【初心者向け】Luminar 4の画面の見方と基本的な使い方

5 min 187 views
【初心者向け】Luminar4の画面の見方と基本的な使い方

こんにちは!カメラマンのけいすけです。

普段はPhotoshopという画像編集ソフトを使って、写真を編集してます。(photohop歴15年・アドビ認定アソシエイト所持)

さて、写真閲覧や写真編集もできるLuminar 4。

https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/11/kame_400B.png

カメさん

画面の見方がよくわからない

https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/11/usa_400B.png

ウサギさん

使い方が、イマイチわからない

と思っていませんか?

この記事では、Luminar 4の画面の見方と使い方についてお伝えします。

操作を覚えて、楽しく編集しましょう!

http://cameble.conohawing.com/wp-content/uploads/2018/11/hiyoko_400B.png

ヒヨコさん

プロモーションコード「KSKH」で、1,000円オフに!

Luminar 4の画面の見方と基本的な使い方

まず、Luminar4の画面構成をお伝えします。

まず、Luminar 4の初期の画面では3つのパーツから構成されています。

  1. キャンバス
  2. 編集ツールバー
  3. サイドパネル

それぞれのパーツに、どんなツールがあるのか見ていきましょう。

キャンバス

Luminar 4の画面構成

「キャンバス」では、

  • ライブラリー(複数の写真)
  • 単一の写真

が表示されます。

(切り替えの方法は、後述します)

編集ツールバー

Luminar 4の画面構成

まず画面上部にある編集ツールバーには、大きく分けて8つの項目があります。

Luminar 4の画面構成

左から、

  1. 画像の読み込み
  2. プリセットの表示非表示
  3. 画像表示の拡大縮小
  4. 比較ボタン(クイックプレビュー・比較ボタン)
  5. 切り抜き
  6. 画像共有(画像の書き出し)
  7. モードの切り替え(ギャラリーモード・シングルモード)
  8. 表紙の切り替え(ライブラリー・編集・情報)

です。

ひとつひとつ見ていきましょう!

1 画像の読み込み

Luminar 4の画面構成

1番左にあるのが「画像の読み込み」ボタンです。

まず、ここから、Luminar4に画像を取り込みます。

ボタンをクリックすると、2つの項目が表示されます。

  • 画像入りフォルダーを追加:フォルダ単位で読み込み
  • 単一画像の編集:画像1枚のみ読み込み

どちらかを選択して、画像を読み込みます。

2 プリセットの表示・非表示

Luminar 4の画面構成

左から2つ目にあるのが、「プリセットの表示・非表示」ボタンです。

これをクリックすると、画面下にLooksパネルが表示されます。

Looksは、Instagramのフィルターのような機能。

ワンクリックで、写真の印象を大きく変えることができます。

Luminar 4の画面構成

プリセット=Looksです。

画面上部の「ビュー > Looksパネルを表示/非表示」でもできます。

http://cameble.conohawing.com/wp-content/uploads/2018/11/hiyoko_400B.png

ヒヨコさん

Loos(プリセット)の使い方は、「【初心者向け】Luminar 4 Looksの使い方と追加方法」で詳しく解説してます!

3 画像表示の拡大・縮小

Luminar 4の画面構成

左から3つ目にあるのが、「画像表示の拡大・縮小」ボタンです。

画像表示を拡大・縮小できます。

「%」で選ぶこともできますし、「+」「−」で変更することもできます。

ショートカットもあるので併せてを覚えておくと便利です!

https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/11/hiyoko_400B.png

ヒヨコさん

ショートカットキー

Mac

  • 拡大: +
  • 縮小: +
  • 画面にフィット: + 0

Win

  • 拡大:ctrl +
  • 縮小:ctrl +
  • 画面にフィット:ctrl + 0

https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/04/ksk-illust.png

けいすけ

僕のMacでは、拡大: + Shift + でした。うまくできない時は、お試しください。

4 比較ボタン(クイックプレビュー・比較ボタン)

