Photoshopの使い方

撮影後の料理をもっと美味しそうに!(Photoshop加工編)

こんにちは!カメラマンのけいすけ (@Photo_0101)です!

Photoshopを、15年間使い続けています。

さて撮影した写真、そのまま使っていませんか?

画像調整ソフトPhotoshopを使えば、更に美味しそうに仕上げることができます

今回は、お肉の写真を例に、僕が料理を撮影したあと行っている画像調整の工程をお伝えしようと思います。

画像写真を見て頂くとわかるとおり、今回の主役は「お肉」です!

この「お肉」をもっと存在感を出しながら美味しそうにしていこうと思います!

作業の流れとしては

  1. ブラシツールとクイックマスクで選択する
  2. トーンカーブでコントラストをつける
  3. トーンカーブまたは彩度で色味を強調する

ブラシツールで選択

まずはじめにブラシツールを使います。 ショートカットはキーボードの「B」です!

ブラシを選択した後、「選択範囲>クイックマスクモードの編集」を選びます! 「クイックマスクモードの編集」のショートカットは「Q」です!

お肉の形に沿って、ぬりぬりしていきましょう!

ブラシで塗り終わったら、「クイックマスクモードの編集」をもう一度押すか、またはキーボードの「Q」を押して編集を解除!

無事、選択できました!

ブラシツールで選択すると、早いし選択範囲が自然になるのでオススメです!

トーンカーブでコントラストをつける

次に、トーンカーブでコントラストをつけます!

↓だいたいいつもこれくらい!少しの調整なんだけど、大事!

↓ビフォアー

↓アフター

(若干の違いなんだけど!)

立体感・存在感・つや感を強調したい」という想いを込めながら調整します!

コントラストを強調してあげると、なぜか彩度・色味も強調されますw

トーンカーブまたは彩度で色味を強調する

次に色味も強調させてあげます!

撮影時に、色温度を少し高めに設定してるから、暖色系がに行くハズなんだけど、

僕のカメラ(Canonの一眼レフ)の特性が原因なのか、「赤系」の表現が弱いです。

なので、画像処理で「」を強調してあげます!

(あんまりやりすぎると、わざとらしくなるからこちらも少し!) ↓これくらい

トーンカーブに加えて、「色相・彩度」も調整

↓ビフォアー

↓アフター

ちょっとくすんでいたお肉の色が生き返って、美味しそうになったんじゃないかと^^

お肉はとくに、空気に触れると酸化しちゃうんで、時間の経過とともに変色しちゃいます。

切ったらすぐに撮影するか、こうした画像調整をした方が、美味しそうになりますよ!

↓全体のビフォアー

↓全体のアフター

最後に

少しでも美味しそうになれ!」っていう気持ちが大切!

だけどあんまりやりすぎると、ワザとらしくなるなるからやりすぎ注意!

今回は以上です!

少しでもお役に立ったら「いいね!」「シェア」などしてもらえると嬉しいです^^

>>次のページは

出来たてを演出!! 湯気素材のPhotoshop合成方法

 

ABOUT ME
長谷川敬介
プロカメラマン。カメラ歴は12年。 料理写真がメインで、200店舗以上撮影。 「写真の楽しさを広めたい」をモットーにブログを書いてます。 記事を読んでわからないことがあったらお気軽にコメントください。その際は「カメラ歴」「使用カメラ」「パソコン(Win・Mac)」など教えて頂けると嬉しいです。
写真がもっと楽しくなる

写真編集ソフトで調整してると

  • この明るさの方が良いかな
  • あの時、こう撮ればよかったかな
  • 次は、こうしてみよう

って考える時間が増えるので、写真上達に繋がりますよ!(&楽しい)

おすすめは以下の3つ。

①Luminar 4
Luminar 4は、AI(人工知能)を搭載されていて、空や人物の顔のレタッチが簡単にできます。(買い切り)
Luminar 4(ルミナー)徹底レビュー!5つの魅力と新機能

Photoshop elements
機能がまとまっていて、初心者でもわかりやすい操作画面になってます。(買い切り)
Photoshop Elementsの使い方 

Adobe フォトプラン
「Photosho」と「Lightroom」の2つの写真編集ソフトが使えるプランです。どちらも多機能。(サブスクリプション)
【初心者向け】Photoshopでできること:事例9コ 

比較記事

【目的別】プロが選ぶ!おすすめの写真編集ソフト3選

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AI(人工知能)搭載の画像編集ソフトを使ってみた
レビュー記事はこちら
AI(人工知能)搭載の画像編集ソフトを使ってみた
記事を見る