Lightroomプリセットで遊んでみませんか?

一眼レフで背景をぼかす6つの方法

こんにちは!カメラマンの長谷川です!

  • せっかく一眼レフを買ったから、背景をボカした写真が撮りたい!
  • けど、どうやったらいいかわからない

と思っていませんか?

背景がボケている写真、いいですよね!?

メインの被写体を目立たせることができて、「一眼レフで撮った感」が出ます!

この記事では、カメラ初心者さんに向けて「一眼レフで背景をぼかす6つの方法」をお伝えします。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

ミラーレスもやり方は同じです!

目次

一眼レフで背景をぼかす6つの方法

では、一眼レフで背景をぼかす6つの方法について解説します。

一眼レフで背景をぼかす6つの方法
  1. 絞り(F値)開放で撮る
  2. レンズの望遠側を使って撮影する
  3. 被写体に近づいて撮影する
  4. 被写体と背景の距離を長くする
  5. F値の数字が小さいレンズを購入する
  6. 望遠のレンズを買う

ひとつひとつ解説していきます!

1 絞り(F値)開放で撮る

F2.8
1 絞り(F値)開放で撮る
F22
1 絞り(F値)開放で撮る
F2.8
1 絞り(F値)開放で撮る
F22

レンズの絞りが開放(一番開いた状態)で撮影すると、背景をぼかした写真を撮ることができます。

絞りを開放にしたいので、レンズのF値は1番小さい数字にします。

例えば、

  • EF24-70mm F2.8L II USM ⇒ F2.8
  • AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR ⇒ F2.8

といった具合です。

ほかのレンズを使ってる方は、このF値が変わってくるので、お手持ちのレンズを確認してみて下さい。

また、このとき便利な設定は「絞り優先モード」です。

撮影者が絞りの数値(F値)を決めて、そのほか「シャッタースピード」などの設定はカメラが行ってくれるモードです。

2 レンズの望遠側を使って撮影する

2 レンズの望遠側を使って撮影する
105mm
2 レンズの望遠側を使って撮影する
24mm
2 レンズの望遠側を使って撮影する
105mm
2 レンズの望遠側を使って撮影する
24mm

写真は、望遠(ズームした状態)で撮影した方が、背景がボケやすくなります。

なので、ズームレンズの望遠側で撮影すると、背景がボケやすいです。

例えば、

  • EF-S18-55mm F3.5-5.6 ⇒ 55mm
  • AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR ⇒ 55mm

といった具合です。

ただ、レンズを望遠にするとそれだけ写真がブレやすくなるので、シャッタースピードに気をつけて撮影しましょう。

ここまでまとめと補足

「 EOS Kiss X8i」や「D5600」のレンズキット、標準ズームレンズの場合

  • EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM ⇒ 焦点距離「55mm」絞り「F5.6
  • AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR ⇒ 焦点距離「55mm」絞り「F5.6

がボケやすいです。

3 被写体に近づいて撮影する

被写体に寄る
被写体に寄る
3 被写体に近づいて撮影する
近くから撮影
3 被写体に近づいて撮影する
遠くから撮影

被写体に近づいて撮影した方が背景がボケやすいです。

なので、できるだけ被写体に近づいて撮影してみて下さい。

この時、レンズの最短撮影距離に気をつけてください。

最短撮影距離とは、被写体にピントが合う1番近い距離のことをいいます。

例えば、

  • EF-S18-55mm F3.5-5.6 ⇒ 0.25m
  • AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR ⇒ 0.25m

です。

このレンズを使った場合、被写体との距離が、0.25メートルより近いとピントが合いません。

被写体と近づきすぎてピントが合わない場合は、少し距離をとって撮影しましょう。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

最短撮影距離は、各メーカーページのスペック欄に記載されています!

4 被写体と背景の距離を長くする

背景はできるだけ遠くに
背景はできるだけ遠くに
4 被写体と背景の距離を長くする
背景が遠い
4 被写体と背景の距離を長くする
背景が近い

被写体と背景の距離が長い(遠い)ほど、背景がボケやすくなります。

なので例えば、「5m後ろの木」より「100m後ろの木」の方が背景がボケやすいです。

5 F値の数字が小さいレンズを購入する

先ほど、F値が小さい方が、ボケやすいとお伝えしました。

1番小さい数字はレンズによって変わります。

今のレンズより、もっと背景がぼけた写真を取りたい場合は、笑縁が小さいレンズを購入する必要があります。

例えば

  • CANON EF50mm F1.2L USM
  • AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

のレンズを使うと背景がボケやすいです。

6 望遠のレンズを買う

こちらも先ほどお伝えしたことですが、望遠で撮影した方が背景がぼかしやすいです。

なので、望遠レンズの望遠側で撮影すれば、背景をぼかすことができます。

例えば、

  • EF-S18-135 IS USM ⇒ 135m
  • AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR ⇒ 300m

です。

長谷川敬介のアイコン画像長谷川敬介

F値もできるだけ小さい数字にします!

「 F値の数字が小さいレンズ」も併せて考えると、「F値が小さく & 望遠」のレンズを使うと、かなり背景をぼかすことができます。

例えば、

  • EF70-200mm F2.8L IS III USM
  • AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

です。

ただこれらのレンズは、なかなかステキなお値段になったりします笑

まとめ

まとめます。

一眼レフで背景をボカしたいとき、レンズの調整をするのは下記の2点。

  • 被写体に近づいて撮影する
  • 被写体と背景の距離を長くする

「背景をとにかくぼかしたい」「新しいレンズを購入したい」時は、下記の2点に着目!

  • F値の数字が、小さいレンズ
  • とにかく望遠(焦点距離が長い)のレンズを買う

ぜひお試しあれ!

コメント

コメントする

目次
閉じる