Luminar 4の画面構成

左から4つ目にあるのが、比較ボタンです。

これは修正前の画像と、修正後の画像を比較することができます。

比較の仕方は、2通りあります。

  • クイックプレビュー(左):マウスを押している間、編集前の画像が表示されます。マウスから指を離すと編集後の画像が表示されます。
  • 比較ボタン(右):画像に垂直のストリップが表示されます。画像が分割され編集前の画像が左側編集後の画像が右側に表示されます。このストリップは左右にドラッグすることが可能です。

5 切り抜き

Luminar 4の画面構成

画像を切り抜き(トリミング)するツールです。

「切り抜き」選択すると、「切り抜き画面」に切り替わります。

回転、反転もできます。

Luminar 4の画面の見方
切り抜きツールの画面

6 画像共有(画像の書き出し)

Luminar 4の画面構成

左から6つ目にあるのが画像共有ボタンです。

編集した画像は、ここから画像を書き出します。

一番上の「画像へエクスポート」を選ぶと書き出し保存ができます。

Luminar 4の画面構成

また、編集した画像を、PhotoshopやLightroomで開きたい場合は、「その他のアプリで開く」からアプリを選択します。

7 モードの切り替え(ギャラリーモード・シングルモード)

Luminar 4の画面構成

ギャラリーモード:ライブラリ画面に切り替えることができます。

シングルモード:選択した写真1枚を表示させます。

Luminar 4の画面構成
ギャラリーモード
Luminar 4の画面構成
シングルモード

8 表示の切り替え(ライブラリー・編集・情報)

Luminar 4の画面構成

サイドパネル表示の切り替えができます。

サイドパネルには以下の3つがあります。

ライブラリー:フォルダとアルバムを表示します。

編集:編集ツール(露出・色温度など)を表示します。

情報:選択した画像のファイル情報、メタデータ等が表示されます。

Luminar 4の画面構成

サイドパネル

Luminar 4の画面構成

先述した通り、サイドパネルは「ライブラリー」「編集」「情報」3つを切り替えて表示させます。

「編集」について、詳しく見ていきましょう!

サイドパネルの「編集」

サイドパネルの「編集」には、大きく分けて6つの項目があります。

Luminar 4の画面構成
  1. レイヤー
  2. キャンパス
  3. エッセンシャル
  4. クリエイティブ
  5. ポートレート
  6. プロフェッショナル

各項目の中に、様々なツールが収納されています。

Luminar 4で編集を行いたいときは、まずこの6つのどれかを選択し、その中に収納されているツールを選択します。

例えば、「AI スカイ・リプレースメント」を使いたい場合は、

  1. クリエイティブを選択、
  2. AI スカイ・リプレースメントを選択

という流れで行います。

次は、それぞれの項目に何が収納されているのか見ていきましょう!

1 レイヤー

Luminar 4の画面の見方
Luminar 4の画面の見方

「レイヤー」は、

  • 新規調整レイヤーの追加
  • 新規画像レイヤーを追加
  • 新規スタンプレイヤーを追加
  • レイヤーを複製

といった項目があります。

新規調整レイヤーを追加してから編集を行うと、それぞれのツールは新規調整レイヤー内に収納されます。(グループ化みたいなもの)

たくさんのツールを使うときは、新規調整レイヤーを作っておくと管理しやすいです。

また、レイヤー単位(グループ)で、「透明度」「ブレンド」「マスク」操作も行うことができます。

2 キャンパス

Luminar 4の画面の見方
Luminar 4の画面の見方

「キャンバス」には

  • 切り抜きと回転
  • 消去
  • コピー&スタンプ
  • レンズとジオメトリ

の項目があります。

「レンズとジオメトリー」は、レンズの歪み補正やパースの調整などができます。

切り抜きと回転は、画面上部の編集ツールバーからもアクセスできます。

http://cameble.conohawing.com/wp-content/uploads/2018/11/hiyoko_400B.png

ヒヨコさん

3 エッセンシャル

Luminar 4の画面の見方
Luminar 4の画面の見方

「エッセンシャル」には

  • ライト
  • AI 補正
  • AI ストラクチャー
  • カラー
  • 白黒変換
  • ディテール補正
  • ノイズ軽減
  • ランドスケープ・エンハンサー
  • ビネット

