Lightroomプリセットで遊んでみませんか?

ISO感度ってなに?ISO感度の読み方と設定の目安!高感度ノイズを検証してみた

こんにちは!カメラマンの長谷川 ksk_photo_manです!!

カメラの明るさを調整するひとつに「ISO感度」があります。

カメさんのアイコン画像カメさん

ISO感度ってなに?

カメさんのアイコン画像カメさん

ISO感度ってどれくらいを目安にしたらいいの?

っという疑問に、この記事でお答えしていきます!

では、早速いきますね!

目次

“ISO”感度の読み方は、「アイエスオー」や「イソ」

ISOとは、「International Organization for Standardization(国際標準化機構)」の略で、ISOが定めた国際規格です。

「ISO」は、「アイエスオー」や「イソ」と読みます。

アンケートを取ってみたら、「イソ」と呼ぶ人の方が若干多かったです。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

「アイエスオー」と「イソ」どちらでも相手に通じるので、どちらを使っても大丈夫です!

ISO感度とは、センサーの光の感度

ISO感度とは、センサーの光の感度

ISO感度とは、「光をとらえる感度」を表す値。

ISO感度100は「低感度」で、明るい場所で撮影するときに使います。

ISO感度の数字を2倍にすると、写真の明るさも2倍に。

例えば

  • ISO感度:100→200 2倍
  • ISO感度:200→400 2倍

といった具合です。

なので、「100→400」にすると、写真の明るさは4倍に。

数字を大きくしていくと「高感度」になり、暗い場所でも明るく撮ることができます。

ISO感度の数値の変え方(キャノン6D)

カメラのISO感度の変え方は、

  1. 「ISO」ボタンを押す
  2. ダイヤルを回して、ISO感度を設定する

です。

ISO感度の数値の変え方(キャノン6D)
「ISO」ボタンを押す
ISO感度の数値の変え方(キャノン6D)
ダイヤルを回してISO感度を設定

ISO感度を高くするメリットは、「暗い場所でも明るく撮れる」「ブレを軽減できる」こと

ISO感度を上げると、下記のメリットがあります。

  • 暗い場所でも明るく撮れる
  • シャッタースピードを早くして手ブレのリスクを軽減できる

暗い場所でも明るく撮れる

ISO感度を上げていくと、写真が明るく撮れます。

どれくらい明るく撮れるのか、実際の写真で確認してみましょう!

ISO感度を高くするメリットは、「暗い場所でも明るく撮れる」「ブレを軽減できる」こと
ISO感度:100
ISO感度を高くするメリットは、「暗い場所でも明るく撮れる」「ブレを軽減できる」こと
ISO感度:200
ISO感度を高くするメリットは、「暗い場所でも明るく撮れる」「ブレを軽減できる」こと
ISO感度:400
ISO感度を高くするメリットは、「暗い場所でも明るく撮れる」「ブレを軽減できる」こと
ISO感度:800
ISO感度を高くするメリットは、「暗い場所でも明るく撮れる」「ブレを軽減できる」こと
ISO感度:1600
ISO感度を高くするメリットは、「暗い場所でも明るく撮れる」「ブレを軽減できる」こと
ISO感度:3200
ISO感度を高くするメリットは、「暗い場所でも明るく撮れる」「ブレを軽減できる」こと
ISO感度:6400
ISO感度を高くするメリットは、「暗い場所でも明るく撮れる」「ブレを軽減できる」こと
ISO感度:12800
長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

ISO感度をどれくらい上げれるかは、カメラによって違います!1回、自分のカメラを確認してみると良いよ!

ISO感度を高くして、ブレを軽減

ISOを高くすると、暗い状況でもシャッタースピードを早くできるので、ブレのリスクを減らすことができます。

例えば、

  • 絞り:F4
  • シャッタースピード:1/15
  • ISO:100

っという設定で撮影すると、写真がブレてしまうリスクがあります。

シャッタースピード「1/15」は、手持ちで撮影すると手ブレが起きやすいシャッタースピードだからです。

そこで、ISO800にすると、絞りはそのままでも

  • 絞り:F4
  • シャッタースピード:1/125
  • ISO:800

と、シャッタースピード「1/125」にすることができます。

シャッタースピード「1/125」で撮影すると、「1/15」より手ブレのリスクを軽減することができます。

表にするとこんな感じです↓

絞り値100200400800
F2.81/301/601/1251/250
F41/151/301/601/125
F5.61/81/151/301/60
F81/41/81/151/30
F111/21/41/81/15
F1611/21/4 1/8

ISO感度を上げすぎると、ノイズの発生するデメリットがあります

暗い環境でもISO感度を上げることで有利に撮影できますが、デメリットもあります。

それは「ノイズ」が発生することです。

感度を上げれば上げるほど、ノイズが目立ってきます!

ノイズとは、感度を高くしすぎたとき、画面がザラザラしてしまうことです。

とくに意図がない場合は、ノイズは不要な情報で、ノイズは少ない方がキレイな写真です!

高感度ノイズを検証

ISO感度を上げて、どれくらいノイズが発生してくるのか検証してみました。

ISO400
ISO400
ISO1600
ISO1600
iso6400
iso6400
iso25600
iso25600

WEBでこの大きさで使うくらいであれば、目立たないですね!

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

僕の予想は、もう少し目立つと思ってたんですがw

参考までに、写真をアップ(トリミング)して比較してみました!

影の部分に注目して、見てみてください。

ISO400
ISO400
ISO1600
ISO1600
ISO6400
ISO6400
ISO25600
ISO25600

シャドー部を見てみると、ISO1600あたりから若干ノイズが出始めています!

さすがに、ISO25600までいくとジャギジャギしてきますね!

ISO感度の設定目安

カメラによってノイズの出具合には差があります。

今回使用したカメラはフルサイズ機なので、もしAPS-Cのカメラをお使いの方はもう少し目立ってくるかもしれません!

ISO感度をどれくらいを目安に設定したらいいかわからない方は、以下を参考にしてみてください!

  • 晴れた日中の屋外・・・ISO100〜400
  • 曇りの屋外、夜の室内(蛍光灯など光が十分ある場合)・・・ISO400〜1600
  • ライブハウスや薄暗い場所・・・ISO1600〜3200

カメラは年々性能が良くなってきて、高感度でもノイズが出にくくなっていています。

カメラの性能や撮像素子(センサー)の大きさにもよりますが、だいたいISO1600とかISO3200以上だと、「ノイズが目立ってくる」っと思ってていただければと。

まとめ

ちなみにフィルム時代は、フィルムごとにこのISO感度が決まっていました。

つまり、ISO感度を変えるためには、フィルムを変えなければならなかったんです。

ボタン操作だけで、ISO感度を変えることができるのはデジタルの最大の恩惠ですね。

高感度を使えば夜でも手持ちで撮影することが可能になり、夜景も夜スナップも撮ることができます。

ぜひ、使いこなしてください!

ちょっとマニアックですが、カメラには「EV値」という言葉があります。

「EV値」がわかると、「絞り(F値)・シャッタースピード・ISO感度の関係」の理解が深まります。

気になる方は、「EV値ってなに?計算方法などEV表で説明するよ」をご覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる