Photoshop最初に覚えたい5つの基本操作

こんにちは!カメラマンのけいすけ (@ksk_photo_man)です!

学生時代からPhotoshopを触っていて、かれこれ15年お世話になっています。

Photoshopは、たくさん機能があって悩んでしまいますね。

だけど使えるようになると、こんな風に合成できたりします。

ぜひ使いこなしてください。

さて、Photoshopで画像の開き方やカンバスの作り方はわかったものの、

カメさんのアイコン画像カメさん

何から覚えたらいいかわからない

カメさんのアイコン画像カメさん

よく使う操作を知りたい

と思っていませんか?

この記事ではPhotoshopの基本操作をお伝えします。

今回お伝えする操作は、本当に頻繁に行う操作です。

なのでショートカットキーも、ぜひ覚えていただけると!

キーボード入力が「ひらがな」になっていると、ショートカットキーが効かない場合があります。
キーボード入力を「英数字」にしてショートカットキーを使いましょう!

目次

Photoshopの基本操作

今回は5つの基本操作についてお伝えします。

  1. 隠れたツールを表示
  2. 選択範囲解除
  3. 作業を、前に戻す・進める
  4. 画像の拡大・縮小・大きさを戻す・移動する
  5. 保存する

① 隠れたツールを表示・選択

Photoshop最初に覚えたい5つの基本操作

Photoshopの画面左にあるツールボックス。

ここにはPhotoshopで使うことができるツールが、アイコンで一覧表示されています。

しかし全部のツールが表示されているわけではないです。

ツールがグループ化されていて、そのグループ内で何が選択されているか表示されるようになっています。

隠れたツールを表示させる方法は、アイコンを「長押し」で表示されます。

Photoshop最初に覚えたい5つの基本操作

例えば、アイコン上から2つ目の「長方形選択ツール」を「長押し」すると、「楕円形選択ツール」「一行選択ツール」「一列選択ツール」も表示されます。

Photoshop最初に覚えたい5つの基本操作

この状態で、ツールを選択すれば、そのツールを使うことができます。

② 選択範囲解除

Photoshopでは、画像の部分的な調整を行うことができます。

その時、どの部分を調整するか選択してあげる必要があります。

Photoshop最初に覚えたい5つの基本操作

つまりPhotoshopは「選択→加工・調整→選択を解除」を繰り返して作業します。

とくに「選択を解除」は、よく使います。

Photoshop最初に覚えたい5つの基本操作

Mac:D

Win:CtrlD

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

思うように選択範囲を指定できなかったり、間違えてしまうこともあります。ショートカットで覚えておくこと、すぐ元の状態に戻せるので便利です!

Photoshop最初に覚えたい5つの基本操作

③ 作業を、前に戻す・進める

他にも、Photoshopを使っていると、操作を間違えてしまったり、思うようにいかない時があります。

そんな時は、操作を取り消して元に戻します。

4つのパターンとショートカットキーをお伝えします。

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

Photoshop CC 2018以前と2019では、やり方が違います。今回は2019バージョンでお伝えしています。

  1. 一つ前に戻す
  2. 複数回、前に戻す
  3. 複数回、作業を進める
  4. 最後の状態に戻す

またショートカットキーを「1回押した時」と「複数回、押した時」の動きをイラストでもお伝えしています。

-1 一つ前に戻す

行った操作を1つ前に戻す時は、

Mac:optionZ

Win:CtrlAlt + Z

を押します。

もう一度押すと最後の状態に戻ります。

Photoshop最初に覚えたい5つの基本操作

-2 複数回、前に戻す

もっと前に戻したい時は

Mac:Z

Win:CtrlZ

を押します。

押した回数分、作業を一つずつ戻すことができます。

Photoshop最初に覚えたい5つの基本操作

-3 複数回、作業を進める

戻した作業を進めたいときは、

Mac: + Shift + Z

Windows:Ctrl + Shift + Z

を押します。

押した回数分、作業を進めることができます。

Photoshop最初に覚えたい5つの基本操作

-4 最後の状態に戻す

最後の状態に戻したい時は、

Mac:OptionZ

Win:ControlAltZ

を押します。

Photoshop最初に覚えたい5つの基本操作

④ 画像の拡大・縮小・大きさを戻す

選択範囲の設定など細かい調整を行うときは、画像を拡大・縮小をして作業します。

画像の拡大・縮小は、「ズームツール」でも出来ますが手間に感じることがあります。

そんな時は、やはりショートカットキーを使ったほうが早いです。

画像の拡大・縮小に関するショートカットキーは以下の3つです。

画像の拡大

Mac:

Win:Ctrl

押した回数分、拡大していきます。

画像の縮小

Mac:

Win:Ctrl

押した回数分、縮小していきます。

画像を戻す

最初の全体表示に戻すときは、

Mac:0

Win:Ctrl0

を押します。

移動する

拡大した状態でカンバスを移動したいときは、スペースを押しながらドラッグします。

⑤ 保存する

最後に保存方法についてお伝えします。

保存は、「ファイ保存」から行うことができます。

Photoshop最初に覚えたい5つの基本操作

Mac:S

Win:CtrlS

ごくまれにPhotoshopが固まってしまい強制的に作業が終了してしまう時があります。

するとそれまでの作業は無駄になり最初の状態に戻ってしまうの、こまめに保存する癖をつけておくといいです。

また、保存をする時に見て欲しいポイントは、ファイル名の右に書いてある「❇︎(アスタリスク)」です。

Photoshop最初に覚えたい5つの基本操作

Photoshopで作業を行うとアスタリスクが表示されます。

画像を無事に保存できるとこのアスタリスクが消えます。

Photoshop最初に覚えたい5つの基本操作

保存したときは、「❇︎」が消えていることを確認しましょう!

まとめ

以上、5つの基本操作についてお伝えしました。

今回お伝えしたショートカットキー。

選択を解除

Mac:「D」Win:「CtrlD

一つ前に戻す

Mac:「shiftZ」 Win:「CtrlShiftZ

複数回、前に戻す

Mac:「Z」 Win:「CtrlZ

複数回、作業を進める

Mac:「 + Shift + Z」 Windows「Ctrl + Shift + Z

最後の状態に戻す

Mac:「OptionZ」 Win:「ControlAltZ

画像の拡大

Mac:「」Win:「Ctrl

画像の縮小

Mac:「」Win:「Ctrl

画像を戻す

Mac:「0」Win:「Ctrl0

保存する

Mac:「S」Win:「CtrlS

ぜひ実際に操作しながら覚えておいてください!

ありがとうございます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

プロカメラマン。カメラ歴は12年。
料理写真がメインで、200店舗以上撮影。
写真撮るのが好きです!

コメント

コメントする

目次
閉じる