MENU

HDR合成ソフト「Aurora HDR 2019」の特徴・使い方

2020 7/06
HDR合成ソフト「Aurora HDR 2019」の特徴・使い方

こんにちは!カメラマンのケイスケです!

「Aurora HDR 2019が気になる・・」「どうやって使うの?」と思っていませんか?

「HDR加工ソフト」もいろんな種類があるので悩んでしまいますよね。

この記事では、「Aurora HDR 2019の特徴・使い方」について解説してます。

カメさんのアイコン画像カメさん

公式サイトを見たから、ザックリ特徴は知ってるんだけど、実際の使い勝手も知りたかったりします・・

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

「特徴の詳細」と「使い方」も画像付きで解説していくよ!

簡単に自己紹介をすると、カメラ歴は12年で現在はプロカメラマンとして活動しています!

【公式】Aurora HDRを見る

▼ 気になるところから読む ▼

目次

Aurora HDR 2019とは

Aurora HDR 2019とは

「Aurora HDR 2019」は、Skylum社が出しているHDR合成ソフト。

特許出願中のAI画像処理エンジンが、HDR画像を生成・編集の手伝いをしてくれます。

基本調整ツールやプリセットも用意されているので、合成後に写真の質を更に高めることも可能。

HDRとは

HDRとはHigh Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略

明るさの違う複数の写真を、1枚の写真に合成することです。

例えば、逆光などコントラストが強いシーンで撮影すると、日陰の部分が黒つぶれしたり、明るい部分が白飛びしてしまうことがあります。

HDR合成をすると、黒つぶれや白とびしている部分の階調を表現することができます。

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

黒つぶれしてるところは明るい写真を使って、白とびしてるところは暗い写真を使えば、どちらの諧調も表現されます!

Aurora HDR 2019で作った作例5つ紹介

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

こんな写真に仕上げることができます!

作例1

Aurora HDR 2019の特徴
元画像
Aurora HDR 2019の特徴
作例

作例2

Aurora HDR 2019の特徴
元画像
Aurora HDR 2019の特徴
作例

作例3

Aurora HDR 2019の特徴
元画像
Aurora HDR 2019の特徴
作例

作例4

Aurora HDR 2019の特徴
元画像
Aurora HDR 2019の特徴
作例

作例5

Aurora HDR 2019の特徴
元画像
Aurora HDR 2019の特徴
作例
カメさんのアイコン画像カメさん

1枚の写真だけでも、HDR合成の写真が作れるんだね!

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

そうだね!これがAurora HDR 2019の強みだね!

Aurora HDR 2019の特徴

Aurora HDR 2019の特徴

では次に「Aurora HDR 2019」の特徴についてお伝えします。

いくつか特徴があるのですが、ここでは3つに絞ってお伝えします。

  1. 簡単にHDR合成ができる
  2. 明るさ・色味などの調整もできる(約80コ)
  3. プリセット(Looks)もある(約80コ)

1 簡単にHDR合成ができる

Aurora HDR 2019の特徴

HDR合成に特化したソフトなので簡単にHDR合成ができます。

具体的な流れは、

  1. ソフトを立ち上げる
  2. 合成したい写真を読み込む

の2ステップです。

また、Aurora HDR 2019のHDR合成は複数の写真からだけではなく、1枚の写真からでもHDR写真を生成することも可能。

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

ブランケット写真の撮影をしてなくても、HDR合成を楽しむことができます!

2明るさ・色味などの調整もできる(約80コ)

Aurora HDR 2019の特徴

Aurora HDR 2019は、HDR合成を生成した後に、明るさ色味などの調整が可能。

どれもスライダー操作で調整できるので、直感的で扱いやすいです。

Aurora HDR 2019の特徴

またレイヤー機能やマスクツールも用意されているので、細かい部分まで調整することもできます。

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

フィルターは全部で約80コあります。(詳しくは後述します)

3プリセット(Looks)もある(約80コ)

Aurora HDR 2019の特徴

プリセットも用意されてます。

プリセットを選択するだけで、写真の印象をガラッと変えることができます。

プリセット選択後も、フィルターで調整できるのでさらに微調整することも可能。

プリセット例

Aurora HDR 2019の特徴
作例
Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方
Essential > Fix Dark
Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方
Landscape > Warm Landscape
Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方
Dramatic > Cool Drama
Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方
Dramatic > Cool Drama
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

こちらも詳しくは後述します!

Aurora HDR 2019の使い方(簡易)

では次は「Aurora HDR 2019の使い方」についてお伝えします。

まずは、おおまかに「写真の読み込み」から「書き出し」までの流れをやってみましょう!

全体の流れ

  1. ソフトを起動して写真を読み込む
  2. HDR写真の生成
  3. 明るさ調整
  4. 書き出し

1 ソフトを起動して写真を読み込む

まずは、Aurora HDR 2019を起動して、画面左にある「画像を開く」をクリック。

Aurora HDR 2019の使い方(簡易)

次に、HDR合成したい写真を選択します。

2 HDR写真の生成

選択したら、画面右下の「HDR作成」をクリック。

Aurora HDR 2019の使い方(簡易)

これで、HDR写真が完成です。

Aurora HDR 2019の使い方(簡易)
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

このまま保存しても良いのですが、せっかくなので「露出(明るさ)」を調整してみましょう!

3 明るさ調整

「露出」は、画面右の「フィルター」にあります。

「フィルター」の文字の下にある「HDRベーシック」をクリック。

Aurora HDR 2019の使い方(簡易)

すると、「HDRベーシック」内に収納されているツールが表示されます。

この中の「露出」のスライダーを右に移動させ、写真を明るくします。

Aurora HDR 2019の使い方(簡易)
Aurora HDR 2019の使い方(簡易)

4 書き出し

調整が済んだら、書き出し(保存)します。

画面右上の「↑」をクリック。

Aurora HDR 2019の使い方(簡易)

「画像をエクスポート」を選びます。

Aurora HDR 2019の使い方(簡易)

すると「画像をエクスポート」のポップアップが表示されます。

この画面で、書き出し設定を変更することができます。

今回は、写真の保存先を変更してみましょう!

「現在地」の右にある「閲覧」をクリックして、保存先を変更。

Aurora HDR 2019の使い方(簡易)

変更したら、下にある「エクスポート」をクリック。

これで無事に、「写真の読み込み」から「書き出し」までが完了です。

カメさんのアイコン画像カメさん

やり方が、Luminar 4と似てるね!

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

そうだね!かなり近いから、Luminar 4を使ってる人ならすぐに使いこなせると思うよ!

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方(詳細)

Aurora HDR 2019の画面の見方

次は、もう少し詳しく見ていきます!

まずは画面の見方についてお伝えします。

Aurora HDR 2019は、大きくわけて4つの項目があります。

  1. キャンバス
  2. ツールバー(画面上部)
  3. Looks(画面下)
  4. サイドパネル(画面右)
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

画面構成は、Lumina4とほぼ同じです!

1キャンバス

Aurora HDR 2019の画面の見方

キャンバスには写真が表示されます。

調整した写真が反映されます。

2ツールバー(画面上部)

Aurora HDR 2019の画面の見方

画面上部のツールバーには、大きく分けて7つの項目があります。

Aurora HDR 2019の使い方

左から順に

  1. 開く
  2. 拡大・縮小表示
  3. 調整前後の比較表示
  4. 戻る・履歴
  5. トリミング
  6. Looksとツールの表示・非表示 切り替え
  7. 書き出し

です。

1 開く

Aurora HDR 2019の使い方

「開く」には、2つの項目があります。

  • 複数の画像を開く
  • バッチ処理

「複数の画像を開く」は、1枚のHDR合成を作成したいときに選びます。

「パッチ処理」は、一度にたくさんのHDR画像を作成することができます。

2 拡大・縮小表示

Aurora HDR 2019の使い方

写真の拡大縮小ができます。

やり方は2つ

  • %で拡大・縮小(左)
  • 「+」「-」をクリックで拡大・縮小(右)

3 Quick Preview・比較

Aurora HDR 2019の使い方

このツールは、調整前後の写真を比較できます。

比較方法は2つ。

  • Quick Preview:クリックしてる間、修正前が表示(左)
  • 比較:1画面内に修正前後を表示(右)
Aurora HDR 2019の使い方
比較
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

「比較」を選択すると垂直の線が表示されます。この線は、左右に移動することができます!

4 やり直し・履歴

Aurora HDR 2019の使い方

このツールは、1つ前の状態に戻したり、編集履歴を参照することができます。

  • やり直し:1つ前に戻す(右)
  • 履歴:編集履歴を参照して任意の場所に戻すことができる(右)
Aurora HDR 2019の使い方
履歴

6 クロップ

Aurora HDR 2019の使い方

「クロップツール」をクリックすると、「クロップツール」の画面に切り替わります。

クロップツールは、写真を切り抜いたり(トリミング)、画像の回転もできます。

Aurora HDR 2019の使い方
クロップツール

7 プリセットパネルとサイドパネルの表示・非表示

Aurora HDR 2019の使い方

画面内の表示を切り替えることも可能。

  • プリセットパネルの表示・非表示(左)
  • サイドパネルの表示・非表示(右)
Aurora HDR 2019の使い方
両方表示
Aurora HDR 2019の使い方
サイドパネルのみ表示
Aurora HDR 2019の使い方
両方非表示

8 画像を共有

Aurora HDR 2019の使い方

「画像を共有」では、

  • 画像をエクスポート(書き出し)
  • メール

が、できます。

「画像をエクスポート」を選択すると、「画像をエクスポート」のポップアップが表示されます。

この画面で、書き出しの設定が可能。

Aurora HDR 2019の使い方

保存先を変更したい場合は、「①現在地」の右にある「閲覧」を選択して、保存先を変更。

写真のサイズを変更したい場合は、「②リサイズ」の右にある「実際のサイズ」をクリックし、そのほかの「長辺」や「画像サイズ」を選んでから、サイズを変更します。

カメさんのアイコン画像カメさん

リサイズの項目が「実際のサイズ」になってると、サイズの変更ができないんだね!

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

そうなんだよ!リサイズしたいときは、ほかの「長編」や「画像サイズ」に変更する必要があるよ!

3プリセット(画面下)

Aurora HDR 2019の画面の見方

画面下にあるのが、プリセットです。

プリセットの種類

プリセットは大きく分けて、8コ。

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方
  • HDRベーシック
  • カラー
  • HDR補整
  • HDRノイズ除去
  • LUTマッピング
  • ラディエンス(発光)
  • 偏光フィルタ
  • HDR細部ブースト
  • グロー
  • 調整可能なグラデーション
  • トーンカーブ
  • HSL
  • トーン
  • 覆い焼き&焼き込み
  • ビネット

1つの項目の中には、複数のフィルターが収納されています。

例えば「HDRベーシック」の場合、収納されているフィルターは10コ。

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方(詳細)
  • ホワイトバランス
  • 色温度
  • 色合い
  • 露出
  • コントラスト
  • スマートトーン
  • ハイライト
  • シャドー
  • 白レベル
  • 黒レベル

どの項目にもそれぞれ複数のフィルターが収納されいるので、トータル約80コほどのフィルターがあります。

使い方は、基本的に「フィルターのスライダーを左右に移動」。

例えば「コントラストを強くしたい」場合は、まず「HDR ベーシック」をクリック。

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方(詳細)

展開された中にある「コントラスト」のスライダーを、右に移動します。

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方(詳細)
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

基本的にどの項目もスライダーで調整するので、初心者の方でも扱いやすいです。

また「やり直したい」「初期状態」に戻したいときは、フィルター右上の項目をクリック。

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方(詳細)

「全てリセット」は全部のフィルターが初期状態に戻ります。

その下の「矢印」は、収納されているフィルターが初期状態に戻ります。

カメさんのアイコン画像カメさん

「初期状態」に戻す方法を知っておくと安心だね!

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

そうだね!いつでも最初の状態に戻せるから、いろんな機能をとにかく使ってみるのも良いかもね!

Aurora HDR 2019-プロモーションコード(クーポン)入力で、1,300円割引

プロモーションコード「KSKH」と入力して頂くと、1,300円割引になるので、ぜひお使いください。

»Aurora HDR 2019

プロモーションコード入力場所

Aurora HDR 2019-プロモーションコード(クーポン)入力で、1,300円割引

「KSKH」と入力して「適応」をクリック

Aurora HDR 2019-プロモーションコード(クーポン)入力で、1,300円割引

ちゃんと割引になってるかチェック

Aurora HDR 2019-プロモーションコード(クーポン)入力で、1,300円割引

»【公式】Aurora HDRを見る

  • Essential(エッセンシャル)
  • Landscape(風景)
  • Architecture(建築)
  • Dramatic(ドラマチック)
  • Artistic(芸術)
  • Trey Ratcliff Looks(Aurora HDRの開発者が作ったLooks
  • Serge Ramelli Looks(アメリカのカメラマンが作ったLooks
  • Randy Van Duinen Looks(アメリカのカメラマンが作ったLooks

各項目の中に、それぞれプリセットが用意されてます!

