料理写真の専門家 ・フードフォトグラファー

カメラのレンズの種類と特徴

 
カメラレンズの種類と特徴
スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
料理専門のプロカメラマン
写真歴12年・Photoshop歴15年・フリーランス歴5年
【撮影実績】Samantha Thavasa SWEETS、宅麺、中華そば四つ葉、パイホリックなど200店舗以上。
「写真好きな人もっと増えてしまえ!」がモットー!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!ケイスケです。

カメラのレンズってどんな種類があるの?

カメさん

レンズによってどんな特徴の違いがあるの?

ウサギさん

と思っていませんか?

この記事では、「レンズの種類とそれぞれの特徴」についてお伝えします。


スポンサードリンク



ズームレンズと単焦点レンズ

ズームレンズと単焦点レンズ

ズームレンズと単焦点レンズ

カメラのレンズの種類は大きく分けて2つあります。

1本でいろんな画角を楽しめる「ズームレンズ」と、ひとつの焦点距離でのみ撮影する「単焦点レンズ」に、分けることができます。

  • ズームができる「ズームレンズ
  • ズームがない「単焦点レンズ

ズームレンズとは

ズームレンズとは

セロテープ付きズームレンズ

ズームレンズ」とは、名前の通りズーム機能がついているレンズのことです。

ズーム機能とは、焦点距離を変更することで、「写真に写る範囲」を変更できる機能です。

レンズに「18-55mm」といったように、2つの数字が書いてあるレンズはズームレンズです。

ズームレンズ

ズームレンズ

焦点距離

この数字のことを「焦点距離」といいます。

焦点距離」は、「写真に写すことができる範囲」を表しています。

  • 数字が小さい=広い範囲を写せる
  • 数字が大きい=遠くのものを大きく写せる

ということです。

一般的に、カメラとレンズが一緒に販売されている「レンズキット」のレンズは、ズームレンズが多いです。

写真に写すことができる範囲のことを「画角」といいます!
焦点距離 ≒ 画角です!

ヒヨコさん

レンズに書いてある2つの数字の差が大きいほど、さまざまな画角を楽しむことができます。

ズームレンズは、「広い景色や遠くの被写体」を撮る時など、とても便利です。

ズームレンズの特徴まとめ
  • ズーム機能がある
  • さまざまなシーンで対応できる
  • 初心者にオススメ

単焦点レンズとは

単焦点レンズとは

単焦点レンズとは

単焦点レンズ」とは、焦点距離が1つのレンズです。

ズーム機能はありません。

「50mm」といったように、レンズに書いてある数字が1つのレンズは単焦点レンズです。

単焦点レンズ

単焦点レンズ

単焦点レンズは、ズームレンズと比較してレンズ設計がシンプルです。

そのためレンズ自体の重量が軽いです。

またボケもキレイです。

04_50mm

単焦点の特徴まとめ
  • ズーム機能がない
  • レンズが軽い
  • ボケがきれい

詳しくは、こちらの記事を参考にしてみてください。

単焦点レンズの使い方と魅力・メリットをお伝えします!

広角・標準・望遠レンズと特殊なレンズ

広角・標準・望遠レンズと特殊なレンズ

広角・標準・望遠レンズ特殊なレンズ

「ズームレンズ」と「単焦点レンズ」には、それぞれ

  • 標準レンズ
  • 広角レンズ
  • 望遠レンズ

があります。

また特殊なレンズとして

  • マクロレンズ
  • シフトレンズ
  • 魚眼レンズ

というレンズもあります。

どれが優れているということはなく、それぞれに特性があります!

広角レンズとは

広角レンズとは

広角レンズとは

広角レンズ」とは、広い範囲を写すことができるレンズです。

レンズに記載されている焦点距離の数字が小さいレンズです。

広角レンズの特徴は、

  • 広い範囲を写すことができること=画角が広い
  • 写真全体にピントが合いやすいこと
  • パース(遠近感)がつきやすいこと

広角レンズは、「広い範囲を写すことができる」以外にも、「写真全体にピントが合いやすいこと」「パース(遠近感)がつきやすいこと」が特徴です。

「写真全体にピントが合いやすい」とは、近くのものから遠くの物までピントが合っているように見えることです。

このことをパンフォーカスといいます。

ヒヨコさん

「パースがつきやすい」とは、近くのものは大きく、遠くのものは小さく写ることです。

広角レンズのパース

広角レンズのパース

広角レンズは一般的に、焦点距離35mmより短いレンズのことをいいます。

また、焦点距離の数字が小さいほど、広い範囲を写すことができ、パースもつきやすくなります。

広角レンズは、風景(自然や街中など)や建物の写真にオススメです。

キャノンの「EOS Kissシリーズ」、ニコンの「D5600やD7500など(4桁シリーズ)」、ソニーの「α6400」などAPS-Cの場合は、だいたい22mm以下、オリンパス「OM-D E-Mシリーズ」「PEN E-PLシリーズ」などフォーサーズの場合は、13mm以下が広角レンズです。

ヒヨコさん

広角レンズまとめ
  • 広角レンズは、焦点距離35mmより短いレンズ
  • 広い範囲を写すことができる
  • 遠近感が強調される
  • 近くから遠くまでピントが合う

ちなみに、すごく広角なレンズを”超広角レンズ”といいます!

