【演習つき】Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の使い方

4 min
Photoshop-Elements使い方

こんにちは!カメラマンのけいすけです!

かれこれ15年ほど、Photoshopのお世話になっております。

さて、

カメさん

カメさん

Photoshop Elementsってどうやって使うの?

ウサギさん

ウサギさん

どんなことができるの?

と思っていませんか?

この記事では、初心者の方でもわかるように「Photoshop Elementsの使い方」をお伝えします。

実際の画面を使いながら、お伝えしますね!

ヒヨコさん

ヒヨコさん

環境:Photoshop Elements 2020

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の使い方

では早速、お伝えしていきます。

追記

演習用として、写真素材を用意しました。

「右クリック→保存」で演習をお試しください!

まず最初に確認してほしい「クイック」「ガイド」「エキスパート」

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の使い方

まずはじめに見てほしいのが、画面上部にある

  • クイック
  • ガイド
  • エキスパート

です。

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の使い方

マウスのクリックで、クイック」「ガイド」「エキスパート」を切り替えることができます。

クイック

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の使い方

「クイック」には、写真編集の基本的なツールがまとまってます。

編集ソフト初心者の方は、まずはこの画面で編集してみるといいと思います。

ガイド

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の使い方

「ガイド」は、名前の通り写真編集のガイド(案内)をしてくれる画面です。

例として、左上にある「明るさとコントラスト」をクリックしてみます。

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の使い方

すると写真が編集できる画面に切り替わり、画面の右には明るさとコントラスト」のパネルが表示されます。

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の使い方
カメさん

カメさん

こうしたいんだけど、どこを触ったらいいかわからない

という時は、「ガイド」から探してみると見つけやすいと思います!

エキスパート

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の使い方

エキスパート」には、 Photoshop Elementsで使えるツールが全て表示されます。

「クイック」の編集画面に物足りなさを感じてきたら、「エキスパート」も使ってみるというスタンスでいいと思います!

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の画面構成

次は、「エキスパート」の画面を使って、Photoshop Elementsの画面構成についてお伝えします。

また、

カメさん

カメさん

覚えることがたくさんありそうで困る・・・

っという方にために、使用頻度が高そうなものも合わせて、お伝えしていきます。

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)

では早速、

  1. オプションバー
  2. ツールバー
  3. 作業中の画像
  4. ツールオプションバー
  5. タスクバー
  6. パネルバー

1 オプションバー

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の画面構成

オプションバー」には、Photoshop Elementsのすべての機能にアクセスできます。

使用頻度が高いのは、「ファイル」と「画質補正」かと思います。

「ファイル」とは?

ファイル」には、 「写真を開く」「写真を保存する」項目があります。

「画質調整」とは?

画質調整」には、写真を調整するための項目が並んでいます。

例えば、

  • 自動コントラスト
  • 自動レベル補正
  • 自動カラー補正色相彩度
  • カラーカーブ
  • 肌をなめらかにする

などです。

2 ツールバー

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の画面構成

ツールバー」には、画像を編集するためのツールが並んでいます。

使用頻度が高そうな順に3つ並べると、

  • 切り抜き(トリミング)ツール
  • スタンプツール
  • クイック選択ツール

切り抜き(トリミング)ツール

切り抜きツール」では、写真をトリミングすることができます。

スタンプツール

スタンプツール」は、画面内の不要なものを削除するときに使います。

クイック選択ツール

クイック選択ツール」は、画面内の一部分を早く選択することができます。

3 作業中の画像

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の画面構成

ここは、編集中の写真が表示されます。

4 ツールオプションバー

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の画面構成

ツールオプションバー」には、現在選択しているツールのオプションが表示されます。

例えば「トリミングツール」を選択してる時は、 縦横の比率」や「切り抜き候補」「解像度」の項目が表示されます。

5 タスクバー

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の画面構成

画面の一番下にあるのが「タスクバー」です。

最初は、左から3つ目にある取り消し」を覚えておくと良いと思います!

行った作業を取り消して、ひとつ前の状態に戻すことができます!

ヒヨコさん

ヒヨコさん

6 パネルエリア

Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)の画面構成

画面右の「パネルエリア」には、 Photoshop Elementsで作業を行う際の補助的な項目を表示できます。

演習1:「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみよう!

