美味しそうに撮る!料理撮影のストロボライティング

こんにちは!カメラマンのけいすけです。

カメさんのアイコン画像カメさん

ストロボを使って料理の写真を撮ってみたい

と思っていませんか?

この記事では、料理写真のライティング紹介と「どうやってライトの位置を決めたら良いのか」についてお伝えします。

簡単なプロフィール

  • 広告写真スタジオ7年勤務
  • カメラ歴12年
  • 料理撮影をメインに活動しているプロカメラマン
目次

料理撮影のストロボライティング

あくまで僕の例ですが、ストロボを3つ使っています。

  • 写真全体のトーン
  • 料理の立体感(コントラスト)

に影響します。

メインライトを上に移動

料理写真のストロボライティング-メインライト
定位置
料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト高い位置

例えば、ストロボライトを上に移動させると、

  • 光は全体に回りやすくなる
  • 写真のトーンはコントラストが低く
  • 立体感も少なく

なります。

料理写真のストロボライティング-メインライト

光が全体に回るので、優しい印象になります。

「背景のみ」の写真を見ると、写真全体に光が回ってる様子がわかると思います。

料理写真のストロボライティング-メインライト
アップ
メインライトの上下
背景のみ

なので、女性が好む食べ物(例:スイーツ・ケーキなど)の場合、ストロボライトの位置は少し上の方が撮りやすいと思います。

ただ、高い位置にしすぎると「お店の照明で撮りました」感が出てくるので、ご注意を!

メインライトを下に移動

料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライトのみ-定位置
料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-低い位置

逆にストロボライトを下に移動させると、

  • 写真全体のトーンはコントラストが高く
  • 立体感が強調

されます。

料理写真のストロボライティング-メインライト

写真全体のコントラストが強くなるので、立体感が強調されます。

良く言えば「かっこいい」(悪く言えば「コワイ」)写真になります。

料理写真のストロボライティング-メインライト
アップ
メインライト下から
背景のみ

コントラストが強くなるので、ラーメンなど男性が好む食べ物に合うかと良いと思います。

メインライトの上下の比較

料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-上に移動
料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-下に移動
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

今回は、お皿が1つなので、メインライトの位置が低くても良いと思います。
ただお皿の数が多い場合は、高い位置からメインライトを当てた方が良いです。
低い位置から当てると、ストロボの反対側にあるお皿まで光が届かないからです。

メインライトの前後

メインライトの前後は、「写真全体の雰囲気を重視する」か「”料理が美味しそうに見える”を重視するか」に影響します。

(文字で伝えるのがとても難しい・・・)

メインライトを奥に移動

料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-奥に移動
料理写真のストロボライティング-メインライト
定位置

メインライトを後ろに移動させると、写真全体の雰囲気が良い写真になります。

奥から、光が差し込んでいるような写真になるからです。

料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-奥に移動

写真全体としては、爽やかな印象の写真になります。

ただ「”料理が美味しそうに見える”」は、少なくなるかなと思います。

また、メインライトが奥にいくと、より「逆光」の位置になっていくため、「色」が見えにくくなります。

メインライトの前後
メインライト-奥から

メインライトを手前に移動

料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-手前に移動
料理写真のストロボライティング-メインライト
定位置

メインライトを前に移動させると、写真全体の印象は少し下がりますが、料理がより美味しそうに見えます。

メインライトを前に移動させたことで、料理への影響が大きくなるからです。

料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-手前に移動

メインライトが手前に移動すると、より「色」が表現されます。

メインライトの前後を比較

メインライトの前後
メインライト-奥に移動
料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-手前に移動
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

料理が美味しそうに見える”を重視したい場合は、比較的、前の方にメインのライトを移動させた方が良いです!

メインライト+サブライト①

料理写真のストロボライティング-メインライト+サブライト①
メインライト+サブライト①
料理写真のストロボライティング-メインライト
定位置

サブライト①は、「色」専用のストロボライトです。

手前からの光で、料理のシャドー部分を明るくします。

料理の「色」は、シャドー部分で見せるからです。

このストロボライトは、ストロボの出力パワーで調整します。(位置は固定なので)

最初はストロボの最弱パワーからスタートして、テスト撮影をしながらバランスを見ていくといいです。

これはレフ板でも代用できます。

僕は、サブライト①と、レフ板を併用しています。

シャドー部分に光を当てて、料理の「色」を見せます。

料理写真のストロボライティング
メインのみ
料理写真のストロボライティング
メインライト+サブライト①
サブライト①
メインライトのみ
サブライト①
メインライト+サブライト①
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

このライトを強くしずぎると、「合成写真」っぽくなってしまうので、やりすぎ注意です

メインライト+サブライト①+サブライト②

料理写真のストロボライティング-メインライト+サブライト①+サブライト②
メインライト+サブライト①+サブライト②
料理写真のストロボライティング-メインライト
定位置