ヒヨコさん

標準レンズとは

標準レンズとは

標準レンズとは

標準レンズ」とは、名前の通り標準的なレンズです。

標準レンズの特徴は、

  • 目で見た風景に近い画角で撮れること
  • 幅広いシーンで使える

です。

標準レンズは人間の目で見た風景(画角)で撮ることができます。

自然な写真になるので、風景・人物・花など様々なシーンで使うことができ、1本目のレンズとしてオススメです。

焦点距離が50mm前後のレンズです。

キャノンの「EOS Kissシリーズ」・ニコンの「D5600やD7500など(4桁シリーズ)」、ソニーの「α6400」などAPS-Cの場合は、だいたい33mm、オリンパス「OM-D E-Mシリーズ」「PEN E-PLシリーズ」などフォーサーズの場合は、25mmあたりが標準レンズです。

ヒヨコさん

標準レンズの特徴まとめまとめ
  • 標準レンズは、焦点距離50mm前後のレンズ
  • 人間の視野に最も近い
  • 初心者にオススメ

望遠レンズとは

望遠レンズとは

望遠レンズとは

望遠レンズ」は、遠くにあるものを大きく写すことができるレンズです。

望遠レンズの特徴は、

  • 遠くにあるものを大きく写せる=画角が狭い
  • パース(遠近感)が少なくなる
  • 背景がボケやすい

ことです。

望遠レンズは、「大きく写すことができる」以外にも、「パース(遠近感)が少なくなること」「背景がボケやすいこと」が特徴です。

広角レンズは、パースがつきやすいので、遠くのものがより遠くに写せますが、望遠レンズはその逆になります。

つまりパース(遠近感)が少なくなり、背景が大きく写りこみます。

これは主役の被写体と背景の距離感が少なくなることに繋がります。

このことを「圧縮効果」と言います。

ヒヨコさん

また広角レンズは「全体にピントが合いやすい」ことに対して、望遠レンズは「背景がボケやすい」ことが特徴です。

主役をより引き立てることができます。

ポートレートや運動会などの人物写真や、風景写真、花、商品撮影にオススメです。

一般的に、85mmより長いレンズが望遠レンズです。

キャノンの「EOS Kissシリーズ」・ニコンの「D5600やD7500など(4桁シリーズ)」、ソニーの「α6400」などAPS-Cの場合は、だいたい55mm以上、オリンパス「OM-D E-Mシリーズ」「PEN E-PLシリーズ」などフォーサーズの場合は、42mm以上が望遠レンズです。

ヒヨコさん

望遠レンズの特徴まとめ
  • 望遠レンズは、焦点距離85mmより長いレンズ
  • 遠くのものを大きく写すことができる
  • 大きくボカしやすい。

ちなみに、焦点距離が400mm以上のレンズを超望遠レンズと呼びます。

ヒヨコさん

ここまでのまとめ
  • 広角レンズ:広い範囲が写せる
  • 標準レンズ:目で見た視野に近い範囲が写せる
  • 望遠レンズ:遠くを大きく写せる

スポンサードリンク


特殊なレンズ「マクロレンズ」「シフトレンズ」「魚眼レンズ」

レンズには、少し特殊なレンズもあります。

  • マクロレンズ
  • 魚眼レンズ
  • シフトレンズ

マクロレンズとは

マクロレンズ

マクロレンズ

「マクロレンズ」とは、被写体を大きく写すことができるレンズです。

言葉だけだと「望遠レンズ」と近いですが、マクロレンズでは「被写体に近づいて」撮ることができます。

マクロレンズではかなり被写体に近い被写体でも、ピントを合わせることができます。

どれくらい近い距離で、ピントが合わせることができるかは、レンズによって違います。

被写体にピントが合う、最も近い距離のことを「最短撮影距離」といいますが、マクロレンズはこの最短撮影距離が短いレンズです。

なので、花や昆虫を撮る方にオススメです。

またマクロレンズはボケ味がキレイなので、普段のスナップ写真や人物写真にマクロレンズを愛用してる方もいます。

マクロレンズは、50mm前後の標進マクロレンズ、80~100mmの中望遠マクロレンズ、200mm前後の望遠マクロレンズなどがあります。

ヒヨコさん

魚眼レンズとは

広角レンズ

広角レンズ

魚眼レンズ」は別名フィッシュアイともいい、超広角レンズ以上に広い範囲を写すことができるレンズです。

画面周辺部が湾曲する独特の描写します。

とてもダイナミックな写真を撮ることができます。

魚眼レンズは、「全周魚眼」と「対角線魚眼」があります。

ヒヨコさん

シフトレンズとは

シフトレンズ

シフトレンズ

シフトレンズでは、大判カメラで使っていた「ティルト」と「シフト」という機能を使うことができます。

「ティルト」とは、ピントが合う範囲(被写界深度)をコントロールすることができます。

「シフト」とは、カメラの位置を固定したまま構図を変化できる機能です。

詳しくは、また別記事でお伝えしますが、このレンズを使うと「ミニチュア・ジオラマ風」の写真を撮ることができます。

最後に

以上、カメラのレンズの種類と特徴をお伝えしました。

1本目は、レンズキットの標準ズームレンズを使っている方も多いと思いますので、2本目を購入する時の参考にして頂ければと思います。

では引き続き楽しいフォトライフを^^

この記事を書いている人 - WRITER -
料理専門のプロカメラマン
写真歴12年・Photoshop歴15年・フリーランス歴5年
【撮影実績】Samantha Thavasa SWEETS、宅麺、中華そば四つ葉、パイホリックなど200店舗以上。
「写真好きな人もっと増えてしまえ!」がモットー!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 料理写真の専門家 | 長谷川敬介 KSクリエイト , 2019 All Rights Reserved.