の項目があります。

それぞれの項目内に、複数のツールが収納されています。

例えば、1番上のライトの項目には、

  • 色温度
  • 色合い
  • 露出

などの項目があります。

なので、例えば露出を変更したいときは、

流れ
  1. 画面右上の「編集」を選択
  2. エッセンシャルを選択
  3. ライトを選択
  4. 露出のスライダーで調整する

という流れになります。

ちなみに、エッセンシャルは、「絶対必要な」「必須の」言う意味です。なので、基本的な調整ツールが収納されている項目です。(たぶんそういう意味だと思います笑)。

https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/04/ksk-illust.png

4 クリエイティブ

Luminar 4の画面の見方
Luminar 4の画面の見方

「クリエイティブ」には、

  • AI スカイ・リプレイスメント
  • 太陽光
  • ドラマチック
  • マット
  • 神秘的
  • カラースタイル(LUT)
  • テクスチャオーバーレイ
  • グロー
  • フィルムグレイン

があります。

名前の通り、画像をクリエイティブに仕上げるツールが、収納されています。

「エッセンシャル」で基本的な調整をして、「クリエイティブ」でさらに印象的な写真に仕上げるという流れがスムーズだと思います。

http://cameble.conohawing.com/wp-content/uploads/2018/11/hiyoko_400B.png

ヒヨコさん

https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/04/ksk-illust.png

けいすけ

「エッセンシャル」の下に「クリエイティブ」があるので、そういう意図だと思います笑

5 ポートレート

Luminar 4の画面の見方
Luminar 4の画面の見方

ポートレートには、

  • AI スキン・エンハンサー
  • ポートレート・エンハンサー
  • ハイキー
  • オートン効果

があります。

別記事でも紹介してますが、「AI スキン・エンハンサー」「AI スキン・エンハンサー」は、肌や顔のパーツを調整できる便利なツールです。

6 プロフェッショナル

Luminar 4の画面の見方
Luminar 4の画面の見方

プロフェッショナルには

  • 高度なコントラスト
  • 調整可能のグラデーション
  • 覆い焼き&焼き込み
  • 色補正
  • 写真フィルター
  • スプリットトレーニング

の項目があります。

補助ツール

Luminar 4の画面の見方

画面右下に、2つの補助ツールがあります。

  • 履歴
  • 「・・・」

履歴をクリックすると編集履歴が表示されます。

履歴をさかのぼって、”再度編集する”ということもできます。

Luminar 4の画面の見方

「・・・」の中には

  • リセット調整
  • コピー調整
  • ペースト調整

などの項目があります。

リセット調整をクリックすると、編集がリセットされオリジナルの状態に戻ります。

上手に編集できなかった時は、リセット編集を押して最初の状態に戻すといいです!

また調整した内容を「コピー&ペースト」もできます。

まとめ

Luminar 4の画面の見方と使い方についてお伝えしました。

読んでみたけど、ちょっとまだよくわからないという方は、まず、

  1. 画像の読み込み
  2. 編集 > エッセンシャル
  3. 画像をエクスポート

をやってみるといいと思います!

プロモーションコード「KSKH」で、1,000円オフに!

追記
https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/04/ksk-illust.png

けいすけ

嬉しいお声を頂きました!

https://ksk-h.com/wp-content/uploads/2018/04/ksk-illust.png

けいすけ

こんな感じに、Twitterやブログで、「わかりやすい!」「助かりました!」など、反応をもらえると嬉しかったりします!