サブライト②は、「シズル感」専用のストロボライトです。

このストロボライトは、「位置」と「出力パワー」で調整します。

位置は、だいたい後ろ45度、”高さはお皿の”20cm上です。

「高さはお皿の」というのは、お皿や器によって、ストロボの高さ位置が変わるからです。

「出力パワー」は、ストロボパワーの最弱から始めると良いです。

このサブライト②で、シズル感を強調します。

料理写真のストロボライティング
メインライト+サブライト①
料理写真のストロボライティング
メインライト+サブ①+サブ②
サブライト①
メインライト+サブ①
メインライト+サブ①+サブ②

ただ、強くしすぎると、あまりよろしくない影が目立ってしますので、バランスを見ながら調整します。

最後に

ライティング初心者の方は1つでも全然だいじょうぶです。

メインライト1つでも充分に美味しそうに撮れます。

それと今回はボックスライトを使いましたが、ボックスライトは比較的コントラストが強いです。

なので、撮影スペースが確保できる方は、アートレやトレペを垂らしてディヒューザー越しのライティングをした方が撮りやすいカモです!

参考:ストロボ ディフューザーの比較・使い方!ライティング基礎

  • メインライト1つ
  • サブライト2つ

という構成です。

実際にどう使うのかをお伝えする前に、「なぜストロボを3つ使うのか」についてお伝えします。

ストロボを3つ使う理由

個人的な考えですが、美味しそうに見える料理写真は、以下の3つの要素が必要だと思っています。

  • 立体感(全体のトーン)
  • シズル感

この3つの要素を、ストロボ1つずつに割り当てます。

  • メインライト:立体感(全体のトーン)
  • サブライト①:色
  • サブライト②:シズル感

「どうして、ストロボ1つに対して、役割を1つだけ」にするのかというと、役割を1つにした方が、考えることがシンプルになり、ライティングの微調整がやりやすくなるからです。

例えば、

  • 立体感(全体のトーン)を変更したくなったら、メインライトを調整
  • 料理の色を、強調したいと思ったらサブライト①のパワーを強くする
  • 料理のシズル感を強調したいと思ったら、サブライト②のパワーを強くする

といった具合です。

逆に、複数の役割を1つのストロボでまかなうと、「一部分を変更したことで、ほかの要素に悪影響が出てしまう」ことがあります。

こうなると、むしろストロボのライティング調整が複雑になることも・・。
(考えるのが、面倒に・・笑)

なので、できるだけシンプルにしたいので「1つのストロボに対して、役割は1つ」にしています。

料理写真のストロボライティング

料理写真のストロボライティング

上記の図が、料理写真のストロボライティング構成です。

既にお伝えした通り、

  • メインライト:立体感(全体のトーン)
  • サブライト①:色
  • サブライト②:シズル感

の役割を割り当てた構成です。

料理写真のストロボライティング
完成写真

次は、ライティングの位置の決め方についてお伝えしていきます。

料理写真のストロボライティング-メインライト

料理写真のストロボライティング-メインライト

メインのライトは、主に写真全体のトーンと料理の立体感のためのストロボライトです。

(ただ、ストロボの位置によっては、「色」にも影響します。)

カメラのアングルにもよりますが、最初は前後は奥に30度、高さは料理に対して35度くらいの逆光にセッティングしておくといいです。

料理写真のストロボライティング-メインライト
奥に30度
料理写真のストロボライティング-メインライト
料理に対して35度くらいの高さ

ここから、テスト撮影をしながらライティングの調整をしていきます。

1番重要なストロボライトなので、「どこに移動させたら写真にどう影響するのか」を理解しておくことが大事です。

できるだけ詳しくお伝えします。

メインライトの上下

メインライトの上下は、

  • 写真全体のトーン
  • 料理の立体感(コントラスト)

に影響します。

メインライトを上に移動

料理写真のストロボライティング-メインライト
定位置
料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト高い位置

例えば、ストロボライトを上に移動させると、

  • 光は全体に回りやすくなる
  • 写真のトーンはコントラストが低く
  • 立体感も少なく

なります。

料理写真のストロボライティング-メインライト

光が全体に回るので、優しい印象になります。

「背景のみ」の写真を見ると、写真全体に光が回ってる様子がわかると思います。

料理写真のストロボライティング-メインライト
アップ
メインライトの上下
背景のみ

なので、女性が好む食べ物(例:スイーツ・ケーキなど)の場合、ストロボライトの位置は少し上の方が撮りやすいと思います。

ただ、高い位置にしすぎると「お店の照明で撮りました」感が出てくるので、ご注意を!

