Lightroomプリセットで遊んでみませんか?

動画編集が簡単にできる「FlexClip」【PR】

こんにちは!カメラマンの長谷川です。

今回は「PearlMountain」から、「FlexClip」のご提供を頂いたのでレビューしていきます。

どんなソフトかというと、初心者でも簡単に動画が作れるソフトです。

まずはじめに完成した動画をご覧ください。

目次

FlexClipの完成動画

こんな感じの動画が、30分~45分で作ることができます。

今回初めてこのソフトを使いましたが、操作に迷うこともなく使うことができました。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

まずはこのソフトの特徴を3つお伝えします。

FlexClipの3つの特徴

  1. 初心者でも扱いやすい
  2. 動作が軽い
  3. 細かい微調整はちょっと難しい

1:初心者でも扱いやすい

1つ目は、先ほどもお伝えした通り「初心者でも扱いやすい」ということです。

例えば、動画編集のプロも使っている「Adobe Premiere Pro」というソフトは、機能がたくさんあり、操作を覚えるのも大変です。

一方、「FlexClip」は主要な機能のみ取り入れているので、その分わかりやすくてすぐに慣れることができます。 

例えば、写真に動きをつける「アニメーション」という機能があります。

Premiere Pro の場合だと、いくつか設定を行なって動きをつける必要がありますが、「FlexClip」の場合すでにいくつかのアニメーションのテンプレートが用意されているため、その中から選択すれば簡単にアニメーションをつけることができます。

ほかの機能も同様です。

すでに用意されているテンプレートの中から選択して、必要な部分を変更するという仕様になってます。

2:動作が軽い

「FlexClip」は、オンライン上で扱うソフトです。

インストール型のソフトの場合、スペックの低いパソコンで扱うと、動きが重たくなってしまうことがあります。

その点、「FlexClip」はオンライン上で動かすソフトなので、動作がパソコンのスペックに影響されません。

スムーズに編集できます。

3:細かい微調整はちょっと難しい

操作が簡単な「FlexClip」ですが、細かい調整は不向きです。

例えばテキストを入れる場合、文章全体の文字の大きさを変更することはできますが 、文中の1文字だけ「大きさや色を変える」といった操作は難しいです。

とはいえ、そこまでこだわらなくても動画全体のクオリティが保たれるケースは多いです。

早く簡単に動画を作りたいという方に向いています。

「FlexClip」の使い方

次は「FlexClip」の使い方をお伝えしていきます。

「FlexClip」の大まかな使い方としては 、

  1. テンプレートを選択する
  2. 素材の入れ替え、編集
  3. 書き出す(エクスポート)

という流れです。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

では順を追って解説していきます。

1:テンプレートを選択する

まずはじめに、テンプレートを選択します。

ゼロから作ることもできますが、最初はテンプレートから作った方が良いと思います。

操作に慣れることもできますし。

テンプレートは、

  • ビジネス
  • ソーシャルメディア
  • スライドショー
  • 教育
  • 結婚式
  • 暮らし
  • トラベル

などのカテゴリーがあります。

このカテゴリーの中から自分が作成したい動画に合っているテンプレートを選択します。

今回は、「カメラレビュー」を選択します。

「FlexClip」の使い方

テンプレートを選択すると、編集画面に切り替わります。

「FlexClip」の使い方

1つの動画として完成しているテンプレートが、用意されています。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

後はこのテンプレート内の素材を、必要に応じて入れ替えたり、編集したりしていきます。

2:素材の入れ替え、編集

やり方をお伝えする前に、大まか画面の見方をお伝えします。

画面右にあるのがプレビュー画面です。

「FlexClip」の使い方

完成した動画を確認することができます。

画面左にあるのが素材パネルです。

「FlexClip」の使い方

テキストや、 アイコン、音楽などの素材が用意されています。

ちなみにこの中のテキストの素材は、アニメーション付きのテキストも用意されています。

なのでこの素材を動画に取り込むだけで、見栄えの良い1シーンにすることができます。

画面下にあるのが、ストーリーボードです。

「FlexClip」の使い方

ここでのストーリーボードは、動画のワンシーンと考えると分かりやすいと思います。

今回のテンプレートでは、4つのストーリーボードが用意されています。

このストーリーボードは、足すこともできます。

また1つのストーリーボードの、時間を変更することもできます。 

では実際に、編集していきましょう。

今回は、「ストーリーボードの変更」と「ストーリーボードの追加」を行っていきま 。

まずはじめに、ストーリーボードの変更からやっていきましょう。

2つ目のストーリーボードを変更してみます。

2つ目のストーリーボードを選択すると、 画面右のプレビュー画面に選択したストーリーボードの動画が表示されます。

「FlexClip」の使い方

素材を入れ替えたい時は、画面したの「ストックメディアを追加」 「ローカルメディアを追加」「記録」 「音声を録音する」から任意のボタンを選択します。

「FlexClip」の使い方
  • ストックメディアを追加:フレックスクリップ内の素材
  • ローカルメディアを追加:パソコン内にある素材を追加
  • 記録: 直接記録する
  • 音声を録音する:音声を直接録音する

テキストの文字を変更したい場合は、 テキスト上でダブルクリックします。

「FlexClip」の使い方

するとテキスト編集のポップアップが表示されます。

この画面内の文字を変更すると、ストーリーボードに反映されます。 

「FlexClip」の使い方

またプレビュー画面内の右下にある「秒」を選択すれば、このストーリーボードの秒数を変更することもできます。

「FlexClip」の使い方

次は、新規のストーリーボードを追加してみます。

画面下にある「ストーリーボード」にマウスを持って行き、「背景」を選択します。 

「FlexClip」の使い方

すると真っ黒な背景のストーリーボードが作成されます。

このストーリーボードはドラック&ドロップで位置を変更することもできますし、背景の色も変更することができます。

背景の色を変更したい時は、画面上部にあるカラーパレットから選択します。 

次は、ここにテキストを入れていきます。

画面左にある素材パネルから、お好みのテキストを選択します。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

今回は「単純のテキスト」内の「ボトムアップダウン」を選択。

「FlexClip」の使い方

すると、プレビュー画面にテキストが追加されます。

後は先ほどと同様に、 テキストを変更したり、画面上部の編集バーから文字の色を変えたり大きさの変更します。

「FlexClip」の使い方

3:書き出し(エクスポート)

一通りの編集が終わったら後は、動画を書き出します。

画面右上の「ビデオをエクスポート」を選択します。 

「FlexClip」の使い方

そして、書き出す動画のサイズを設定して、「次」をクリックします。 

「FlexClip」の使い方

後はこのビデオの「イントロ」「ビデオのタイトル」を設定したら、「ビデオをエクスポート」をクリックします。

「FlexClip」の使い方

これで書き出しは完了です。

こんなカンジで、どなたでも簡単に動画が作れるソフトだと思います。

有料プランもありますが無料版もあるので、気になった方はまずは無料版を試してみると良いかと!

「FlexClip」の料金プラン

コメント

コメントする

目次
閉じる