【Photoshop】写真をセピア調にする3つのやり方

3 min 5 views
【Photoshop】写真をセピア調にする3つのやり方

こんにちは!カメラマンのけいすけです!

Photoshopで、

https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/11/usa_400B.png

ウサギさん

写真をセピア調に変えてみたい

https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/11/kame_400B.png

カメさん

どんな方法があるのか知りたい

と思ってませんか?

この記事では写真をセピア調にする3つのやり方についてお伝えします!

写真をノスタルジックな雰囲気に変えることができます!

http://cameble.conohawing.com/wp-content/uploads/2018/11/hiyoko_400B.png

ヒヨコさん

どの方法も、5分くらいで出来るのでぜひ試してみてください!

写真をセピア調にする3つのやり方
元画像

写真をセピア調にする3つのやり方

写真をセピア調にする方法は、

  1. レンズフィルターを使う
  2. レイヤースタイルを使う
  3. 色相・彩度のパネルから変更する

の3つがあります。

では早速お伝えしていきます。

レンズフィルターでセピア調にする

1つ目にお伝えする方法は、「レンズフィルターを使う」やり方です。

全体の流れ
  1. レンズフィルターを表示する
  2. フィルター「セピア」を選択する
  3. 適用量を調整する

1, レンズフィルターを表示する

まずレンズフィルターを表示させます。

場所は、メニューバーから「イメージ > 色調補正 > レンズフィルター」です。

レンズフィルターでセピア調にする

選択すると、レンズフィルターのポップアップが表示されます。

レンズフィルターでセピア調にする

2, フィルター「セピア」を選択する

初期設定では、「フィルター暖色系」になっているので、こちらの項目を「セピア」に変更します。

レンズフィルターでセピア調にする

3, 適用量を調整する

次は、フィルターの適用量を調整します。

写真の加工アプリを使っている方なら馴染みのある項目だと思います。

「適用量」のスライダーを左右に移動させて適用量を調整します。

レンズフィルターでセピア調にする

もしくは直接、数値を入力しても大丈夫です!

「プレビュー」チェックを入れて調整するとわかりやすいです!

https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/11/hiyoko_400B.png

ヒヨコさん

レンズフィルターでセピア調にする

調整ができたら「OK」をクリックします。

これで完了です。

レンズフィルターでセピア調にする
適応後

レイヤースタイルでセピア調にする

次は、「レイヤースタイルを使っ写真をセピア調にする」方法をお伝えします。

全体の流れ
  1. 背景をレイヤーに変換
  2. スタイルパネルの「セピア」を選択

1, 背景をレイヤーに変換しよう

レイヤースタイルを使うためには、まず「背景レイヤー」を「レイヤー」に変換する必要があります。

背景をレイヤーに変換する方法はいくつかありますが、今回は1番簡単なのは「背景レイヤー上でダブルクリック」です。

レイヤーパネルにある背景レイヤーを、ダブルクリックします。

レイヤースタイルでセピア調にする

すると、「新規レイヤー」のポップアップが表示されます。

レイヤースタイルでセピア調にする

任意のレイヤー名を入力してオーケーをクリックします。

レイヤースタイルでセピア調にする

これで「背景レイヤー」が「レイヤー」に変換されました。

レイヤースタイルでセピア調にする

2, スタイルパネルの「セピア」を選択

次に、スタイルパネルでセピアを選択します。

まず、スタイルパネルを表示させます。

やり方はメニューバーにある「ウインドウ > スタイル」を選択します。

レイヤースタイルでセピア調にする

すると、スタイルパネルが表示されます。

レイヤースタイルでセピア調にする

スタイルパネル内にある「セピア」を選択すれば、写真がセピア調になります。

レイヤースタイルでセピア調にする

適応できないときは、レイヤーがちゃんと選択されていることを確認しよう!

http://cameble.conohawing.com/wp-content/uploads/2018/11/hiyoko_400B.png

ヒヨコさん

レイヤースタイルでセピア調にする
適応後

微調整は「レイヤースタイル」パネルで!

スタイルパネルのセピアを適用させてから微調整したい場合は、「レイヤースタイル」パネルから調整可能です。

やり方は、レイヤーパネル内の「カラーオーバーレイ」の文字あたりをダブルクリックすると、「レイヤースタイル」パネルが表示されます。

レイヤースタイルでセピア調にする

この画面で微調整することも可能です!

レイヤースタイルでセピア調にする

色相・彩度パネルでセピア調にする

色相・彩度パネルから変更する方法も比較的簡単です。

全体の流れ
  1. 色相彩度パネルを表示する
  2. 色相彩度パネルのプリセットにあるセピアを選択する

1, 色相彩度パネルを表示する

ではまず、色相・彩度のパネルを表示させます。

色相・彩度のパネルを表示させる方法もいくつかありますが、今回はレイヤーパネル内の項目から表示させます。

レイヤーパネルの1番下にある「塗りつぶしまたは新規調整レイヤーを新規作成」のアイコンをクリックします。

色相・彩度パネルでセピア調にする

次は、項目内の「色相・彩度」を選択を選択して、「色相・彩度」のパネルを表示させます。

色相・彩度パネルでセピア調にする

2, 色相彩度パネルのプリセットにあるセピアを選択する

色相・彩度のパネルが表示されたら、初期設定と書かれた部分をクリックして、プリセットの「セピア」を変更します。

色相・彩度パネルでセピア調にする

これで完了です。

色相・彩度パネルでセピア調にする
適応後

微調整は「色相」「彩度」「明度」の項目を設定しよう

色相・彩度パネル内の項目、「色相・彩度・明度」で調整することも可能です!

色相・彩度パネルでセピア調にする

まとめ

以上、「写真をセピア調にする3つのやり方」をお伝えしました。

  1. レンズフィルターを使う
  2. レイヤースタイルを使う
  3. 色相・彩度のパネルから変更する

どの方法でも簡単に出来るので、ぜひ試してみてください!

長谷川敬介

長谷川敬介

プロカメラマン。カメラ歴は12年。
料理写真がメインで、200店舗以上撮影。
「写真の楽しさを広めたい」をモットーにブログを書いてます。
記事を読んでわからないことがあったらお気軽にコメントください。その際は「カメラ歴」「使用カメラ」「パソコン(Win・Mac)」など教えて頂けると嬉しいです。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AI(人工知能)搭載の画像編集ソフトを使ってみた
レビュー記事はこちら
AI(人工知能)搭載の画像編集ソフトを使ってみた
記事を見る