メインライトを下に移動

料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライトのみ-定位置
料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-低い位置

逆にストロボライトを下に移動させると、

  • 写真全体のトーンはコントラストが高く
  • 立体感が強調

されます。

料理写真のストロボライティング-メインライト

写真全体のコントラストが強くなるので、立体感が強調されます。

良く言えば「かっこいい」(悪く言えば「コワイ」)写真になります。

料理写真のストロボライティング-メインライト
アップ
メインライト下から
背景のみ

コントラストが強くなるので、ラーメンなど男性が好む食べ物に合うかと良いと思います。

メインライトの上下の比較

料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-上に移動
料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-下に移動
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

今回は、お皿が1つなので、メインライトの位置が低くても良いと思います。
ただお皿の数が多い場合は、高い位置からメインライトを当てた方が良いです。
低い位置から当てると、ストロボの反対側にあるお皿まで光が届かないからです。

メインライトの前後

メインライトの前後は、「写真全体の雰囲気を重視する」か「”料理が美味しそうに見える”を重視するか」に影響します。

(文字で伝えるのがとても難しい・・・)

メインライトを奥に移動

料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-奥に移動
料理写真のストロボライティング-メインライト
定位置

メインライトを後ろに移動させると、写真全体の雰囲気が良い写真になります。

奥から、光が差し込んでいるような写真になるからです。

料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-奥に移動

写真全体としては、爽やかな印象の写真になります。

ただ「”料理が美味しそうに見える”」は、少なくなるかなと思います。

また、メインライトが奥にいくと、より「逆光」の位置になっていくため、「色」が見えにくくなります。

メインライトの前後
メインライト-奥から

メインライトを手前に移動

料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-手前に移動
料理写真のストロボライティング-メインライト
定位置

メインライトを前に移動させると、写真全体の印象は少し下がりますが、料理がより美味しそうに見えます。

メインライトを前に移動させたことで、料理への影響が大きくなるからです。

料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-手前に移動

メインライトが手前に移動すると、より「色」が表現されます。

メインライトの前後を比較

メインライトの前後
メインライト-奥に移動
料理写真のストロボライティング-メインライト
メインライト-手前に移動
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

料理が美味しそうに見える”を重視したい場合は、比較的、前の方にメインのライトを移動させた方が良いです!

メインライト+サブライト①

料理写真のストロボライティング-メインライト+サブライト①
メインライト+サブライト①
料理写真のストロボライティング-メインライト
定位置

サブライト①は、「色」専用のストロボライトです。

手前からの光で、料理のシャドー部分を明るくします。

料理の「色」は、シャドー部分で見せるからです。

このストロボライトは、ストロボの出力パワーで調整します。(位置は固定なので)

最初はストロボの最弱パワーからスタートして、テスト撮影をしながらバランスを見ていくといいです。

これはレフ板でも代用できます。

僕は、サブライト①と、レフ板を併用しています。

シャドー部分に光を当てて、料理の「色」を見せます。

料理写真のストロボライティング
メインのみ
料理写真のストロボライティング
メインライト+サブライト①
サブライト①
メインライトのみ
サブライト①
メインライト+サブライト①
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

このライトを強くしずぎると、「合成写真」っぽくなってしまうので、やりすぎ注意です

メインライト+サブライト①+サブライト②

料理写真のストロボライティング-メインライト+サブライト①+サブライト②
メインライト+サブライト①+サブライト②
料理写真のストロボライティング-メインライト
定位置

サブライト②は、「シズル感」専用のストロボライトです。

このストロボライトは、「位置」と「出力パワー」で調整します。

位置は、だいたい後ろ45度、”高さはお皿の”20cm上です。

「高さはお皿の」というのは、お皿や器によって、ストロボの高さ位置が変わるからです。

「出力パワー」は、ストロボパワーの最弱から始めると良いです。

このサブライト②で、シズル感を強調します。

料理写真のストロボライティング
メインライト+サブライト①
料理写真のストロボライティング
メインライト+サブ①+サブ②
サブライト①
メインライト+サブ①
メインライト+サブ①+サブ②

ただ、強くしすぎると、あまりよろしくない影が目立ってしますので、バランスを見ながら調整します。

最後に

ライティング初心者の方は1つでも全然だいじょうぶです。

メインライト1つでも充分に美味しそうに撮れます。

それと今回はボックスライトを使いましたが、ボックスライトは比較的コントラストが強いです。

なので、撮影スペースが確保できる方は、アートレやトレペを垂らしてディヒューザー越しのライティングをした方が撮りやすいカモです!

参考:ストロボ ディフューザーの比較・使い方!ライティング基礎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

プロカメラマン。カメラ歴は12年。
料理写真がメインで、200店舗以上撮影。
写真撮るのが好きです!

コメント

コメントする

目次
閉じる