Photoshopの使い方

【Photoshop】シェイプツールの使い方

【Photoshop】シェイプツールの使い方

こんにちは!カメラマンのけいすけです!

ウサギさん
ウサギさん
シェイプツールってどうやって使うの?
カメさん
カメさん
使い方を覚えてみたい

と思ってませんか?

この記事では、「Photoshopのシェイプツールの使い方」をお伝えします。

ヒヨコさん
ヒヨコさん
シェイプとは、日本語で「図形・形状」のことです!

 

Photoshopのシェイプツールとは

Photoshopのシェイプツールとは

Photoshopのシェイプツールは、長方形や楕円形を作成することができます。

シェイプツールで描いた図形は、ベクトル画像なので、拡大・縮小などの変形を行っても画質を保つことができます。]

 

ベクトル画像については、「Photoshopのラスタライズってなに?で詳しく説明しています。

 

またシェイプは、「塗り」と「線」の情報を持っています。

Photoshopのシェイプツールとは

どちらも、後で自由に変更することができます。

変更できることの具体例としては、

  • 塗りの種類(ベタ塗り・グラデーション・パターン)
  • 線の種類と色
  • 線の幅

などです。

Photoshop シェイプツールの使い方

シェイプツールには、長方形ツールや楕円形ツールなどがありますが、操作方法はどれもほぼ同じです。

なので、ここでは長方形ツールの使い方をご紹介します。

全体の流れ
  1. 長方形ツールを選択
  2. シェイプを選択
  3. 「塗り」や「線」の色を指定しよう
  4. 線の幅を指定しよう
  5. ドラッグもしくは、クリックで長方形を描く

 

1 長方形ツールを選択

まず画面左のツールバーの中にある、長方形ツールを選択します。

シェイプツールの使い方

もし、ツールバーに表示されていない場合は、「・・・」の中に収納されているハズです。

「・・・」をマウス長押しして、長方形ツールを選択します。

Photoshop シェイプツールの使い方

 

2 シェイプを選択

長方形ツールを選択すると画面上部のオプションバーは下記のような表示になります。

シェイプツールの使い方

オプションバーの左にある「ツールモードを選択」から、「シェイプ」を選択します。

シェイプツールの使い方

 

3 「塗り」や「線」の色を指定しよう

次は、「塗り」と「線」の色を指定します。

「塗り」の文字の右側をクリックします。

シェイプツールの使い方

するとカラー一覧が表示されます。

お好みの色を選択します。

シェイプツールの使い方

表示されたから一覧に、お好みの色がない場合は、カラーピッカーから色を指定しましょう。

やり方は、右上のカラーピッカーをクリックします。

シェイプツールの使い方

するとカラーピッカーのポップアップが表示されます。

シェイプツールの使い方

カラーピッカーでは、4種類のやり方で色を指定することができます.

  • グラデーションから選ぶ
  • 数値を入力する
  • カラーコードを指定する
  • スポイトで画面内の色を指定する

 

「塗り」の色を指定したら、同様の手順で「線」の色も指定します。

 

4 線の幅を指定しよう

オプションバーにある「シェイプの幅を指定」の数値を、任意の数字に設定します。

シェイプツールの使い方

これで最低限の設定は完了です。

 

5 ドラッグもしくは、クリックで長方形を描く

次は実際に画面内に長方形を描きます。

やり方は、2つあります。

  • ドラッグして長方形を描く
  • クリック後に、横幅と縦幅を指定する。

ドラッグして長方形を描く

ドラッグして長方形を描く時、キーボードのシフトを押しながらドラッグすると正方形を描くことができます。

Photoshop シェイプツールの使い方

クリック後に、横幅と縦幅を指定する

長方形ツールを選択した状態で画面上をクリックすると、「長方形を作成」と言うポップアップが表示されます。

ここで、「幅」と「高さ」を指定することもできます。

シェイプツールの使い方

シェイプツールの一通りの使い方は、以上です。

 


スポンサードリンク

Photoshop シェイプツールの種類

次はシェイプツールの種類についてお伝えします。

シェイプツールは次の6つの種類があります。

  • 長方形ツール
  • 角丸長方形ツール
  • 楕円形ツール
  • 多角形ツール
  • ラインツール
  • カスタムシェイプツール

長方形ツール

長方形ツールは長方形を描くことができます。

シフトを押しながらドラッグすることで正方形を描くことができます。

Photoshop シェイプツールの種類長方形ツール

 

