料理写真の専門家 ・フードフォトグラファー

料理の写真をスマホで美味しそうに撮る9つのコツ

シャッタースピード優先「S・Tv」ってなに?使い方と特徴

WRITER
 
シャッタースピード優先
スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン。(@Photo_0101)
長野県須坂市出身。写真歴12年。広告スタジオでコマーシャルフォトを勉強した後、独立。2016年に当サイトを開設しました(月間最高17万PV超)。料理撮影を中心に活動。最近は「朝ジム」にハマってます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!カメラマンのケイスケ (@Photo_0101)です!

いつも当ブログを読んで下さってありがとうございます!

デジタル一眼は、たくさんの機能があって覚えるのが大変ですよね。

だけど全部を覚える必要はありません。

よく使う機能を覚えましょう!

今回は、「シャッタースピード優先 S・Tv」についてお伝えします。

これは、「撮影モード」と呼ばれるものの一つです!

撮影モードは、大まかに4つ!

  • プログラムモード「P」
  • シャッタースピード優先モード「S、Tv」
  • 絞り優先モード「A、AV」
  • マニュアルモード「M」

この4つのモードは、どのデジタル一眼にも付いている共通の機能です!

今後ずっと使える知識なのでぜひ覚えましょう!

プログラムモード「P」とは、

ほとんどの設定をカメラに任せて、「撮影者はシャッターを切るだけ」。

今までデジタル一眼に触ったことがない初心者の方にオススメの機能です。

絞り優先モードは、「絞り優先AEとは?一眼レフらしいボケ味のある写真を撮りたい」で解説しています。

マニュアルモード「M」とは、

ほとんどの設定を撮影者が行うモードです。

せっかくデジタル一眼を購入したので、ぜひ使いこなして欲しいモードです!

さて、今回は「シャッタースピード優先モード」をメインについてお伝えしますね!

まずは、シャッタースピードのおさらいから始めます!


スポンサードリンク



シャッタースピードとは

シャッタースピード優先

まず簡単に、シャッタースピードについてお伝えしますね!

シャッタースピード」とは、カメラ内部のシャッターが開いてから閉じるまでの速さのことです。

シャッター速度とも言いますね。

シャッタースピードは分母の数が大きいほど、速いシャッタースピードです。

例えば、「1/251/501/1001/200」といった具合です。

また、カメラのシャッタースピードの表記は、分母だけで表しています。

例えば、

  • 1/25→25
  • 1/50→50
  • 1/100→100
  • 1/200→200

っといった表記です。

シャッタースピードが速ければ、被写体をピタッと止めて撮影することができます。

逆に、シャッタースピードが遅くすると、被写体をブラして撮ることができます。

シャッタースピード優先モード「S、Tv」とは?

シャッタースピード優先モード「S、Tv」とは?

シャッタースピード優先モード「S、Tv」とは?

シャッタースピード優先モードは、あなたがシャッタースピードを設定して撮影するモードです。

S」や「Tv」で表記されていて、「シャッタースピード優先AE」と呼ぶこともあります。

  • ニコン、オリンパス、ソニーは、「S」
  • キヤノン、ペンタックスは、「Tv」
「S」は、「Shutter(シャッター)」の「S」

「Tv」は、「Time Value(タイムバリュー)」の頭文字です。

あなたがシャッタースピードを設定すると、カメラが自動で適正な露出で撮影できるように、絞りの値を割り出してくれます。

意図的にシャッタースピードを設定したい時に使います。

例えば、

  • 被写体をピタッと止めて撮影したいとき
  • わざとブラして動きを表現したいとき

です。

具体的なシーンで言うと、

  • 動きの速い「電車」や「運動会で走っているお子さん」を撮影したい
  • 水の流れを感させるように滝を撮りたい
  • 躍動感を感じれるようにブラして撮りたい
  • スローシャッターで撮影したい

こんな時に使います。

手ブレをおさえるシャッタースピードとは?

手ブレを抑えたい時のシャッタスピードの目安として、

レンズの焦点距離分の1

と一般的に言われています。

例えばあなたが、焦点距離「50mm」を使おうと思った場合、ブレないシャッタースピードは、

「1/50」

ということになります。

これ以上、遅いシャッタースピードだとブレやすくなってしまいます!

手ブレについては「手ブレしないシャッタースピードの目安と対処法」で詳しく解説しています。

せっかくなので、そのほかの「撮影モード」について、少しお伝えしますね!


スポンサードリンク


そのほかの撮影モード

プログラムモード「P」

プログラムモード「P」とは?

プログラムモード「P」とは?

プログラムモード」とは、適正露出で撮影できるように、「絞り」と「シャッタースピード」をカメラが自動で決めてくれるモードです。

このモードにしておけば、シャッターボタンを押すだけで簡単に適正露出で写真を撮ることができます。

主に「P」で表示することが多く、機種によっては「ログラムAE」と呼んだりします。

「プログラムモード」はこんな方にオススメです!

  • デジカメを初めて購入した
  • 購入したけど、なにがなんだかサッパリわからない

「プログラムモード」を使い、少しカメラに慣れてくると、もうちょっと色々設定を変えてみたくなるかもしれません。

そんな方は、次に紹介する「絞り優先モード「A、AV」」を試してみてください。

絞り優先モード「A、AV」

絞り優先モード「A、AV」とは?

絞り優先モード「A、AV」とは?

絞り優先モード」は、あなたが絞り(F値)を設定して撮影するモードです。

「絞り」を設定したら、適正な露出で撮れるシャッタースピードを、カメラが自動で割り出してくれます。

主に「A」や「Av」で表示して、プログラムAE同様、「絞り優先AE」と呼ぶことがあります。

絞り優先モード」は、被写界深度を調整したいときに有効です。

「絞り優先モード」は、こんな方にオススメです!

  • プログラムモード「P」に飽きてきた
  • ボケ味など「もう少し一眼レフらしい」撮り方がしてみたい
  • ボケ味を楽しみながらスナップ撮影をしたい
  • 被写界深度を意図的にコントロールしたい

マニュアルモード「M」

マニュアルモード「M」とは?

マニュアルモード「M」とは?

最後に、「マニュアルモード」についてお伝えしますね!

マニュアルモード」は、「絞り」と「シャッタースピード」の、ふたつの値をあなたが設定するモードです。

自分好みに絞りとシャッタースピードを指定して撮影できる場合に有効な撮影モードです。

ボクの使い方としては、カメラの背面モニターで「露出シュミレーション」を確認しながら、「絞り」と「シャッタースピード」を調整して撮影します。

最後に

以上、「シャッタースピード優先モード」とそのほかの撮影モードについてもお伝えさせて頂きました!

ちなみにシャッタースピード優先モードを使うときは、ISO感度を「オート」に設定しておくのもオススメです!

今回は、以上です。

次は、「絞り優先モード」を使いこなしてみましょう!

>>次のページは

絞り優先(A/Av)とは?デジタル一眼らしいボケ味のある写真を撮ろう

撮影に役立つPDFプレゼント中!

LINE@お友達追加で

今すぐ使える

「デジタル一眼の使い方・写真の撮り方!」

をプレゼント♪

今のうちにゲットしてください。

ぜひ、あなたのカメラライフに役立ててください!

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン。(@Photo_0101)
長野県須坂市出身。写真歴12年。広告スタジオでコマーシャルフォトを勉強した後、独立。2016年に当サイトを開設しました(月間最高17万PV超)。料理撮影を中心に活動。最近は「朝ジム」にハマってます。
詳しいプロフィールはこちら