長谷川敬介

長谷川敬介

プロカメラマン。カメラ歴は12年。
料理写真がメインで、200店舗以上撮影。
「写真の楽しさを広めたい」をモットーにブログを書いてます。
記事を読んでわからないことがあったらお気軽にコメントください。その際は「カメラ歴」「使用カメラ」「パソコン(Win・Mac)」など教えて頂けると嬉しいです。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

8 件のコメント

  1. こんにちは、ルミナー4を購入しました。
    OSはMACで外付けのSDカードを差し込み、単一画像の編集から画像を読み込み編集を100枚以上しました。編集した写真はアルバムを作りそちらへ置いていったのですが、SDカードを抜いてしまったら編集したデータが一切なくなってしまいました。
    どのように保存すればよいでしょうか?また無くなった編集データのものは無くなってしまいますかね・・。お願いいたします。

    • ヒナさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!
      SDカード内をもう一度確認してみてもよいかもです。
      そこに上書き保存されている可能性があります。
      もしそこになければ今回の編集データは無くなってしまった可能性が高いです。
      今後の対策としては、「SDカードのデータをMac本体に移してから編集」かなと思います。
      お役に立てれば嬉しい限りです!

      • ご返答ありがとうございます。確かにSDカードを直接読み込んで編集してました。
        これから一度本体にファイルを作り、それを読み込んで編集してみます。
        ありがとうございます。
        あとは★をつけてなかったり、最後に画像をエクスポートしてなかったかもしれません…。
        基本的には自動保存ではないですよね? 
        編集データはルミナー4内に保存されるのでしょうか?

        また伺いたいのですが編集が出来て保存できたとしてそちらのデータを現像する場合はフラッシュメモリなどで持ち出す形でしょうか? SNSのInstagramやLINEなどでも適用したいのですがやり方がわかりません。
        保存から先に進んだとして教えてくだされば大変嬉しいです。

        • ヒナさん、コメントありがとうございます!
          自動保存ではないですね!
          Luminar内に編集内容は保存されますが(ほかの写真に切り替えても編集内容が残ります)、元ファイルに上書きはされないです!
          なので、「編集したらエクスポートする」という習慣にしてもよいかもです。
          また現像はLuminar内で行う必要があります。
          編集内容(例、明るさを10上げる)を、SNSの写真に適応させることはできないです。
          なので、InstagramやLINEの写真を適応したい場合は、一度Luminar内に写真を入れて「編集⇒エキスポート」する必要があります。

          (回答が合っているか不安ですが・・)
          もしまたご不明点あれば、コメントください!

          • 丁寧に教えてくださりありがとうございます。
            私の場合基本的な事から学ばないと行けなくて大変ご面倒をおかけします。
            ただかなり助かっています。

            最後に確認ですが、編集しエクスポートした写真はInstagramやLINEに適用出来るのですよね? パソコンからInstagramやLINEを開いての適用ですかね?
            また現像ですが編集データをエクスポートし上書きせずフラッシュメモリなどに保存すれば編集したデータで現像できますかね…?

            分かればで構いません。教えてください。
            何度もありがとうございます。

          • ヒナさん、お役に立てているようでよかったです!
            こちらこそ嬉しいお言葉ありがとうございます!

            まずちょっと言葉の定義と言いますか、基本的なことを確認できると嬉しいです。
            エクスポートした写真は、編集ソフトで明るさ・色味などが適応された状態の写真です。
            つまり(ひとまず)完成した状態の写真なんです。
            料理に例えると、
            食材(元の写真)→調理(編集・調整)→お弁当(エクスポート後の完成した写真)
            っという感じです。
            なのでこのお弁当は、InstagramやLIENという場所に持っていっても同じお弁当の状態(完成した写真)です。
            電車や車(PCやスマホ)どの移動手段を使って、InstagramやLIENに移動しても、完成したお弁当であることは変わらないです!
            (例えが、わかりにくかったらすみません!)

            次に「現像」ですが、「現像」とは「編集して、エクスポートする」ことです。(一般的に)
            なので回答としては、「編集したデータは、再度現像することも可能」です。

            ちゃんと回答になっているか不安ですが、、
            わからないことがあったら、またお気軽にコメントください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※30 日間返金保証
【公式】Luminar 4を見る
※30 日間返金保証
【公式】Luminar 4を見る