料理写真の専門家 ・フードフォトグラファー

料理の写真をスマホで美味しそうに撮る9つのコツ

Bufferの使い方!FacebookからTwitterやInstagramにも投稿できる?

WRITER
 
Bufferの使い方
スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン。(@Photo_0101)
長野県須坂市出身。写真歴12年。広告スタジオでコマーシャルフォトを勉強した後、独立。2016年に当サイトを開設しました(月間最高17万PV超)。料理撮影を中心に活動。最近は「朝ジム」にハマってます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!カメラマンのケイスケ (@Photo_0101)です!

今日、何気なくFacebookを見てたら、こんなアイコンが。

facebookの画面

facebookの画面

クリックしてみると、こんなポップアップが!

facebookの画面

facebookの画面

SNSのアイコンが並んで、書き込める!?

(自分の顔が並んでてて気持ち悪いけどw)

っというワケで、今回の記事では、複数のSNSに投稿できるButterの使い方をお伝えしますね!

最後の方で、FacebookからTwitterやInstagramにも投稿するやり方もお伝えしています。

以前の記事でIFTTTの使い方もお伝えしましたが、こっちの方が楽かもですw

参考 写真を同時投稿する「IFTTTの使い方」

では早速!


スポンサードリンク



Bufferとは

Bufferとは

Bufferとは

Bufferrは、複数のアカウントと連携して予約投稿できるサービスです。

Bufferrで利用できるSNSは、下記の6つ。

  • Twitter
  • Facebook
  • linkedin
  • google+
  • pinterest
  • instagram

予約投稿では、日時指定ができたり、画像付きで投稿できます。

(全て英語のサイトです。)

無料版と有料版がありますが、無料版で問題なく使えます。

個人で使う分には、無料版で大丈夫!

※無料版の制限は、予約が10件までです。

1つのSNSにつき1つのアカウント管理。

例えば複数Twitterアカウントを持っていても、連携できるのは1つです。

Bufferの登録方法

では、登録からやっていってみましょう!

まずBufferにアクセスします。

https://buffer.com/

画面中の「Sign up fo free」をクリック。

Buffer登録方法

Buffer登録方法

SNSアカウント」か「メールアドレスとパスワード」で登録します。

Buffer登録方法

Buffer登録画面

ログインできると、こんな画面になります。

Bufferの画面

Bufferの画面

アカウントと連携

登録ができたら、あなたのSNSアカウントと連携させましょう!

連携したいSNSをクリックすれば、連携できます。

Bufferアカウント連携

Bufferアカウント連携

(個人的には、Facebookページも連携できるのが嬉しい^^)

例えばTwitterの場合、

Twitterを選択と、「Bufferにアカウントの利用を許可しますか?」の画面になります。

あなたのTwitterのIDとパスワードを入力して「連携アプリを認証」をクリックしてください!

Bufferアカウント連携Twitter

Bufferアカウント連携Twitter

すると無事に連携できます。

同様にFacebookやInstagramも連携します。

BufferSNS連携

BufferSNS連携

全ての連携できると、画面左にあなたのSNSアカウントのアイコンが並びます。

BufferSNS連携

BufferSNS連携

次からは、実際に投稿してみましょう!


スポンサードリンク


Bufferの使い方ー投稿してみよう(PC)

Bufferでは、投稿したいSNSを選択することができます。

Facebookのみに投稿したり、Facebook、Twitter、Instagramに同時投稿もできます。

まず、トップ画面で投稿したいSNSを選択。

Twitter選択

SNS選択

他のSNSにも投稿したいときは、アイコンを選択します。

ほかのSNS選択

ほかのSNS

投稿するSNSを選んだら、テキストを入力します。

写真や動画も投稿したいときは、「Add a photo or video」をクリックして、アップロードします。

Buffer投稿の仕方

テキストと写真

※Instagramを選択した場合、画像を添付しないと投稿できない仕様になっています。

ここまでできたら、あとは投稿です。

このとき「」をクリックすると、投稿のタイミングを選ぶことができます。

Buffer投稿の仕方

投稿のタイミング

通常は、このままで問題なく同時投稿できます!

ただインスタグラムだけ、投稿に一手間必要になります。(後述してます)

予約投稿のタイミングは3つから選ぶ

Bufferでは、以下の3つの投稿方法があります。

  1. Share Next
  2. Share Now
  3. Schedule Post

あとで予約の日時設定するから、とりあえず投稿内容を複数保存しておきたい方は「Share Next」を!

今すぐ投稿したい方は「Share Now」を、

投稿予約(日時指定)をする方は「Schedule Post」を選びましょう。

Bufferの使い方ー投稿してみよう(スマホ)

Bufferはスマホから投稿することもできます!

インストールはこちらから。

Buffer: Manage Social Media

Buffer: Manage Social Media
開発元:Buffer, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 

インストールができたら、投稿してみましょう!

アプリを立ち上げて、画面右下にある鉛筆のアイコンをタップします!

Bufferアプリの使い方

Bufferアプリ

次に、同時投稿したいSNSを選択します。

画面右上の」をタップ。

Bufferアプリの使い方

画面右上のアイコン

SNSが選択できる画面になるので、同時投稿するSNSを選びます。

Bufferアプリの使い方

SNSを選ぶ

ひとつ前の画面に戻り、テキストを入力します。

写真も投稿したいときは、画面左下のカメラアイコンから選びましょう!

Bufferアプリの使い方

カメラアイコン

テキストと写真の準備ができたら、投稿です!

Share」をタップします。

Bufferの使い方

「Share」をタップ

すると、PCの時と同様に3つの投稿方法を選ぶことができます。

選んで投稿しましょう!

Bufferアプリ使い方

投稿設定

Facebookから投稿してみよう

(これが個人的に驚いた)

フェイスブックのアカウントと連携できると、あなたのFacebook画面に「Buffer」のアイコンが表示されます。(・・・のハズ)

facebookの画面

facebookの画面

こちらも投稿したいSNSを選ぶことができます。

「だいたい投稿の内容は同じだけど、SNSごとに少し内容を変えたい」って時に便利です!

例えば、こんな感じです!

Facebook投稿画面

Facebook投稿画面

インスタグラムにはハッシュタグをたくさん入れたいけど、FacebookやTwitterにはあんまり入れたくない!

っという時に便利ですね。

<補足>インスタグラムに投稿する際の注意

PC・スマホどちらで投稿設定しても、インスタグラムだけは一手間必要です。

(ここが惜しい!)

Bufferを使ってインスタグラムに投稿しても、同じタイミングで投稿されないです。

インスタグラムの画面に切り替え、インスタグラムから投稿する必要があるんです。

(インスタグラムに通常通り投稿するよりは手間が少ないです。)

内容をお伝えします!

インスタグラムを選択して投稿すると、スマホにこんな通知がきます。

スマホの画面

スマホの画面

こんな表示がされたらPOST!」をタップ。

次に「Open Instagram」をタップ。

 
Bufferアプリの使い方

Bufferアプリインスタグラムの使い方

インスタグラムにログインしていることを確認して、I’M GOOD TO GO」をタップします。

Bufferアプリの使い方

「I’M GOOD TO GO」をタップ

インスタグラムに、写真がアップされている状態になります。

次からは通常通り投稿していきます。

Bufferアプリの使い方

最後の画面、先ほどBuffer経由で書いたテキストがスマホのクリップボードに保存されています。

なので、長押しして「貼り付け」をします。

Bufferアプリの使い方

ああ

すると、先ほど入力したテキストがペーストされます。

Bufferの使い方

まとめ

以上、複数のSNSに投稿できるButterの使い方をお伝えしました!

SNSを使ってブランディングしている方には、負担を減らしてくれるツールかと思います。

今回は以上です。

ここまで読んでくださって、ありがとうございます!

撮影に役立つPDFプレゼント中!

LINE@お友達追加で

今すぐ使える

「デジタル一眼の使い方・写真の撮り方!」

をプレゼント♪

今のうちにゲットしてください。

ぜひ、あなたのカメラライフに役立ててください!

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン。(@Photo_0101)
長野県須坂市出身。写真歴12年。広告スタジオでコマーシャルフォトを勉強した後、独立。2016年に当サイトを開設しました(月間最高17万PV超)。料理撮影を中心に活動。最近は「朝ジム」にハマってます。
詳しいプロフィールはこちら