたい場合は「JPG 100%」に、画像を軽くしたい場合は「JPG 80%」を選びましょう。

特にこだわりがないのであればJPG 95%」のままで大丈夫です!

ヒヨコさん

snapseed_形式と画質変更方法

前回の編集内容を一瞬で適応できる

一度、「Snapseed」で編集を行うと、画面左下に前回の編集」という項目が表示されます。

snapseed_前回編集

ここをタップすると、前回の編集内容が、今回の写真に一瞬で適応されます!便利!

編集内容を保存できる

また編集内容を保存することもできます。

保存場所は、画面下にあるメニューをスワイプして、右にスライドさせた一番右にあります。

ここの」をタップすると、「この効果を保存」の画面が表示されます。

お好き名前を入力して、保存」をタップ。

すると、「編集内容」が保存できます。

snapseed_編集内容保存

次回からは、ここをタップするだけで編集内容が適応されます!

いつもの編集内容を保存しておけるのは便利です!

KSK

では次は、Snapseed」基本的な使い方をお伝えしていきますね!

「Snapseed」の使い方

snapseed_使い方_メニュー

メニュー

Snapseed」の加工・編集画面には、まずツール(画像左)」があり、下にスワイプするとフィルター(画像右)」があります。

また、更にスワイプすると」の調整ができるツールもあります。

snapseed_使い方_顔

まず、「写真の選択加工・編集保存」までを、簡単にご説明しますね!

ヒヨコさん

「写真の選択→加工・編集→保存」をやってみよう

左上の「開く」をタップし、端末内から編集したい写真を選びます。

そしたら、右下の鉛筆マークをタップして編集メニュー画面を開きます。

snapseed_使い方

調整したい項目をタップして、調整画面を開きます。

snapseed_使い方

画面下部のメニューから「」をタップすると、調整できる項目が表示されます。

上下にスワイプしすると調整できる項目を変えることができます。

snapseed_使い方

その状態で、左右にスワイプして調節します。

snapseed_使い方

右上の四角いアイコンを長押しすると、調整前を確認することができます。

調整前と調整後をワンタップで確認できるのも便利!

ヒヨコさん

OKなら右下のチェックマークを押します。

snapseed_使い方

次に、右上にある「」のアイコンタップして「保存」を選択すれば、編集した写真が保存されます!

snapseed_使い方

ここまでが「写真の選択加工・編集保存」の流れです。

では次に、「Snapseed」の「ツール」で何ができるのか見ていきましょう!

ヒヨコさん


スポンサードリンク


「Snapseed」のツールを使ってみよう

snapseed_ツール使い方

「Snapseed」のツールは、13コあります。

  1. 画像調整
  2. ディテール
  3. 切り抜き
  4. 回転
  5. 射影変換
  6. ホワイトバランス
  7. ブラシ
  8. 部分調整
  9. シミ除去
  10. 周辺減光
  11. テキスト
  12. カーブ
  13. アンクロップ

では、ひとつひとつご説明してきます!

画像左上に、ツールアイコンも載せておいたので参考にしてみてください!

ヒヨコさん

1, 画像調整は、写真の基本調整できるよ

snapseed_ツール使い方_画像調整

画像調整

画像調整」ツールでは、

  • 明るさ
  • コントラスト
  • 彩度
  • アンビアンス
  • ハイライト
  • シャドウ
  • 色温度

の調整ができます。

例えば彩度」を選択して、右にスワイプすると色が鮮やかになります。(画像右)

2, ディテールは、写真の質感を調整できます

snapseed_ツール使い方_ディテール

ディテール

ディテール」では「ストラクチャ」の調整ができます。

にスワイプすると、写真が滑らかになります。(画像左)

にスワイプすると、写真の細部が強調されます。(画像右)

3, 切り抜き

snapseed_ツール使い方_切り抜き

切り抜き

切り抜き」は、写真をトリミングすることができます。

切り抜ける種類は、9コあります。

4, 回転は、回転・反転ができます

snapseed_ツール使い方_回転

回転

回転」は、写真の角度を変えることができます。

スワイプで、角度調整ができます。(画像左)

また、画面下部のメニューにあるアイコンをタップすると、

  1. 左右反転
  2. 90度回転

ができます。(画像右)

5, 射影変換

snapseed_ツール使い方_射影変換

射影変換

射影変換(しゃえいへんかん)」では、「ティルト」「回転」「サイズ変更」「フリー(自由変換)」の調整ができます。

「ティルト」は一眼レフで言うと、「感光面」を変えることができます。

例えば、下にスワイプすると下からあおって撮ったような写真にすることができます。

また、調整して画像が足りなくなった部分は、アプリが自動で生成してくれます。

今回の写真だと、画像の下の芝生の部分を自動で生成してくれました!

さすがGoogle!

KSK

6, ホワイトバランスで、写真の色味を変えよう

snapseed_ツール使い方_ホワイトバランス

ホワイトバランス

ホワイトバランス」では、「自動」と「手動」を選べます。

AW(オートホワイトバランス)」をタップすると、アプリが自動で調整してくれます。(画像左)

オートホワイトバランスとは、カメラが「光源の色がどんな色なのか」を識別して、白を白として正しく写すように補正する機能のことを言います。

 

参考:ホワイトバランス・色温度(ケルビン)が分かるともっと写真が楽しくなるよ!

また、「二」をタップすると「色温度」と「色合い」の調整ができます。(画像右)

色温度」を選択して、左にスワイプすると「寒色系」に、右にスワイプすると「暖色系」になります。

色合い」では、「緑←→赤紫」に変化します。

7, ブラシは、部分的に調整できます

snapseed_ツール使い方_ブラシツール

ブラシ

ブラシ」では、調整する部分を選択することができます。

例えば「明るさの部分調整」をタップして、明るくしたい部分を指でなぞると、その部分だけ明るくなります。(画像右)

調整できるのは「明るさの部分調整」「露出」「色温度」「彩度」です。

8, 部分調整

snapseed_ツール使い方_部分調整

部分調整

部分調整」も部分的に調整することができます。

調整できる項目は「明るさ」「コントラスト」「彩度」「ストラクチャ」です。

9, シミ除去では、不要な部分を消せます

snapseed_ツール使い方_シミ除去

シミ除去

シミ除去」では、不要な部分を指でなぞるだけで、消すことができます。

10, 周辺減光は、画面周辺の明るさ調整

snapseed_ツール使い方_周辺減光

周辺減光

周辺減光」では、画面周辺の光量を調整することができます。

左にスワイプすると画像の周辺が暗くなり、右にスワイプすると明るくなります。

11, テキスト

snapseed_ツール使い方_テキスト

テキスト

テキスト」では、画像にテキストを加えることができます。

12, カーブ

snapseed_ツール使い方_カーブ

カーブ

カーブ」では、自分で階調の調整をすることができます。

メニュー左にある「○」のアイコンをタップすると

  • RGB
  • 明度

のトーンカーブを選択することができます。

また、メニューの右にあるアイコンをタップするとプリセットが表示されます。

「ソフトコントラスト」や「ブライト」など30コのプリセットがあります。

トーンカーブの使い方は、「Photoshopトーンカーブの使い方」で詳しく説明しています。

13, アンクロップ

snapseed_ツール使い方_アンクロップ

アンクロップ

アンクロップ」では、画像にない部分を自動で生成してくれる機能です。

今回のように枠を広げると、空や木、芝生の部分をアプリが自動で生成してくれます!

 

次は、フィルター機能についてお伝えしていきますね!

ヒヨコさん

「Snapseed」のフィルターを使ってみよう

現在「Snapseed」のアプリ内にあるフィルターは、全部で13コあります。

  1. レンズぼかし
  2. グラマーグロー
  3. 階調コントラスト
  4. HDR風
  5. ドラマ
  6. グランジ
  7. 粒状フィルム
  8. ヴィンテージ
  9. レトロラックス
  10. ノワール
  11. モノクロ
  12. フレーム
  13. 二重露光

それぞれについて見て行く前に、基本的な使い方をお伝えしますね!

「Snapseed」のフィルターの使い方

snapseed_使い方_フィルター

まず、適応させたいフィルターをタップして選択します。

画面下部の「」メニューアイコンをタップすると、調整できる項目が表示されます。

この「HDR風」のフィルターでは「フィルムの強さ」「明るさ」「彩度」の調整ができます!

snapseed_使い方_フィルター

例えばフィルタの強さ」選択した状態で、画面内を左右にスワイプすると、「フィルタの強さ」を調整することができます。

OKなら、チャックマークをタップして適応させます。

以上がフィルターの基本的な使い方です。

次に、いくつかフィルター効果をお伝えしてきますね!

1, レンズぼかし

snapseed_使い方_ぼかし

画面右上の四角いアイコンを長押しすると、調整前の画像が表示されます。

レンズぼかし」は、画像にぼかし効果を加えるフィルターです。

画面下部◎をタップすると、「丸形」か「線形」かを選ぶことができます。

調整できる項目は、3つ。

  • ぼかしの強さ
  • 変化の緩やかさ
  • 周辺減光の強さ

また、ぼかしの形を変えることもできます。。

選択できるボケの形は、11種類です。

周辺減光も調整できるのが面白いです!

KSK

2, グラマーグロー

snapseed_使い方_グラマーグロー

グラマーグロー」は、画像に綺麗なグロー効果を加えることができます。

写真の雰囲気が増しました!

ヒヨコさん

3, 階調コントラスト

snapseed_使い方_階調コントラスト

階調コントラスト

階調コントラスト」は、階調ごとにコントラストを調整することができます。

例えば明部」を選択して右にスワイプすると、写真の明るい部分のコントラストが高くなります。

今回の写真の場合だと、「空」の部分ですね!