次は、Photoshop Elementsで、「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみましょう。

演習1
  1. 写真を開く
  2. 切り抜き(トリミング)
  3. 保存する

1 写真を開く

まず、画面左上の開く」をクリックします。

演習1:「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみよう!

するとパソコン内のファイルにアクセスできる状態になるので、編集したい写真を選択して、「開く」をクリックします。

演習1:「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみよう!

これで、Photoshop Elementsで写真を開くことができます。

演習1:「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみよう!

2 切り抜き(トリミング)

次は、写真の切り抜き(トリミング)します。

画面左にあるツールバー内の切り抜きツール」をクリックします。

演習1:「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみよう!
演習1:「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみよう!

すると、画面下のツールオプションのエリアが「切り抜きツール」用に変わります。

演習1:「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみよう!

次は「切り抜き候補」欄の、左から2番目の「第2候補」を選択します。

演習1:「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみよう!

この状態で、どれか1か所のハンドルをドラックすると、切り抜く範囲が変わります。

演習1:「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみよう!

例えば、左上のハンドルを右下に移動すると、より狭い範囲を切り抜くことができます。

演習1:「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみよう!

キーボードの「Shift」を押しながらドラックすると、縦横比を固定したまま切り抜き出来ます!

ヒヨコさん

ヒヨコさん

演習1:「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみよう!

範囲を指定したらチェックマーク」をクリックして、切り抜きを完了させます。

演習1:「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみよう!

3 保存する

最後にファイルを保存します。

やり方は、画面左上のファイル」をクリック。

演習1:「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみよう!

項目内の保存する」を選択します。

演習1:「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみよう!

あとは、保存先」「ファイル名」を決めて、「保存」をクリックすれば、無事に保存完了です!

演習1:「写真を開く→切り抜き(トリミング)→保存する」をやってみよう!

おつかれさまです!

ヒヨコさん

ヒヨコさん

演習2:写真の一部だけ明るくしてみよう

次は、写真内の一部分だけ調整してみましょう。

全体の流れとしては、

全体の流れ
  1. 編集したい範囲を指定する
  2. カラーカーブで明るくする

という流れです。

「クイック選択ツール」と「カラーカーブ」を使って写真の空だけを明るくしてみたいと思います!

ヒヨコさん

ヒヨコさん

では早速。

1 編集したい範囲を指定する

まず画面左のツールボックスからクイック選択ツール」を選択。

演習2:写真の一部だけ明るくしてみよう
演習2:写真の一部だけ明るくしてみよう

次は、マウスで空をなぞっていきます。

すると空だけが選択されている状態になります。

演習2:写真の一部だけ明るくしてみよう

2 カラーカーブで明るくする

次は、明るさを指定します。

場所は、画面上部の画質調整 > カラーカーブ」を選択します。

演習2:写真の一部だけ明るくしてみよう
演習2:写真の一部だけ明るくしてみよう

すると「カラーカーブ」ダイアログが表示されます。

この画面で調整していきます。

演習2:写真の一部だけ明るくしてみよう

「スタイルを選択」は「初期設定」のままで、ハイライト補正」のスライダーを右に移動させます。

演習2:写真の一部だけ明るくしてみよう
演習2:写真の一部だけ明るくしてみよう

すると、先ほど指定した範囲だけ明るくなります!

調整が終わったら、右上のOK」をクリックすれば無事に適応されます。

演習2:写真の一部だけ明るくしてみよう

あとは、「演習1」と同じ流れで、写真を保存すれば完了です!

さいごに:Photoshop Elementsはパソコン初心者の方でもわかりやすいです!

「演習2」は少し難しめのことをお伝えしましたが、無事にできましたか?

もし「ちょっと難しいな」「写真一部分の調整をすることは滅多にない」という方は、「クイック」ビューを使ってみると良いと思います!

また「【目的別】プロが選ぶ!おすすめの写真編集ソフト3選」では、ほかのソフトも紹介しています。

もしよければご覧ください!

関連記事

2 件のコメント

  1. 初心者向きの記事を提示いただき、深謝です。
    要望:演習問題の画像:ダウンロード(開示)できるような画像を使用していただけませんか?著作権でダメですか?(絵にかいた餅です)

    • 菅原 様

      はじめまして。コメントありがとうございます。
      またご要望頂きありがとうございます。

      演習として、写真をご用意致しました。
      記事上部にありますので「右クリック→保存」でご使用ください。

      よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です