料理写真の専門家 ・フードフォトグラファー

僕がレンズフードを付ける理由!3つの効果と重要性

 
スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
料理専門のプロカメラマン
カメラ歴12年・Photoshop歴15年・フリーランス歴5年
【撮影実績】Samantha Thavasa SWEETS、宅麺、中華そば四つ葉、パイホリックなど200店舗以上。
「写真好きな人もっと増えてしまえ!」がモットー!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!カメラマンのケイスケ (@Photo_0101)です!

いつも当ブログを読んで下さってありがとうございます!

前回の記事では、レンズの「F値開放のピント」についてお伝えさせて頂きました!

さて、

レンズフードってどうして付けるの?

カメさん

見た目をかっこよくするためだろ!

ウサギさん

っと思っていませんか?

僕は写真を始めた頃、僕もレンズフードを付ける意味がわかりませんでした。

レンズフードを付ける理由をしいて言うなら、

見た目がそれっぽくてイイ!

KSK

ってくらいでしたw

だけど今では、レンズフードを付ける理由がわかり、よほどの理由がない限りレンズフード外さず写真を撮っています!

この記事では、レンズフードの役割について語ろうと思います!

レンズフードの3つの役割と必要性

レンズフード

①レンズ保護の役割

レンズはデリケートです。

僕がレンズフードを付けている一番の理由は「レンズ保護」の役割が多いです!

レンズを傷つけない

カメラを持って歩いてると、人とすれ違った時ぶつかってしまうことがあります。

また、不意に壁や岩にレンズをぶつけてしまうこともあります。

そんなとき、レンズフードを付けているとレンズを保護してくれます。

レンズの前玉レンズが傷つくと、修理代も高くつき、悲しい思いをしてしまいます。

レンズ保護の意味合いだと、レンズ保護フィルターをつけるのもアリですね!

自分で触ってしまうのを回避

また、レンズフードがないと誤って自分でレンズを触ってしまう時もあります。

レンズを直接触ってしまうと、指の指紋がつき、撮影に悪影響を及ぼしますね!

レンズフードがあると、レンズを直接触ってしまうことを回避することができます。

雨からレンズを守る

もうひとつ、雨からレンズを守ってくれる役割もあります。

レンズフードがないと、レンズに水滴がついてしまい、何度も拭かなくてはいけなくなってしまいます。

レンズフードがあると、雨からレンズを守ってくれます。

②フレアやゴースト対策

逆光で写真を撮ると、太陽の光が直接レンズに写り込みことがよくあります。

そうすると、画面が白っぽくなるフレア」や、小さな光の玉が画面に映り込むゴースト」が発生する恐れがあります。

レンズフードがあると、太陽の光がレンズに入ってくるのを防止してくれます。

③ガラスの写り込みを軽減

ガラス越しに写真を撮る時があります。

ガラスは反射するので、自分の姿がガラスに写り込み、写真に自分が写ってしまうことがあります。

そんな時は、ガラスにレンズをつけて撮影するのが一番ですが、その時レンズフードがあると写り込みを回避することができます。

レンズフードの種類

レンズフード

レンズフードは大きく分けて2つあります。

花形フード」と「円型フード」です。

円型フードより花形フードの方がゴーストやフレアを回避してくれます。

花形フードの方が遮光してくれるんです。

レンズを購入した時に付属しているレンズは、写真の画角外、画面に映りこまない長さのレンズフードです。

間違ったレンズフードを付けていると、フードが画面内に入り、写真の四隅が暗くなってしまいます。

もしレンズフードをなくしてしまった時は、全く同じレンズフードの購入をオススメします!


スポンサードリンク


内蔵ストロボを使うときは外す

レンズフードを付けたまま、内蔵ストロボを使うと、ストロボの光をレンズフードが遮り、画面の上部が暗くなってしまうケースがあります。

内蔵ストロボを使って、画面上部が暗くなってしまっていたら、レンズフードを外してみてください!

レンズフードの付け方、外し方

キャノンの場合だと、赤い丸が目印です。

レンズの赤丸とレンズフードの赤丸を合わせます。

レンズフード付け方

赤丸を目印に

赤丸に合わせたら、そのまま時計回りに回します。

レンズフード付け方

赤丸を合わせたら回す

カチッと言う音がなるところまで、回しましょう。

レンズフード付け方

カチッとなるまで回そう!

しっかり付けておかないと、少しの衝撃で外れてしまうかもしれません。

また、レンズフードは使わない時は、逆向きに付けておきましょう。

撮影時の向きのままだと収納の場所を取ってしまいます。

最後に

ここまでレンズの役割・重要性についてお伝えしましたが、

レンズフードを付けている方がやっぱり見た目カッコイイですよね(見た目に戻ったw)

時には、自己満足って大事ですよね!?

以上です!

ここまで読んでくださってありがとうございます!

↓ オートブラケット使ったことありますか?次の記事はこちら ↓

この記事を書いている人 - WRITER -
料理専門のプロカメラマン
カメラ歴12年・Photoshop歴15年・フリーランス歴5年
【撮影実績】Samantha Thavasa SWEETS、宅麺、中華そば四つ葉、パイホリックなど200店舗以上。
「写真好きな人もっと増えてしまえ!」がモットー!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 料理写真の専門家 | 長谷川敬介 KSクリエイト , 2017 All Rights Reserved.