ヒヨコさん

4, HDR風

snapseed_使い方_フィルター_HDR

HDR

HDR風」では、写真をハイダイナミックレンジ風にすることができます。

フィルタの強さ」「明るさ」「彩度」の調整ができます

5, ドラマ

snapseed_使い方_フィルター

ドラマ」フィルターで容易されているプリセットは、6つです。

6, グランジ

snapseed_使い方_フィルター_グランジ

グランジ」はヴィンテージ風の独特な独特なフィルターです。

用意されているプリセットは「1〜1499」までの1499コ用意されています!!

7, 粒状フィルム

snapseed_使い方_フィルター_粒状

粒状フィルム

粒状フィルム」は粒子を追加して、カラーフィルムで撮ったような雰囲気になります!

スタイル(フィルター)の数は、18コ

粒子」「スタイルの強さ」の調整ができます!

8, ヴィンテージ

snapseed_使い方_フィルター_ヴィンテージ

ヴィンテージ

ヴィンテージ」は、50〜70年代のカラーフィルムで撮影したような写真にできます。

フィルター(スタイル)は、全部で12コ

明るさ」「彩度」「スタイルの強さ」「周辺減光の強さ」の調整ができます!

9, レトロラックス

snapseed_使い方_フィルター_レトロラックス

レトロラックス

レトロラックス」とは、レトロ風な雰囲気にするフィルターです。

フィルターの数は13コ

明るさ」「コントラスト」「彩度」「スタイルの強さ」「スクラッチ」「光漏れ」の調整ができます。

10, ノワール

snapseed_使い方_フィルター_ノワール

ノワール

ノワール」は、モノクロフィルム風に加工するフィルターです。

フィルターの数は、14コ

明るさ」「ウォッシュ」「粒子」「フィルターの強さ」の微調整ができます!

11, モノクロ

snapseed_使い方_フィルター_モノクロ

モノクロ

モノクロに用意されているフィルターは、6つ

  • ニュートラル
  • コントラスト
  • ブライト
  • ダーク
  • フィルム
  • ダークスカイ

また「明るさ」「コントラスト」「粒子」の調整もできます。

個人的には「フィルム」が好きです!

KSK

12, フレーム

snapseed_使い方_フィルターフレーム

フレーム

フレーム」は写真にフレームをつけることができます。

用意されているフレームは23コ

また、フレームを選択した状態で左右にスワイプすると、フレームの幅を変えることができます。

13, 二重露光

snapseed_使い方_二重露光

二重露光

二重露光」では、2つの写真を重ねることができます。

重ね方にも種類があって、用意されているのは6コです。

  • デフォルト
  • 明るく
  • 暗く
  • 加算
  • 減算
  • オーバー

タイトル「天空の城ラピュタ」w

KSK

「Snapseed」の「顔」ツールで出来ること

snapseed_使い方_顔

また「Snapseed」には、顔の調整を出来るツールがあります。

「顔」ツールの中には「補正」と「ポーズ」があります。

どちらも写真内の「顔」の部分をアプリが自動で識別してくれます!

補正

snapseed_使い方_顔_補正

補正」ツールのメニューアイコンには10コのプリセットが用意されています。

例えば「強調」を選択すると、顔が目立つように加工されます。

顔の部分が明るくなり、それ以外の部分が暗くなっています!

ヒヨコさん

snapseed_使い方_顔_補正

また「」のアイコンをタップすると、「顔の強調」「肌を滑らかにする」「目をくっきりさせる」を調整できます。

例えば「肌を滑らかにする」と「目をくっきりさせる」を適応させると、右の画像のようになります。

目がパッチリ!お肌すべすべ!

KSK

ポーズ

snapseed_使い方_顔_ポーズ

ポーズ

ポーズ」では、顔の向きを調整することができます。

やり方は簡単で、画面上でスワイプするだけです。

今回は、左にスワイプして顔の向きを少し左に向けました!(画像右)

snapseed_使い方_顔_ポーズ

」のアイコンをタップすると「瞳孔サイズ」「スマイル」「レンズ焦点距離」の項目が表示されます。

スマイル」を適応させると、口角が上がってより笑った表情になります!

す、すごいね!Google!

KSK

まとめ・感想

写真加工アプリ「Snapseed」の使い方をご説明しましたが、いかがだったでしょう?

多機能・高性能ですね!

特に画像の足りない部分を自動で生成してくれたり、顔を自動で識別してくれるのは驚きです!

顔の調整に関しては、Photoshopでやるよりも早いかもw

長くなりましたが、今回は以上です!

ここまで読んでくださってありがとうございます!

ほかのアプリも解説しています。

参考にしてみてください。

Snapseed

Snapseed
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

「カメラの基礎知識・使い方・上手になる方法」

無料E-Book(Ver.2)プレゼント

総ページ100ページのE-bookです。

キャラ・イラスト・写真を使ってわかりやすく「カメラの基礎知識・使い方・上手になる方法」をお伝えしています。

是非、あなたのカメラライフのステップアップに活かしてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン。(@Photo_0101)
長野県須坂市出身。写真歴12年。広告スタジオでコマーシャルフォトを勉強した後、独立。2016年に当サイトを開設しました(月間最高17万PV超)。料理撮影を中心に活動。最近は「朝ジム」にハマってます。
詳しいプロフィールはこちら