角丸長方形ツール

角丸長方形ツールは、四角の角が丸い長方形を描くことができます。

Photoshop シェイプツールの種類角丸長方形ツール

オプションバーにある「角丸の半径」を指定することで、どれだけ丸みを帯びた長方形にするのか調整することができます。

Photoshop シェイプツールの種類

また角丸長方形ツールもシフトを押しながらドラッグすると正方形になります。

 

楕円形ツール

楕円形ツールは楕円形を描くことができます。

こちらも、キーボードのシフトを押しながらドラッグすると、正円になります。

Photoshop シェイプツールの種類楕円形ツール

 

多角形ツール

多角形ツールでは、多角形を描くことができます。

Photoshop シェイプツールの種類多角形ツール

オプションバーにある「角数」を指定することで、何角形にするか設定することができます。

「3〜100」まで設定が可能です。

Photoshop シェイプツールの種類

 

ラインツール

ラインツールは線を描くことができます。

Photoshop シェイプツールの種類ラインツール

オプションバーの右の方にある「線の太さ」の項目で、線の太さを指定します。

Photoshop シェイプツールの種類

また、ラインツールでは矢印を作ることもできます。

やり方は、まずオプション回の歯車のアイコンをクリックします。

Photoshop シェイプツールの種類

表示された中の矢印の項目を設定してから、画面内をドラッグします。

Photoshop シェイプツールの使い方

 

 

カスタムシェイプツール

カスタムシェイプツールでは、様々な形が用意されています。

Photoshop シェイプツールの種類

例えば、

  • 動物
  • 矢じるし
  • 音符
  • 吹き出し

などです。

好きな形を選択して選択すれば、簡単にその図形を描くことができます。

Photoshop シェイプツールの種類

カスタムシェイプツールも、「Shift」を押しながらドラッグすれば、縦横比が同じ図形を描くことができます。

 

一緒に覚えておくと便利な機能!”整列・等間隔に分布”

複数のシェイプツールを使う場合覚えておくと便利なのが、「整列・等間隔に分布」です。

整列

整列・等間隔に分布

整列では、複数のシェイプツールを揃えることができます。

使い方は、まず「移動ツール」を選択します。

整列・等間隔に分布

次に、複数のシェイプを選択します。

これは、「画面上で選択」しても、「レイヤーパネル内で選択」してもどちらでも大丈夫です。

複数のシープツールを選択すると、オプションバーの整列の項目が、選択可能の状態になります。

整列・等間隔に分布

このアイコンをクリックすると整列します。

Photoshop シェイプツールの使い方

 

等間隔に分布

整列・等間隔に分布

等間隔に分布では、3つ以上のシェイプツールを、等間隔に並べることができます。

やり方は、「整列」とほぼ同様の手順です。

移動ツールを選択して、3つ以上のシェイプツールを選択します。

整列・等間隔に分布

次にオプションバーにある「・・・」のアイコンをクリック。

整列・等間隔に分布

表示された項目内の「等間隔に分布」を選択します。

整列・等間隔に分布

すると選択しておいたシェイプツールが等間隔に並びます。

 

ちなみに「整列・等間隔に分布」の両方を行うとこうなります!

Photoshop シェイプツールの使い方

 

まとめ

以上「Photoshopのシェイプツールの使い方」についてお伝えしました。

Photoshopはたくさんの機能があって覚えるのも大変かもしれないですが、少しずつ触れば慣れます。

ぜひ、できるところからやってみて下さい!

ABOUT ME
長谷川敬介
カメラマンの長谷川敬介です。カメラ歴12年|Photoshop歴15年|
こちらも合わせてどうぞ!
  1. AI(人工知能)搭載の画像編集ソフト
    プロモーションコード「KSKH」で1,000円オフ
    >>初心者にもオススメ!Luminar 4レビュー
  2. カメラ初心者向け
    >>揃えておきたい!カメラのアクセサリー8つ紹介

>> 一眼レフの選び方・始め方TOPに戻る

\Twitterでフォローしよう/
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA