料理写真の専門家 ・フードフォトグラファー

昭和記念公園の紅葉を撮ってきた!オススメ撮影スポット

 
スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
料理専門のプロカメラマン
写真歴12年・Photoshop歴15年・フリーランス歴5年
【撮影実績】Samantha Thavasa SWEETS、宅麺、中華そば四つ葉、パイホリックなど200店舗以上。
「写真好きな人もっと増えてしまえ!」がモットー!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!久しぶりの投稿になりました!

カメラマンのケイスケ (@Photo_0101)です!

先日(11月4日)、東京の立川にある「昭和記念公園」に行っていきましたよ。

「昭和記念公園」は11月3日から「黄葉紅葉祭り」をやってて、イチョウ並木がキレイでした!

「黄葉紅葉祭り」は今月の26日までやっているので、

  • これから写真を撮りに行こうと思っている人
  • 昭和記念公園に初めて行こうと思っている人

に向けて、昭和記念公園の情報をお伝えしていきますね!


スポンサードリンク



昭和記念公園に初めて行く方へ

まずはじめに、「昭和記念公園」は都内の公園とは思えないほど広いです。

東京ドーム約39個分の広さがあるそうです。

なので、園内のレンタサイクルを借りることをオススメします。

(大人:410円 子供:260円)

またこの時期は、人も多いので順番待ちになるかもしれないです。

早めに行った方がいいかも!

僕は、15分〜20分くらい待ちました。

あと、自転車の空気はちゃんと確認してくださいw

僕が借りた自転車は空気が入ってなくて、とても良い運動をするハメになりました。

駐輪場から出ると、空気入れれる場所はないのでお気をつけて!

国営昭和記念公園の紅葉オススメ撮影スポット

全部見てないんですが、見た中でオススメのスポットをお伝えします。
  1. イチョウ並木とカナール
  2. 日本庭園
  3. こもれびの丘の奥
  4. サイクルセンター近く

①イチョウ並木とカナール

ここのイチョウ並木は、昭和記念公園HPの「黄葉紅葉祭り」のバナー写真で使われている場所なので、撮っておきたい場所ですね!

人もたくさんいます。 昭和記念公園紅葉

②日本庭園

日本庭園も、ぜひ撮りに行ってみてほしいです。

日本庭園内にも、絵になりやすい撮影スポットがたくさんあります。

そのため、一眼レフを持った方々もたくさんいます。 そして結構広いです。 昭和記念公園紅葉昭和記念公園紅葉昭和記念公園紅葉昭和記念公園紅葉昭和記念公園紅葉昭和記念公園紅葉 (絵本っぽくて好きな一枚 ↓ 写真データとしては壊れてるんだけどねw) 昭和記念公園の紅葉

③こもれびの丘の奥

こもれびの丘の奥の、サイクルロードにもイチョウ並木があります。

①の場所に比べると人が少ないので、撮りやすいです! 昭和記念公園の紅葉

④サイクルセンターの近く

(すみません、写真撮ってないんですが) 一眼レフを持った方々がたくさん集ってました!

④の場所もきっと撮影スポット!

湖があるので、「湖と紅葉と青空」の奥行きのある写真が撮れるかと!

国営昭和記念公園の黄葉紅葉まつり2017概要

名称黄葉紅葉まつり2017
日程2017年11月3日(金・祝)~11月26日(日)
時間9:30~16:30
住所東京都立川市緑町3173
入園料大人 410円、小・中学生 80円、65歳以上 210円
アクセス<電車>
  • JR青梅線・西立川駅より 約2分JR青梅線・西立川駅より 約2分
  • JR中央線・立川駅より 約10分

<車>

  • 中央自動車道国立府中ICより8km
駐車場 普通車 820円
レンタサイクル<大人(15歳以上)>
  • 3時間410円(30分ごとに70円)
  • 1日券520円

<小人 (中学生以下)>

  • 3時間260円(30分ごとに30円)
  • 1日券310円

オススメの加工方法

今回の写真、Photoshopで色々加工しました!

(久しぶりのスナップ写真で、自信がなかったためw) 加工して思ったのですが、ほわっとした加工と紅葉は合いますね!

Photoshopのやり方は、

①レイヤーを複製

photoshop加工

②フィルター > ぼかし > ぼかしガウス4px

photoshop加工

③調整レイヤーを「比較(明)」に

photoshop加工

④不透明度で適応量を調整(お好みで)

photoshop加工

以上です!

すると、この写真が

photoshop加工

Before

こうなります!
photoshop加工

After

(スマホで見てる方、わかりにくかったらスミマセン!) またシーンによっては、「比較(明)」の部分を、「オーバーレイ」や「ソフトライト」にするのもアリです! お試しあれ!

最後に

この写真を撮ったのが、先週なのでまだまだ見頃だと思います! 写真を楽しみましょう! 今回は以上です!ありがとうございます^^

この記事を書いている人 - WRITER -
料理専門のプロカメラマン
写真歴12年・Photoshop歴15年・フリーランス歴5年
【撮影実績】Samantha Thavasa SWEETS、宅麺、中華そば四つ葉、パイホリックなど200店舗以上。
「写真好きな人もっと増えてしまえ!」がモットー!
詳しいプロフィールはこちら