例えば、Essentialの中には「Natural」や「Vivid」など、10コのプリセットがあります。

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方
Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

どの項目にもそれぞれ10コくらいプリセットがあるので、トータルは80コほど。

プリセットの使い方(例:Essential > Fix Dark

プリセットを適応したいときは、まず画面下の「コレクション」をクリック。

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方
「コレクション」をクリック

すると「プリセットコレクション」が表示されるので、「Essential」をクリック。

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方
「Essential」を選択

そして、画面下のプリセット一覧から、「Fix Dark」を選択して完了!

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方
「Fix Dark」を選択

ここから微調整したいときのやり方は2つ。

  1. プリセット適応量を変化させる
  2. フィルターを調整する
①プリセット適応量を変化させる

選択したプリセットには、「スライダー」が表示されます。(初期 100%)

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方

このスライダーを左にもっていくと、適応量を変化させることが可能。

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方

例えば、「50」の部分に移動させると、プリセット適応量を「50%」とすることができます。

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方
②フィルターを調整する

プリセットを適応させると、変更されたフィルターがオレンジ色に変わります。

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

さらに微調整したいときは、オレンジ色になってるフィルターを調整すると良いかも!

4サイドパネル(画面右)

Aurora HDR 2019の画面の見方

次は画面右にある「サイドパネル」についてお伝えします。

「サイドパネル」には、

  • レイヤー
  • マスク機能
  • フィルター

があります。

ここでは「フィルター」についてお伝えします。

フィルターの使い方

フィルターは、以下の項目でフォルダ分けされています。

  • HDRベーシック
  • カラー
  • HDR補整
  • HDRノイズ除去
  • LUTマッピング
  • ラディエンス(発光)
  • 偏光フィルタ
  • HDR細部ブースト
  • グロー
  • 調整可能なグラデーション
  • トーンカーブ
  • HSL
  • トーン
  • 覆い焼き&焼き込み
  • ビネット

1つの項目の中には、複数のフィルターが収納されています。

例えば「HDRベーシック」の場合、収納されているフィルターは10コ。

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方(詳細)
  • ホワイトバランス
  • 色温度
  • 色合い
  • 露出
  • コントラスト
  • スマートトーン
  • ハイライト
  • シャドー
  • 白レベル
  • 黒レベル

どの項目にもそれぞれ複数のフィルターが収納されいるので、トータル約80コほどのフィルターがあります。

使い方は、基本的に「フィルターのスライダーを左右に移動」。

例えば「コントラストを強くしたい」場合は、まず「HDR ベーシック」をクリック。

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方(詳細)

展開された中にある「コントラスト」のスライダーを、右に移動します。

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方(詳細)
ケイスケのアイコン画像ケイスケ

基本的にどの項目もスライダーで調整するので、初心者の方でも扱いやすいです。

また「やり直したい」「初期状態」に戻したいときは、フィルター右上の項目をクリック。

Aurora HDR 2019の画面の見方・使い方(詳細)

「全てリセット」は全部のフィルターが初期状態に戻ります。

その下の「矢印」は、収納されているフィルターが初期状態に戻ります。

カメさんのアイコン画像カメさん

「初期状態」に戻す方法を知っておくと安心だね!

ケイスケのアイコン画像ケイスケ

そうだね!いつでも最初の状態に戻せるから、いろんな機能をとにかく使ってみるのも良いかもね!

Aurora HDR 2019-プロモーションコード(クーポン)入力で、1,300円割引

プロモーションコード「KSKH」と入力して頂くと、1,300円割引になるので、ぜひお使いください。

»Aurora HDR 2019

プロモーションコード入力場所

Aurora HDR 2019-プロモーションコード(クーポン)入力で、1,300円割引

「KSKH」と入力して「適応」をクリック

Aurora HDR 2019-プロモーションコード(クーポン)入力で、1,300円割引

ちゃんと割引になってるかチェック

Aurora HDR 2019-プロモーションコード(クーポン)入力で、1,300円割引

»【公式】Aurora HDRを見る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

プロカメラマン。カメラ歴は12年。
料理写真がメインで、200店舗以上撮影。
写真撮るのが好きです!

コメント

コメントする

目次
閉じる