Photoshop

Photoshopの使い方!写真好き・加工初心者向け

こんにちは!カメラマンのケイスケです!

Photoshopを使ってみたいんだけど、

カメさん
カメさん
機能が多すぎてわからない
ウサギさん
ウサギさん
どこから覚えたらいいかわからない!

と思っていませんか?

Photoshopは大変便利なツールで、写真加工だけではなく、デザインの機能も備わっています。

ただ写真を加工する上では、このデザインの機能を覚える必要はありません。

写真を加工するために必要な機能だけを覚えれば大丈夫です。

この記事では、写真好き&Photoshop初心者さんに向けて、

  • Photoshopでできること
  • Photoshop画面の見方と各パーツについて
  • 画像の開き方と新規ファイル作成方法
  • 「切り抜き」ツールで画像をトリミング
  • トーンカーブで写真を明るく
  • 写真の保存方法

と写真加工の基本的な流れをお伝えします。

簡単に自己紹介をすると、Photoshop歴15年、カメラ歴12年で、現在プロカメラマンをしています。

また、アドビ認定アソシエイトも所持しています。

Photoshop購入がまだの方は、「Photoshopの値段は?最安はどれ?」を参考にしてみてください。

Photoshopでできること

まず初めにPhotoshopではどんなことができるのか把握しておきましょう。

Photoshopではたくさんのことができますが今回は3つの事例をご紹介します。

1 写真の明るさや色味の調整

【初心者向け】Photoshopで出来る9つのコト

Photoshopは写真の明るさを調整できます。

また写真全体だけではなく部分的な調整も可能です。

この部分的に細かく調整できることがPhotoshopの強みです。

2 写真にエフェクトをかけて個性的に

【初心者向け】Photoshopで出来る9つのコト

写真にフィルターをかけて、写真を個性的にすることもできます。

3 写真に写ってしまった不要なものを消す

【初心者向け】Photoshopで出来る9つのコト

写真に不要なものが映り込んでしまった場合、Photoshopでそれを消すことができます。

また消すだけではなく、選択したものを複製することもできます。

もっと知りたい方は「Photoshopでできること:事例9コ」をご覧ください。

 

Photoshop画面の見方と各パーツについて

次からは、Photoshopの管理画面の見方から覚えていきましょう。

Photoshopの画面は4つのブロックで構成されています。

  1. メニューバー
  2. ツールバー
  3. オプションバー
  4. パネルウィンドウ

1番上が「① メニューバー」、画面左にあるのが「② ツールバー」、メニューバーの下にあるのか「③ オプションバー」画面右にあるのが「④ パネルウインドウ」です。

① メニューバー」には、Photoshopの様々な機能にアクセスできる項目が収納されています。

例えば「新規のファイルを開く」「保存する」「トーンカーブ」「フィルター」などです。

 

② ツールバー」はPhotoshopで使うことができるツールがアイコンで表示されています。

例えば「移動ツール」「切り抜きツール」「スタンプツール」「虫眼鏡ツール」などです。

 

③ オプションバー」では、ツールバーで選択したツールの詳細設定を行うことができます。

選択したツールによって表示される項目が変更されます。

例えばトリミングツールを選択した状態だと、「縦横比率」「角度補正」などの項目がオプションバーに表示されます。

④ パネルウィンドウ」には、「色調補正パネル」「カラーパネル」「レイヤーパネル」などが表示されています。

例えば、色調補正パネルでは、写真の明るさや彩度・色味を調整することができます。

また、パネルウィンドウは、メニューバーにあるウィンドウで、表示・非表示を設定することができます。

よく使う項目は表示させておいたり、あまり使わない機能は非表示にして、スッキリさせておくなど、自分仕様にカスタマイズすることができます。

詳しくは、「Photoshop画面の見方と各パーツについて」を参考にしてみてください。

 


スポンサードリンク

画像の開き方と新規ファイル作成方法

Photoshopで画像を開く方法は3つあります。

  1. 画像をドラッグして開く
  2. -1 トップ画面の「開く」
    -2 メニューバーにある「ファイル > 開く」
  3. 右クリックで「このアプリケーションでひらく」からPhotoshopを選択

今回はドラックで開く方法をお伝えします。

画像をドラッグして開く方法

やり方は簡単です。

まずPhotoshopを起動させます。

次に、Photoshopで加工したい画像をファインダー内からドラッグします。

これで無事にPhotoshopで画像を開くことができます。

関連:Photoshop画像の開き方と新規ファイル作成方法

 

「切り抜き」ツールで画像をトリミングしてみよう

画像を開くことができたら次は写真をトリミングしてみましょう。

ツールパネルの「切り抜き」ツールを選択します。

切り抜きツール使い方1

「切り抜きツール」を選択したら、画像上に表示されたハンドルをドラックして、トリミングする範囲を決めます。

切り抜きツール使い方

トリミング範囲が決定したらオプションバーにある「」をクリックしてトリミングを確定します。

切り抜きツール使い方

これでトリミングは完了です。

関連:Photoshop「切り抜き」ツールで画像をトリミングする方法

 

トーンカーブで写真を明るくしてみよう

Photoshopで明るくする方法はいくつかありますが、今回はトーンカーブを使って明るくしてみましょう。

メニューバーの「イメージ > 色調補正 > トーンカーブ」で選択します。

色調補正>トーンカーブ色調補正>トーンカーブ

するとパネルウインドウにトーンカーブのパネルが表示されます。

斜めの線の中間あたりをマウスでドラッグし、そのまま左上の方向に移動させます。

トーンカーブで明るくするトーンカーブで明るくする

すると写真が明るくなります。

 

写真を保存しよう

ここまでできたら最後に写真を保存します。

保存方法はメニューバーにある「ファイル > 保存」から行います。

保存をするときに、見ていただきたいポイントは、ファイル名の右に表示されている「❇︎(アスタリスク)」です。

Photoshopで写真を編集するとファイル名の右に「❇︎(アスタリスク)」が表示されます。

そして無事に保存ができると、このアスタリスクが消えます。

ちゃんと保存したつもりでも、この「❇︎(アスタリスク)」が表示されていたら、保存されていません。

保存をしたときはこの「❇︎(アスタリスク)」が非表示になっていることを確認しましょう。

関連:Photoshop最初に覚えたい5つの基本操作

 

基本がわかったら応用にもチャレンジ

以上、写真加工の基本の流れについてお伝えしました。

基本がわかったら、あとは応用にもチャレンジしてみましょう!

Photoshopよく使うショートカットキー26選

Photoshop コピースタンプツールの使い方

Photoshopで画像を拡大・縮小する方法

【Photoshop】部分的に明るくしてみよう!

Photoshopで写真の傾きを補正する方法

撮影後の料理をもっと美味しそうに!(Photoshop加工編)

 

Photoshopの使い方についてもっと知りたい方は、「Photoshopの使い方-カテゴリー一覧」をご覧ください。

もっとおいしそうに撮れる料理写真のコツを、無料配布してます!

おいしそうに撮れる料理写真のコツを6つにまとめました。

実例の写真を使ってできる限りわかりやすく説明してます。

プライベートや仕事で料理の写真を撮る方は、ぜひ参考にしてみてください。

また、知っておくと便利な小技・道具もご紹介してます。

※無料配布は予告なく終了させて頂く場合があります。気になる方はお早めに。

ダウンロードはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA