パソコン

Lightroomの無料プラグインGoogle Nik Collectionを使ってみた!

こんにちは!カメラマンのケイスケ (@Photo_0101)です!

いつも当ブログを読んで下さってありがとうございます!

前回の記事では、カメラの「RAW現像ソフト」についてお伝えさせて頂きました!

Adobe-Lightroomアイキャッチ
RAW現像ソフトまとめました!フリーから有料まで「どのRAW現像ソフトを使えばいいんだろう」っと悩んでいませんか?フリー・有料のRAW現像ソフトをまとめました。無料体験版が用意されているソフトもあります。参考にしてみてください。...

さて、

以前の記事で、いろんなRAW現像ソフトを比較して「Photoshop + Lightroom」を早速導入しました!

「Photoshop + Lightroom」を選んのは、実は「Google Nik Collectionを使ってみたい!」っという理由もありました!

この記事では「Google Nik Collection」についてお伝えします!

Google Nik Collectionって何?

Google Nik Collection」とは、PhotoshopとLightroomの機能を拡張できるプラグインです。

Google Nik Collection」は、もともとプロ向けの編集ソフトで、149ドルで売られていました!

ケイスケ
ケイスケ
149ドルってことは、16,500円くらいですかね・・

それをGoogleが買収し、2016年3月に無料化になったプラグインです。

このプラグインには、以下7つのフィルターが入っています。

  1. Analog Frex Pro2(フィルムのフィルター)
  2. Color Efex Pro2(色補正、レタッチなどのフィルター)
  3. Silver Efex Pro 2(モノクロのフィルター)
  4. Viveza 2(選択範囲を指定できるフィルター)
  5. HDR Efex Pro2(ハイダイナミックレンズのフィルター)
  6. Dfine2(ノイズ低減)
  7. Sharpener Pro3(シャープネスを設定するフィルター)

今回、上から5つを紹介しますね!

今回「Dfine2」と「Sharpener Pro3 」については説明を省きます!

Google Nik Collectionの導入方法

Google Nik Collectionは、こちらのサイトからダウンロードができます!

https://www.google.com/intl/ja/nikcollection/

追記<2019年10月>

無料で使えるのは、旧バージョンのみとなりました。

https://nikcollection.dxo.com/nik-collection-2012/

インストールの方法・操作方法など若干変更されていると思います。

あくまで参考程度にこちらの記事を読んで頂けると嬉しいです。

Google Nik CollectionGoogle Nik Collectionダウンロード

リンク先から、「nikcollection-full-1.2.11.dmg」をダウンロードしてください。

ダウンロードしたら、インストールしていきます。

これひとつのファイルに、全部のプラグインが入っています。

Google Nik CollectionGoogle Nik Collectionインストール

少し説明を省きますが、「続行」「OK」「同意」を続けていただければとw

Google Nik CollectionGoogle Nik Collectionインストール

スポンサードリンク

Google Nik Collectionの使い方

Google Nik Collectionは、PhotoshopとLightroomどちらでも使うことができます。

僕はLightroomに入れたので、Lightroomでの使い方をお伝えしていきますね。

写真」→「その他のツール」からプラグインを実行できます。

(画面、上が切れててゴメンナサイ!)

Google Nik Collection

HDR Efex Pro」は別のところから選ぶことができます。

場所は「ファイル」→「プリセットで書き出し」です。
(こっちも画面上が切れててゴメンナサイ!)

Google Nik Collection

また、画像を開いた状態で右クリック「他のツールで編集」から使うこともできます。

また「HDR Efex Pro」は、右クリック「書き出し」の中から選ぶことができます。

Analog Frex Pro2

公式ページより

ここから一つ一つ、フィルターを説明していきますね!

Analog Efex Pro」は、昔ながらのカメラ、フィルム、レンズの雰囲気を楽しむことができるプラグインです。

参考までに、修正前と修正後の写真を載せておきますね!

Analog Frex Pro2調整前
Analog Frex Pro2調整後

Analog Frex Pro2の編集画面

Analog Frex Pro2の編集画面Analog Frex Pro2の編集画面

クラシックカメラ」を始め、「湿板」や「トイカメラ」などたくさんのフィルターが用意されています。

Analog Frex Pro2Analog Frex Pro2の編集画面

編集画面の左側でプリセット(フィルター)を選び、右側で微調整ができます。

僕は古い雰囲気の写真が好きなので、個人的に好きなプラグインです。

Color Efex Pro2

Viveza公式ページより

色調補正、レタッチ、クリエイティブな効果を加えることができるプラグインです。

Color Efex Pro2調整前
Color Efex Pro2調整後

Color Efex Pro2の編集画面

Color Efex Pro2の編集画面Color Efex Pro2の編集画面

クロスプロセス」や「フィルム効果:ノスタルジック」など「Analog Frex Pro2」とちょっと近いものを感じますが、こちらもたくさんのフィルターが用意されています!

こちらも左側のプリセット(フィルター)から選び、右側で微調整ができます。

手軽にエフェクトをかけることができます。

Silver Efex Pro 2

Viveza公式ページより

Silver Efex Pro 2」は、モノクロ写真を楽しめるフィルターです。

Silver Efex Pro 2調整前
Silver Efex Pro 2調整後

モノクロ写真、悩むんですよね。(意外とw)

これもいくつもプリセット用意されています!

Silver Efex Pro 2の編集画面

Silver Efex Pro 2の編集画面Silver Efex Pro 2の編集画面

Viveza 2

Viveza公式ページより

Viveza 2」は、選択範囲を調整して、部分的に色や色調を調整できる機能です。

ちょっと使い方が難しいです。

Viveza 2調整前
Viveza 2調整後

(ちょっと使い方がわからず、写真全体を補正しちゃったけどw)

Viveza 2の編集画面

Viveza 2の編集画面Viveza 2の編集画面

(本来は)コントロールポイントを追加して、調整したい部分を選択し、調整します!

またコントロールポイントを複数作ることもできます!

HDR Efex Pro2

Viveza公式ページより

HDR Efex Pro2簡単にHDR写真が楽しめるフィルターです。

「HDR写真」とは、ハイダイナミックレンジ合成写真のことです。

1枚の写真に異なる露出の画像を合成して、合成写真を作ります!

HDR Efex Pro2調整前
HDR Efex Pro2調整後
ケイスケ
ケイスケ
「絵」みたいなフィルターを選んでみました!

HDR Efex Pro2の編集画面

HDR Efex Pro2の編集画面HDR Efex Pro2の編集画面

最後に

個人的には、フィルム調の写真になる「Analog Frex Pro2」や「Color Efex Pro2」、それと「絵」みたいな雰囲気を作れる「HDR Efex Pro2」が好きです!

もう少し遊んでみようと思います!

気になる方は、お試しあれっ!

ここまで読んでくださってありがとうございます!

カメラの視度調整しましたか?次の記事はこちら

ファインダーの視度調整をしようこんにちは!カメラマンのケイスケ (@Photo_0101)です! さて、 デジタル一眼を買ったばかりのときは、たくさんのボ...
ABOUT ME
長谷川敬介
カメラマンの長谷川敬介です。カメラ歴12年|Photoshop歴15年|
\Twitterでフォローしよう/
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA